フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

夏も終わり

昨日まで3日間、逗子のホールでずっとこもって録音仕事してました。内容はあまり詳しくはいえないのですが、ゲーム用音楽の収録で、といっても生の楽器で小編成のクラシックばかり40曲弱。なかにはドボルザークのチェロ協奏曲なんかもあり、(しかも第3楽章)、さりにベートーヴェンのラズモフスキーのフーガとか、難しいものが目白押しで、疲れ果てた日々でした。

ゲームソフトは来年の発売だそうで、ソフトもいただけるかもしれませんが、うちにはゲーム機がないので、新たに購入しなければ?

逗子という街はあまりなじみがなかったのですが、なにか光の色が違いますね!絵描きさんなんか住むにはいいのではないかと思いました。ちょっとイタリアの日差しを思い出しました。やや湿気が多いので、弦楽器やピアニストにはやや苦労もあるかなとは思いましたが、ちょっと住んでみたくなる素敵な雰囲気でした。

駅前のキリスト教会の牧師夫婦が僕の子供のころからの友人で、初日に録音のあと、遊びに立ち寄りました。牧師と音楽家、まるで接点のないようですが、いろいろ共通点を発見!お互い大変な職業です。一番の違いは彼は天国行き、僕はおそらく↓。。。。

今日はどこにいる?

忙しくなると、毎日あちらこちら飛び回りすぎて、身体は移動しているのに心が対応しきれないことがたまにあります。今日はちょっとそんな感じです。

今日は仙台のホテルでこのブログを書いてます。昨日の朝アラームが鳴る前に突然のミンミンゼミの大合唱にたたき起こされ、ああ暑いと文句をいいながら、運転して仙台に来ました。お仕事は仙台フィルのゲスト首席でベストクラシック100とかいうタイトルで全国でやっているコンサートの仙台編。名曲ぞろいでお客さんは楽しいんでしょう。クラシックの普及にはこういうコンサートは大切だけれど、なんだか拭いきれない違和感もすこし?まあ一生懸命やるのみです。

まだまだ暑い残暑の東京と比べて仙台は、あれ?けっこう適温。夜に食事をしに街にでると、その涼しさになんだか半袖では心もとない?というのは大げさとしても、ああ、夏も終わりだなとうちょっと切ない気持ちになります。宿題が終わらなくて焦った高校生時代とか思い出すなぁ。え?なんで小学生とか中学生時代じゃないのかって?それは中学までは真面目だったんですわ、これでも。

大人になった今でも、いまだに宿題に追われ続けてるなぁ!目下の緊急課題は明後日の東穀コンサートで弾くモーツァルトのキラキラ星変奏曲。フルートのシオンさんが簡単だから大丈夫って言っていたんだが、フルート二本の曲をフルートとチェロでやるという本邦初、もしかすると世界初のこの試み。モーツァルトってごまかしが全然効かないんだよ、ミヤケススム、けっこう真剣です。

なんだか愚痴が入ってきたので今日はこのへんで。皆さんは宿題大丈夫ですか?なんだか煮詰まっちゃったら、夕方涼しくなってから線香花火でもやってみるのもいいかもしれません。

コンサートのお知らせ

9月16日の土曜日18時より上野の東京文化会館の小ホールで、僕たちの主宰する室内楽のコンサートシリーズ Chamber Music , Anyone ? の第8回の公演があります。英語でなんだか一瞬読みにくいのですが、平たく言えば「室内楽はお好き?」みたいな感じです。(超意訳かもしれない、英語関係者の方、ひとつお目こぼしを)

6月のリサイタルの、ややいってしまった感もあったプログラムに対して今回はクラシックの王道、楽しい美しいを追求しています。シューベルトの「鱒」がメインですが、この作曲家は演奏者が年をとってくると、なんだか沁みてくるのです。いやいや僕はまだまだ若輩ですが、それでもなんだかここ最近、シューベルトは心に響きます。

前半の休憩前の曲はシューマンのピアノ四重奏曲です。シューマンは五重奏のほうがずいぶんポピュラーだけれど、僕からしたらこちらの曲は何倍も好きです。桐朋の学生時代にヴァイオリンの森下くん、ヴィオラの鈴木学くん、ピアノの金子さんと一生懸命勉強して演奏会に出たのを思い出します。みんな偉くなってるなぁ、金子さんなんてフランスでピアノ四重奏団を組んで、来日するもんね。学は都響の首席だし、森下は大阪シンフォニカのソロコンマス。またいつか同じメンバーでやっても面白いかもね。

あれあれ、なんだか演奏会の宣伝のつもりが見事に脱線。とにかく、このイタリア人たちの音楽に対する姿勢、情熱はすごいよ、前回の来日時はいつまでもリハーサル続けるからこちらがへばりました。日本のクラシックの主流はなんといっても、ウィーンやドイツだけれど、イタリアもいいですよ!チケットの問い合わせは m-arts@sa.il23.net  まで。三宅の紹介と言って500円OFFの特典をいますぐ手に入れてください!! なんだかアメリカ系のテレビ通販みたいになってしまった。でも本当に聴いてください!よろしくお願いします。

Img_0001

そういえば野村不動産のCM、ネットで聴けるので興味のある方はどうぞ。

http://www.nomura-re.co.jp/sumai/proudclub/proud_cm/

曲目のお問い合わせをいただいたのだが、どうしても思い出せない。ガーシュインのような気もするが、定かじゃない。以前SLAVAがコンサートツアーで歌っていて、一緒に回っていた僕らもいつのまにか聴いて覚えたのだが。。。。。

暑い中

昨日まで、秩父のミューズパークというホールにこもって、トランペットの神代修氏のアルバム制作に励んでいました。リリースは今年の12月らしいのですが、トランペットの入った室内楽のいろいろな形で、サンサーンスの7重奏、マルティヌーの「調理場のレビュー」といった楽しい作品を録音しました。それにしても出演アーティストが多いからレコード会社は大変だ!と感心してしまいました。太っ腹だね!オクタヴィアレコード。名人ぞろいのアンサンブルだけに(一応僕も?)仕事がはかどる、はかどる、そしてみんな昔からの知り合い同士、大笑いするは、なにか学生時代みたいでした。レコーディング終わって帰るのがなんだかもったいない気がしたくらい楽しい仕事でした。

でも演奏しているときはすごい集中をしているから、僕の場合、正味二日間なのに、家にたどりいたらクタクタ。耳を研ぎ澄ましているから頭が疲れきっていました。なんか静かなときでもいろいろな音が聞こえる感じ、偉大な天才っていつもこんな状態かも?

もしそうだとしたら、僕みたいな普通の人間も悪くないか!

P・S

数ヶ月前に終わったと思っていた野村不動産の「プラウド」というマンションのCM、あちらこちらから「流れているよ」 と言われて、なかなか聴けずにいたら、一昨日、飲み屋でいきなり遭遇。前回と違うバージョンでした。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »