フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« いいホール | トップページ | 昨日は芝刈り »

セロ弾きのゴーシュ

 昨日は杉並公会堂で 林光先生のプロデュースのコンサート「自由な風の歌」のコンサートの中で「セロ弾きのゴーシュ」を 語り 竹田恵子さん ピアノ 崔 善愛 との3人で弾きました。 新装なってから初めて足を踏み入れた杉並公会堂は、華美になることもなく、でも大事な部分はちゃーんと押さえてある風情でとてもよかったです。

 昨日のコンサートは、今国会で審議している教育基本法の改悪はどうなの? という趣旨でおこなわれたもの、 

 「音楽家は音楽だけしていれば、いいんじゃない?」

 「政治的なことには関わらないほうが賢いよ。」

 といった外野の声もちらほら聞こえてきます。だけれども僕だって、政治なんてよくわからないし、まあ右も左もないよ、 現実的に自衛隊をなくすのはムリだし、アメリカの核の傘に守られているのは事実だし、でも人だけは殺したくない、殺されたくない、よって戦争ハンターイ!!  って言う程度なのに、世の中がどんどん右にいっちゃってなんだか僕のスタンスはずいぶん相対的に左になってしまった。なんか戦争したいヒトが増えてきた?

 これってまずい! と思う今日この頃。 日本の音楽家は総じてわりとスタンスを明らかにしないけれど、ピアノのツィメルマンなんて、この前の来日のとき、満員のサントリーホールの聴衆の前で

 「日本にはがっかりした、なぜイラクに自衛隊を送ったのだ。」 って言ったのですよ。それに対する反論もあるだろうし、そんなに簡単にいえないことなのかもしれない。でも自分の考えをはっきりと述べるその勇気は素晴らしい。

 今、政治的なスタンスを明らかにしているヒトってけっこう怖い考えのヒトが多いでしょう、例の「つくる会」の関係者とかね。(高名な音楽家もいらっしゃいますよ。) 

 僕は政治についてキチンと語れるだけの勉強もしていないし、ただなんだか右のヒトから見ても左から見てもアメリカとの関係がいろいろ問題を抱えているというのはおぼろげに分かってきた程度の一市民です。だからなにかを語る資格なんて到底ありません。

 そんな僕でもはっきりいえるのは、とにかく戦争はいやだの一点、これだけは守りたい。武器が動き出したら、音楽もスポーツもすぐにどこかへ押しやられてしまう。平和は素晴らしいよ。今、公立の小学校で「平和」って言うと 「そんな政治的な話はやめてください」って言われちゃうんですよ、うそのようなホントの話。

« いいホール | トップページ | 昨日は芝刈り »

コメント

お疲れ様でした!!
私も次回の12月の自由の歌コンサートには
お邪魔したいです。
学者でも、音楽家でも、肉体労働者でも、
サヨクでもウヨクでもない、ただひとりの
人間としてでいいから、
政治に意見を持って主張することがいかに
大事か実感することが多いです。
でも実際は・・・そう、勇気がいりますよね。
私も最近いろいろ怖いことが多いです。
先生の姿勢、活動を心から応援しております!!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: セロ弾きのゴーシュ:

« いいホール | トップページ | 昨日は芝刈り »