フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 音程談義 | トップページ | 昨日の本番 »

SVX

以前、HPのエッセイに書いたことがあるんだけれど、ここ数年SUBARUのSVXという名車に2台続けて乗っていました。このクルマ、製造中止になって10年ほどたつ上にわずか6000台弱しか国内で販売されなかった珍しい車です。

家の近所に中学時代の悪友Yが住んでいて、商売が中古のクルマ屋なんでいろいろ情報が入ってきてしまうのですよ。そしてこのSVXも最初は代車として乗ったのですが、あまりのスタイルのかっこよさ、トルクフルな走りにほれて購入してしまいました。

そして楽しいクルマ生活を送っていたときに、某オーケストラのコンマスのA君が、SVXの大ファンで新車時から大事にしてきたSVXをどうしても譲らなければいけないという話を聞き、僕は前代未聞のSVXからSVXへの乗り換えを敢行しました。ボディカラーも同じで周囲の人はほとんど買い換えたことに気がつかないというこのオタク趣味!! その走りは最高でしたが、なにぶん古い車ですから結構壊れて、昨年は一年のうち3ヶ月は入院という、イタリア車も真っ青の道楽くるまでした。

2ヶ月くらい前に仕事でA君に会ったら

「久しぶりなんでSVX乗せてください」

とか言うのでキーを渡したら、彼はそこらを走ってきて

「もしこのクルマを譲るときは声をかけてください」

なんて真剣な顔で言っていましたが、それから話が急展開してつい先日、僕のくるまはA君のもとへ帰ってしまいました。 彼ならあの名車はこれからも長く大事にされるでしょうけれど、困ったのは僕です。さて何に乗ろうか?? お金は限られているしねぇ。今はとりあえずの足として、Yからビュートという小さいくるまを貸してもらっていますが、坂道とか結構大変です。

くるまなんて本当Photo_2 は走れさえすればいいんですけれどね!

これはビュートです。

« 音程談義 | トップページ | 昨日の本番 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: SVX:

« 音程談義 | トップページ | 昨日の本番 »