フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 嗜好品 | トップページ | マッサージ »

練習その2

 この前書いた練習のコラム、意外にも反響があったのでその続きを。。。。

チェリストミヤケは基本的には若い頃から練習は好きではなく、いろいろな人に怒られました。音楽学校受験の頃に習っていたK先生は

「俺の生徒でお前が一番練習しないぞ!」

と言ってあきれていましたし、桐朋で習っていたY先生は

「1日8時間以上音楽に費やしなさい。」

と言っていたにのもかかわらず、僕は半分ほどしか(それでも4時間じゃないですか!!)

やらなくて、先生は、ご立腹でした。

その頃の僕は時間を練習に投資したら、そのぶんちゃんと見返りがあるのだろうか?という実にくだらない不毛なことを考えており、なんだかどうしても8時間なんてチェロを弾けなかったのです。 1級上の仲のよかった現在N響のF氏は8時間を過ぎてからが練習の真価だという持論を持っていたので、いつも僕を見るたび

「ミヤケは僕の半分も練習していないのに、要領いいよな!」

って文句を言っていましたよ。ここまで書くと、僕はなんだか練習なしでうまくなった天才みたいですが、事実はまったくそうでなく、ちゃんとそのぶん、ツケがまわってきたのがアメリカの留学時代でした。

 シュタルケル先生は1日に4時間以上チェロを弾いてはいけない!という、ちょっと聞くと実にありがたいポリシーの持ち主だったのでした。 アホの僕は喜んでその教えを忠実に守っていたのですが、だんだん分かってきたのは実は短い練習のためには信じられないくらいの集中と能率のよさが必要だということでした。 そしてレッスンのたびに自分の練習方法の甘さをいやというほど思い知らされたのでした。

 いま現在の僕は、練習時間はあいかわらず長くはありませんが、よく考えて効率よく集中して勉強するように心がけています。 そしてなんと意外なことに最近は練習、結構楽しい!! 若いうちにこの心境になっておけば?? いやいや、そうしたらもうチェロ飽きてるかも?? それは冗談として、音楽が年を重ねるごとにはっきり見えてくる気がして楽しいここ数年です。

 

« 嗜好品 | トップページ | マッサージ »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110518/4937688

この記事へのトラックバック一覧です: 練習その2:

« 嗜好品 | トップページ | マッサージ »