フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 台湾の演奏会の続き | トップページ | 寝て待て »

BEETHOVEN

2006_10_004  おととい、盛岡でカルテットの演奏会をやってきました。モーツァルトの「不協和音」とベートーヴェンのOP.129 というすごい直球のプログラム。メンバーの写真はこんな感じ。

  左からヴィオラの竹内、セカンドヴァイオリン鈴木、ファーストヴァイオリン朝枝の諸氏です。なんか自分を含め、濃いメンバーだわな。それぞれ素晴らしい音楽家なのはもちろんのこと、師事した先生を列挙すると、すごいですよ、プリムローズ、ライナー・モーク、ギンゴールド、バリリ、ブライニン(アマデウス弦楽四重奏団)、ミルシュタイン、シュタルケル ともう音楽史を彩る名演奏家ばかり。 短い準備期間でしたが手ごたえのある演奏になったと思います。

ベートーヴェンの後期の弦楽四重奏は本当にすばらしいジャンルでチャンスがあればもっと勉強していきたいです。こんな本格プログラムを弾かせてくれたお客さんにも感謝。 ちなみにホールは盛岡の郊外の 矢吹町文化会館 田園ホールという場所でしたが予想外に(失礼!!)素晴らしい音響で、もしかしたら東北で一番かな?と思いました。

明日は いよいよ中村幹雄氏の楽器に弦が張られて、音が出せます。楽しみだなぁ。

« 台湾の演奏会の続き | トップページ | 寝て待て »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BEETHOVEN:

« 台湾の演奏会の続き | トップページ | 寝て待て »