フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« レコーディング | トップページ | SVX »

音程談義

 数日前に桐朋時代の同級生、ヴァイオリンのMから

「Pっていう管楽器の雑誌の社長さん覚えているよね?うどんすきでも食べませんかっていう話なんだけれど来ない?ご馳走してくれると思うよ。」 というおいしい(まさに)話が来ましたので、僕は喜んで待ち合わせの京橋へ出かけました。

 うどんやの二階の個室にはPのオーナーのS氏、Mのほかにピアニストの奥さんと、数年ぶりに会う、やはり同級生の指揮者のEがいました。(この男はミジンコというひどいニックネームで呼ばれており、僕もそれがすっかり定着しているので、うどんやでついつい

「おおっ!ミジンコ、久しぶりじゃないか!」 と大声をだし、周囲の白い視線を浴びたのでした。)

 さてあいさつもすみ、席に着くとSさんが

「じゃ先に仕事を済ませますか。」と言ってテーブルの上に小さい録音機を出したので僕は驚きました。

「若い管楽器奏者のために弦楽器奏者から見た音程の話をしてほしいんですよ。」

なるほど、ただ飯にはわけがあったのね。でもそこから話が止まらなくなりロング座談会になってしまいまいした。しゃべりまくったあの内容をまとめるのは大変だし、雑誌には載せられない発言もチラホラ。ちゃんと掲載が決まったらまたお知らせしましょう。

 

« レコーディング | トップページ | SVX »

音楽」カテゴリの記事

コメント

P誌のインタビューですか、P誌の社長のSさんは、僕も昔から存じ上げております、面白い人だったでしょ? 事実上仕事を取り仕切ってる編集長のS氏は 僕と同い年の親戚なんです、出身も余目なんです。 まさか三宅さんがP誌のインタビューに関わるとは思いませんでした。 世の中狭い!!

ええっ?面白い偶然ですね!!僕は社長さんの家でごはんをご馳走になったことがあります。10月は盛岡に16日に行きますが、山形には行きません、残念ながら。最近山形響からよくお電話もらうのですが、なかなかスケジュールが合いません。

もしスケジュールが空いてて山響に来る時はお知らせ下さい。 酒もって馳せ参じまっせ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 音程談義:

« レコーディング | トップページ | SVX »