フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

グルダのチェロ協奏曲

 この前、共演したフルートの藤田真頼さんが、へんてこな動画を教えてきました。いま流行りのユーチューブなんですが、少年が グルダのチェロ協奏曲を弾いて(??)います。

http://www.youtube.com/watch?v=NjhPrr_-VIk

この曲の作曲者のグルダって、あの有名なピアニストのグルダなんですよ! それにしてもいっちゃっている演奏&もともとの曲もすごいですよね。 東響のフルートの同級生Tが

「ミヤケはこの曲合っているから弾きなよ・」とか言って、ハインリヒ・シフの録音まで貸してくれたが。。。。 今回の動画の少年にはどうあがいても敵わない! 興味深い曲ではあるのですが。 

  イタリア、なんだかとんでもなく暑いらしいですね。 サルダーニャ島も心配です。 しかも今日になってプログラムの変更をいってきて、ソナタを増やさなければいけなくなりました。 いったいイタリアって?? コンサートまで一ヶ月ないんだが、まあお国柄といえばお国柄なのかなぁ。

新幹線

昨日はNHKの仕事で大阪に行きました。 飛行機はこわいし、新横浜の駅が比較的近いので、名古屋、関西方面へは新幹線を利用します。

一昔前は食堂車が大好きでしたが、それもない今、車内で本を読むのが楽しみです。

ジャンルは決まっていませんが、大体の場合まず新聞を読み、その後雑誌にうつります。 経済、クルマ、ゴルフ、デザイン、旅など、その時々で気のむいた雑誌をパラパラと眺めてウォーミングアップ終了。 ようやく少しちゃんとした本へ取りかかります。 今は食わず嫌いで避けてきた三島にチャレンジしているんですが、なかなか大変。 すこし滑らかに読みこんでいけるようになったら、もう京都まで着いてます。 近頃の「のぞみ」は速すぎ?

新幹線に乗るときにやはり気を遣うのが、相棒チェロくんの置く場所です。 進行方向一番後ろの3席の座席の裏が一番置きやすいのですが、海外旅行の人の大きな荷物などがあると置けない場合もあります。 その時は頭上の荷物置に載せますが、周りのお客さんが ギョッとするので あんまりやりたくない気持ち。 しかも僕の普段使っているブラックという会社のケースだと厚みがありすぎて、うまく載らないんですよ。 ですから新幹線に乗る前の夜に、もうひとつの華奢なケース(アコード)にチェロを入れ替えます。チェロ君との旅は結構手がかかります。

新横浜の駅のホームで列車を待っていたら、新横浜に止まらない新幹線が通過していきましたが、その速さにびっくり。 あんな速いものに乗り込んでいるんですね!

効果

 昨日、国際基督教大学のオーケストラサークルのチェロ部員の現役から30歳すぎのOBOGまで集まり、皆でボーリング大会という、不思議な催しがありました。 僕がここのトレーナーをチェロのK氏とふたりでやっており、数年前に現役のみでボーリング大会をやったら好評で、今回は参加人数20人という大掛かりなものになってしまいました。

 僕も当日までここまで大規模なものとは知らず、会場に行ってびっくり! いちおう「K・三宅杯 ボーリング大会」という名前がついており、(そのわりには優勝カップがないのですが) 今回は前後にお茶会と飲み会が設定されており、お茶会には子連れのOGも来たりして 温かい雰囲気でした。

 とはいってもボーリングが始まったら真剣です。 2ゲームを投げてのトータルでの勝負。ところがチェリスト・ミヤケ 練習ボールはいきなりガーター、ガーター。 不安のうちに1ゲームめは、ヨロヨロで122! おお、なんということだ。 

 2ゲーム目もいきなり6ピンに終わり、 負けず嫌いに火がつきました。 学生に缶ビールを買ってきてもらって、ゴクっと飲み干してから 気合が入り、頑張りました。 その後はオープンフレームが1回出来てしまいましたが、なんとか177。 なんと大人げなく優勝です。。。 気合いれて投げていて、気付いたのですが、けっこう足腰が粘っている! よろよろしないのです。 あれ? ウォーキング効果??

 きょうもいつものマッサージの人が僕の背中を触ってひとこと

「三宅さん、肩甲骨のまわりの贅肉が落ちて、すっきりしてますよ、なんかしましたか?」

 おいおい、たった1週間でこんなに効果が? とても嬉しくなりました。

 昨年、海水浴に行って、あとで写真を見たら背中が丸くてびっくりしたのですよ。 ますます続ける意欲がわいてきました。

 

ようやく雨

僕が疲れてウォーキングを休んだら、ようやく雨が降りました。 やっぱりカラ梅雨は僕のせいだった? そんなわけありませんが、冗談はさておき本当にある程度降水量がないと夏が心配です。

それに僕には梅雨に備えて新兵器があるんですよ、しかも2つ!
ひとつは除湿機。 もちろん今までも使っていましたが、今年購入したのは音がとても静か。レッスン室に置いておくのに好適。 好みの湿度を設定すればあとは自動で運転しますから楽です。 楽器メーカーでもピアノ用の除湿機が売り出されてますが価格が5万円とかするんですよ。 なんだか高く感じて、知り合いの調律の人に聞いたら、ヤマダ電機で買えるこの機種を薦められました。値段も楽器メーカーのものの4分の1以下。「 余ったお金であと3台買っちゃおうか?」「なんでやねん! いったい何のため?」

虚しいひとりボケつっこみはここらへんにして、もうひとつの新兵器は雨傘です。 先日とあるショッピングモールの店頭で発見して気に入ってすぐに2本買いました。どこが新兵器といえるほどすごいかと申しますと、この傘、なにしろデカい。 みなさん普通の傘の大きさはご存知ですか? 大体直径60㎝くらいですよ。 たまにビッグサイズといって70㎝のものを見かけますが、僕の新兵器はなんと80㎝!
「なんだ、たかが20㎝か」というなかれ、実際に目にしたら大きさに驚きますよ! となりのトトロでも濡れずに入れそう。 このサイズならチェロもほとんど濡れずにすみます。 問題点はあまりにデカいからチェロと一緒じゃないとサマにならないんですよ。 あと人込みではチェロと相まって、大変邪魔です。

渋谷とか新宿でやたらに大きい黒傘をさしているチェリストがいたら、僕かもしれません。

これだけ備えてますから、ちゃんと雨が降ってほしいなぁ。

歌手

昨日は二期会の歌手の人のプライベートコンサートの練習で千駄ヶ谷の二期会会館に始めて行きました。駅から近くて立派なスタジオ。練習室もなかなか整っていて快適でした。

目を引いたのが、掲示板に貼ってある忘れ物リストです。
黒のストール、KABANAの時計、指輪(おおきな石つき)指輪(ダイヤ)、 家の鍵(ふくろうのストラップつき)、ロングスカート、パールとビーズのイヤリング片方、クルマの鍵(NISSAN)、などなど、ふつうの一般人はなかなか忘れないものばかり。おもしろいでしょ?歌手たちの忘れ物に比べたらチェリストの忘れ物はかわいいものです。ダイヤとか家の鍵とか、いいんですかねぇ?ほっておいて。
近々処分するって書いてありましたよ、二期会関係の皆さん! 心当たりの方はお早めに!?

チェリストミヤケの場合は昨年の東響、日フィル、新日フィル合同の年越しコンサートで黒靴を置いて帰ってそのままです。連絡しなきゃね。

えらいチェリストたち

 えらいチェリストというと、やはりカザルス?ロストロポーヴィッチ? 最後の巨匠、シュタルケル? ヨー・ヨー・マ? なるほど みんな素晴らしい人びとですが、今日僕が書きたいのは僕の生徒さんたちです。 

 先だって発表会があったことはここでも書きました。 例年、発表会のあとはみなさん、糸の切れたタコのように、どこかへ飛んでいってしまい、レッスン再開まで数ヶ月!!かかる人が大多数なのですよ。 普通の先生なら発表会前に次回のレッスンの約束をしておくのでしょうが、そこはミヤケ先生、みなさんに任せていますから、連絡が来たら再開するわけです。 だってせっかく発表会が終わって自由を謳歌したい気持ちはよくわかるもの。

 昨年は、大多数の人が2ヶ月はレッスンがありませんでしたが、今年はなんとブランク2週間でレッスン再開者がちらほら。 みんな、えらいな・

 アメリカにいるとき、シュタルケル先生が演奏旅行から帰ってくると、先生のスタジオの扉に、レッスンの日程表が張り出され、生徒ひとりひとりが空いている時間に自分の名前をサイン・アップしていくのですが、ミヤケはそれが苦痛でした。 もちろんレッスンを受けたいわけではあるのですが、なにしろこわい先生なので、なんとか逃げられないかと心のどこかで、いつも思っていました。

 留学から帰って15年以上経つのに、いまだに夢にみるんですよ、あのサイン・アップボード! 夢の中で当然僕は自分の名前を書き込んでいなくて、その罪悪感に苦しめられるのです。 ウソではありません。 ちなみに高校を実は卒業していない?という夢もたまに見ます。 なにか後ろめたいことでもあるのかな? 

 

 僕は優しい先生だから、生徒さんはすぐ連絡してくるのかな?  ん? 誰だ? 思い切り首を横に振っているのは!!!  (全然 ヤサシクナイ。。。。。。。)

雨男

 今朝も歩いちゃいました。 おそろしいくらい続いていますよね。 もっとこわいのはこの間、一度も雨が降っていないことです。 僕の心がけがいいとか冗談を言っている場合じゃないですよね 。 

 昔はたとえば、テレビの野球中継を見ていて、ちょっとトイレに行って戻ってきたら、ひいきのチームが逆転されていたりすると

「あーっ 僕がトイレに行ったせいでこんなことになってしまった!」 とかいってそのあと、ずっとトイレを我慢したりしてましたけれど、さすがにお天気は僕のせいじゃないです。

そもそも僕は雨男で有名。 群馬交響楽団に在籍していた頃、5月に軽井沢で公演があり、僕はお休み(降り番といいます。)で、近所の北軽井沢でなんとゴルフの予定を入れていました。

 コンサートに出演する仲間には、ばれないようにしていたのに、誰かが秘密を漏らしてしまい、前日にさんざん文句を言われました。

 「人が働いているときに球打ちかよぉ??しかも明日の天気予報、降水確率0%、快晴だってよ! 罰当たるよ!」

 当日は本当に素晴らしい快晴。雲ひとつない青空の下、チェリストは

「いやはや皆さん申し訳ない、でも最高だなぁ、人が働いているときに遊ぶのって・」

なんて ひどいこと考えながらプレーしていたら、急に雲が出始め、怪しいかんじに。。。

そしてなんと急にヒョウが降り始めたのです!! 5月ですよ? しかも降水確率0%?

ヒョウは、まあショットのときはまだ我慢できますが、グリーン上でボールにくっついて雪だるまのようになり、どっちへ転がるのかわからない状態になったのでした。

 翌日、僕にさんざんいやみを言おうと待ちかねていた仲間たちは大喜び。 ちなみにオーケストラの公演があった軽井沢ではいっさいヒョウなんて降らず、素晴らしい天気のままだったそうな。。。。。実話です。

 そういえば 昨日一緒に演奏した 藤田真頼さんは 「雪男」といわれていたそうです。それって風貌から?? というわけで 一昨日の演奏者の写真です。

モデルはともかくPhoto_1 バックの絵が素敵でしょう? 実は彼のお父さんが画家なのです。 なんだか絵の世界に僕たちが迷いこんでしまったような不思議な錯覚にとらわれます。

フルートとともに

 昨日、今日と新宿御苑の駅前にある アトリエ・ソノーロというサロンで、サロンの持ち主であるフルートの藤田真頼(まより)さんと音楽会をやりました。休憩中にワインもサービスされ、お客さんと本当に近い距離でアット・ホームな雰囲気でした。 駅前のビルの一室なので天井の高さ等は望めませんが、クラシックに親しんでもらおうという彼の心意気は素晴らしい。 また機会があれば協力するつもりです。

 彼はお話がとても上手で慣れており、僕も嫌いなほうではないのでどんどんつっこみを入れていたら、なんだかトークショー状態になってしまいました。 これがコンサートのトークのこわいところ。 コンサートが終わってもお客さんが口々に 「本当に親しみやすくてトークがよかったです。」 という感想が目立ちました。 気をつけなきゃね。ミヤケはチェリストです、あくまでも。。

 朝のウォーキング、気持ちよく続いております。 帰りに最近できた評判のパン屋によって焼きたてパンを買ってきたりして、朝からいい気分。 体調もすこぶるいいのですが、問題点は食欲が増して、大食いになってること。 そんなわけで体重はあまり変化しません。 食事制限はいやだしね。 とにかく7月にイタリアに行ったら、スカラのヴァイオリンの友人と毎晩ドンチャカやるのが目に見えており、その前にちょっとやせておかなきゃ。 あのDuccio のやつ、夜中の2時過ぎにようやくご馳走の山がひと段落ついて、お開きかと思いきや

「さあ! おいしいジェラートのお店にいくぞ!」 って叫びますからね。 ものすごいやる気一杯の彼の声を聞くとアタマがくらっとします。 

「えっ? 僕さぁパスしてもいい?」 って言うと悲しそうな顔するしなぁ・・

 まぁたいした悩みではありません。 今日も本番楽しく終わったし、ビールで乾杯!!

あれ?

 昨日、梅雨入り宣言をした途端に晴れることがあるよね、と書いたら本当にそうなっちゃいましたね。 そういえば数日前にNOVAが一部業務停止になりましたが、ほんの数カ月前にチェリスト自ら真剣にイタリア語コースへの入会を検討し、ちょっとオカシイと感じてやめた経緯をブログに書いたのをご記憶の方も多いかと思います。 自分で言うのもなんですが、なかなか勘がいいですよね。

 今話題のコムスンも数年前にCMの録音に参加し、「こういった業種で派手に広告するなんて何だかなぁ。」 と思ったら。。。。

 お! 実は都内某所のレストランで、このブログを書いているのですが、隣の男女がNOVAからの退会のやり方について相談し始めました。 男の人は法律関係の仕事らしい。 この人がいうには解約は早い者勝ち、すぐに会社潰れるそうです。ふーん。大きくなる会社は多かれ少なかれ汚い部分があるんだろうね。

 でも何より年金だよ! 社会保険庁、自民党、汚いぞ! こればっかりはいかに勘の鋭いミヤケにしても危険を避けて払わないわけにはいきません。今年金をもらっているおじいちゃんおばあちゃんの為です。 だけど将来せめて払ったぶんくらいは絶対キチンともらいたいよなぁ。自民党には絶対任せられん!!

 ストップ安倍&自民党!!安倍のあとに麻生なんか出てきたらもっと最悪だからね! 今の自民党こそがまさに日本を亡国の危機にさらしているのです。 そう思いませんか? 昔の自民党はまだバランスがとれた人がいましたよね? 自民党にも目覚めてもらうためにも参院選は民主にいれましょう。 なんか誰かのまわしもの的になってきたので、今日はここらでお開き。

梅雨入り

 朝のNEWSで 「今日の午後にも関東で梅雨入りが宣言されるかもしれません。」 って言ってましたが、梅雨入り宣言は気象庁の誰かが言えばそうなるわけで、なんだか変な感じですよね。 宣言した途端に快晴になるのもよくあることですし。

 今朝も頑張ってウォーキングに出かけました。 いろいろ自分ひとりで考える時間になっていいかもしれない、と思っています。 クルマの運転で考え事しすぎると危ないし、電車はなぜか睡魔に襲われること多いのですよ。 

 体重はとりあえず1キロ落ちました。 それよりも体脂肪が落ちてちょっとびっくりしました。 えっ? 何パーセントになったかって? いやいやとても言えませんよ。

 さすが梅雨入りしただけあって、けっこう降ってますね。 明日の朝どうしようかなぁ。。。

 ここ最近仕事ものんびり、実はこれは昨年くらいから予想されていた事態なんですよ。とういうのは、音楽業界、特に商業録音の世界では 「選挙の前は暇になる。」 というジンクスともことわざともつかない言い伝え?みたいなことがあり、またこれがそのとおりなんですよ! 世の中のお金の流れが選挙のほうに向くんですかね? 理由は定かではありませんが。。。。

 

デブミヤケ

 先週のチェロ発表会のあと、打ち上げにいきイタリア料理で楽しく飲み、食べました。 パスタ2種類おいしかった!  一昨日も友人のチェリストYとゴルフに行き、彼と別れた後地元で中学時代の悪友と痛飲しました。 この日はまず焼き鳥やに行って生ビールで皮やらアブラっぽいものを食べてました。あと、バーに行き、最後になんとシメにラーメンまでやってしまいました。(俗に言う「ラーメン終止」というやつです。) 

 一応健康を気にして野菜タンメンにしたのですが、そもそも夜中12時に食べるというのが著しくカラダに悪いですよね、しかもまたまたビールを頼み、餃子まで食べちゃった。

 昨日は昨日でランチに近所のイタリアンのBuffet で前菜の盛り合わせをたらふく楽しんでしまいました。いくら健康にいいオリーブ油だと言ったってあれだけ食べちゃうと。。。。

 今朝、なんだか気になって恐る恐る体重計にのってみたら おーっなんと一挙に3キロ増加! そりゃそうだよ、どうする! すぐにTシャツと短パンに着替えて30分ほどウォーキングにでかけたデブチェリスト。。。。。思えば3年前に俳優座で若村麻由美さんとの恋人役というありえない大役のために必死にダイエットしましたが、それ以来ゴルフ以外で運動らしい運動をしていませんでした。。

 最近ゴルフにいっても後半にスコアが落ちるのがパターンになっており、運動不足、とくに足腰の粘りがなくなってきたな、と思い始めていたので、よしこれからは歩いてダイエット&ゴルフのスコアアップを目指します! 一挙両得、体力増強、家内安全、一攫千金(これは違うな。)

 今朝はとってもすがすがしくていい気分で楽しく歩けましたが、この素晴らしい天気も今日までらしいです。そしていよいよ暑くてムシムシの梅雨のシーズンになっていくわけですが、さてさてミヤケ久しぶりのウォーキングいつまで続くのか???

ちょっと一息

 昨日、チェロの発表会無事に立派に?終了しました。 参加の方々は心からご苦労さまでした!と申し上げます。

 舞台の袖で最初から、集中してひとりひとりの演奏を聴いていたら、いつからかひどい頭痛が。。。 いやいやみなさんの演奏のせいではなく、僕自身があまりに入り込みすぎているのだと思います。 こころのこもった演奏の数々に感心したり、教えてもいないヴィブラートが急に勝手にかかりだしちゃった小学生にびっくりしたりして、2時間はあっという間でした。

 ピアノの部をはさんで、チェロアンサンブルも、いすや譜面台の確保でおおわらわでしたが、とりあえずみなさん楽しく弾けたようでひと安心。 来年もなんとかやりましょう。

 今日は10月にベルント・ツァックというピアニストと一緒に弾くサロンの下見。 http://www.sonorium.jp/company/index.html とても好印象で、弾くのが楽しみになってきました。 あの空間でベルントの魔法の音が一体どういうふうに響くのだろう?

 明日はチェリストのYと栃木の山へ芝刈りへ。 彼のホームページも頑張っているようなのでリンクしないか誘ってみようっと。 

 ここのところ続いたしんどいスケジュールもちょっとここらで一息です。

自由が丘のサロン

 今日は友人のソプラノの柴田智子さんが、自宅兼サロンを自由が丘の駅近くに建てたので見に来ない?というお誘いにのって、出かけてきました。 地図を見ながらわかるのかな?と心配しながら自由が丘の駅のそばの踏み切りを渡ると、

「おおっ!これだ!」 目立つ、目立つ。 よくこんなもの住宅地に建てたものです。

2007_12_007 2階が音楽サロンになっており、なかなか気持ちいい空間です。ピアノもスタインウェイのフルコンサートが入っており、僕のピアノの腕では判断しようがありませんが、よさそう。 反響は思ったより響きすぎないので客席数50にはちょうどいいのではないか?と思われました。

2007_12_008_1 僕の写真が下手でうまく撮れませんでしたが、天井高もまずまずあり、いい空間です。 この2階の天井を高くとったために、住居部分が一部影響がでたようですが、ある程度仕方ないかもしれません。

2007_12_006 1階のエントランスがミュージアムショップ風になっており、さすがニューヨーカー柴田さんのセンスですよ。 感心しました。

このホールのHPhttp://www.jiyugaoka-operaza.com/ 

 せっかくのサロンですから、ここからいろんな活動ができるといいですね。 積極的に応援したいと思います。

 今日の失敗は、なんとチェロを持っていかなかったこと! チェロを弾けばすぐにもっと音響がわかったのに。。。。 楽器がないとチェリストはまったくただのオジサンでした。。

さてさて

 今日は午前中、リハーサル。来週、小さいサロンでフルートトリオをやるので、その準備です。 新宿御苑の駅前ですのでご興味のある方は是非。 明日にでもチラシ載せます。

 午後はCMの録音仕事。サウンドシティという、ラジオ日本の地下にあるスタジオで、羽田さんの御通夜のある元麻布からクルマですぐの距離です。

 そのハネケンさんの御通夜は予想通りたくさんの人でした。とくに音楽業界はたくさんの人が見えていて、改めて彼がいかに仲間から愛されていたかがわかりました。テレビカメラもずいぶん来てましたよ。 あの人たちも大変なお仕事ですね。

 なんだか「千の風」じゃないですが、あそこにはもうハネケンさんはいない気がしました。

今日はこれにて終了。明日はある歌手の方が自宅につくったホールを見学に行きます。写真も載せたいと思っていますので乞うご期待!

うーん

 なんだか気持ちが前向きになれない一日。 朝、生徒のレッスンはわりと元気だったのだが。。 音大の卒業生がラロの協奏曲を頑張ってよく弾いている。 いいとこまで来てるのだけれど、プロとして通用するにはいったいあと何が必要なんだろう? いい先生というのは、一から百まで全部指摘するのではなく、わずかな指摘で生徒自身が自分で解決できるようなアドヴァイスをできる人だと思うけれど、はっきりいって今の日本にそんなチェロの先生は残念ながらひとりもいません。 もちろん僕もまだまだどうやっていいのか、手探り。

 なにか気分晴らしを、と思ってインターネットで同姓同名の人を調べてみました。 みなさんもやったことありませんか? 僕の同姓同名の方たちは、ウソ発見器の先生、NHKエンタープライズ、小児科医、等々でした。  ぜんぜん気持ち晴れず。。笑

 明日はハネケンさんの御通夜に行く予定。 僕が行こうが行くまいが、なんの影響もないのだけれど、やはり僕個人としてキチンとお別れをしたい、と思ったのです。 ふーっ。なんだかため息の多い一日。 

 サッカーも観たけれど。。。オシムはなんで残り2分とかで選手を交替するんだろ? 出てきた選手はいったい何をすればいいのかな??

 さぁ 明日からはポジティブにいきたいものです。

ハネケンさん、さよなら

 ピアニストのハネケンさんこと、羽田健太郎さんが亡くなってしまいました。 すごいショック。 病状がよくないのは知っていました。4月14日に埼玉の久喜でやるはずだった、ハネケンさんがベートーヴェンに扮して、僕たちが彼の仲間という設定でやるコンサートのシリーズが彼の緊急入院で7月に延期されたので、大丈夫かなとは思っていました。 ですが数年前にも、いかにも肝臓の悪そうな土色の顔色になったのがまたよくなり、演奏も昨年はますます充実していたので、今回もまた復活するのかなと淡い期待をしていたのです。

 ここ1週間ほどで、どうもあまり良くないらしいという情報が入り、コンサートの事務所の人ともいろいろ話していたのですが、まさかこんなに早いとは。。。 お見舞いの手紙を書こうかなと思っていたのに間に合いませんでした。なんですぐに書かなかったんだろう、後悔先に立たずとはまさにこのことです。 残念だ。

 ハネケンさんは、同じ桐朋学園の大先輩ということで、コンサートのトークコーナーでもなにかと僕をかわいがってくれて、時にあまりのツッコミにどうボケていいのか、舞台上でうろたえたこともありましたが、温かく明るい方で本当にご一緒していて楽しかったのです。そういえば大晦日にNHKのそばで麻雀したこともありました、ちょっとお小遣いをいただいたような気がします。

 一番困ったのは突然のクイズ

「チャップリンの好きな食べ物は?」

えっ、そんなこと急にいわれても、僕は芸人じゃないし。。。。靴とか言えばいいのかな?

「答えはママプリン!!」

メルヘン?? そんなのわかるわけないよ!

 今、手帳を見ると、来年まで「ハネケン」という文字が入っているのに、もう彼と一緒に弾くことはないと思うと、なんとも言えない気持ちになります。もう2年くらい前から点滴を打ちながらの演奏活動だったそうです。 ピアノを弾かずコンサートをしなければもう少し長く生きれたのでしょうが、彼はそれより死ぬまで演奏し続けたかったのですね。 

 安らかに眠られますように。。。  本当に残念だ。。。。まだまだ弾きたかっただろうになぁ。 悲しい気持ちで一杯です。

 

日曜日の風景

 昨日は発表会のためのチェロアンサンブルの練習で横浜の戸部という駅の近くのオオハラホールに出かけました。 チェロアンサンブルはみなさん、なかなか勘がよく、なんとかなりそうで安心しましたが、僕がうっかり弾いてもいいよと口を滑らしたチェロ四重奏がどうも難しいみたいでちょっとミヤケ先生練習しなきゃ。 そもそも発表会では、生徒さんたちの演奏がうまくいくかどうか、こちらもハラハラドキドキで、それだけでグッタリと疲れるのに、さらに自分が弾くのはホントウはやめたほうが無難ですが。。 

 練習の前に、オオハラホールの近くでお昼ご飯をすませようと、なんの変哲もない中華料理店に入りました。 昔ながらの店で、テーブルの上に透明のビニールが敷いてあって、しかもそれが油でべたべたしている店、といえばみなさんも「ああ、あんな感じの店ね。」 と想像できると思います。 「渡る世間な鬼ばかり」の舞台の店よりは古ぼけていて、「ふぞろいの林檎たち」の柳沢慎吾の実家の中華やさんみたいな雰囲気。 吉行和子さんがお盆に水のせて「いらっしゃい」 と奥からでてきそう。

 メニューを見ると、なんともリーズナブルというか激安。 ラーメンとチャーハンセット750円! 炭水化物と油だけじゃないか!なんてことはこの際いいっこなし。 おいしく腹いっぱいになりましょうよ。 チェリストは熟考の末にBセット、八宝菜&小ラーメン&餃子で850円をチョイス。 韓国へ行って以来大食いの習慣がなかなけぬけませんよ。 隣のテーブルは作業服を着た2人組でビール飲んでます。 いいなぁ、昼間から。ちょっと誘惑に負けそうになります。 3分くらいすると突然10人くらいの団体がどやどやと。。草野球の試合のあとらしい。 「ビール5本と餃子5枚! 春巻きは3! えっ?あたしもほしい?じゃ5! レバニラ食べたい人、手上げて!」  突然ものすごい活気。 お店の吉行和子さんも忙しそう。 

 アメリカに留学している頃、こういう中華の店に行くのをすごく憧れてました。 なんだかリアルな本当の人生があるような気がして。。でも日本に帰って17年も経つのに案外行かないんですよ、こういう店。 日曜日の午後に「カンパーイ」と仲間うちで楽しくおいしく食べている風景は、これはひとつの幸せだなとうらやましく思えました。 僕はなかなか休日が人と合わないし、フットサルも休止中だし、草野球は突き指こわいし、とかいろいろ思いました。

 草野球チームの打ち上げの横をすり抜けて、お勘定に店の入り口に行くと、野球帽のおじさん、お兄さんたちが後ろでいろいろ言っています。

 「あれさぁ、ギターじゃないよね。」 「ベースか?」「なにいってんだよ、チェロだよ、チェロ。」

 チェロもここ日本でずいぶん認知されたもんだ。僕は30年間この楽器を背負って歩いていますから、本当に実感します。 レジの横で赤いサングラスに、アロハシャツという奇抜なファッションでひとり飲んでたオヤジさんも

 「チェロだよなぁ、? そのガワ(ケースのことでしょう、おそらく)だけで結構高いんだろ?」  

 もっと時間があれば、そのオヤジさんと餃子をサカナに一杯飲みたい衝動にかられながらチェリストは 「どーもっ、ごちそうさん!」 と店をあとにしたのでした。

チェロ発表会

 今度の土曜日、6月9日に池袋の豊島区民センターで僕の生徒の発表会があるんですよ。全部で15人くら出るのかな。 これだけの人数をレッスンしたら大変ですが、実は毎週来る生徒さんはおらず、二週間に1回とか月に1回、季節に1回(!?)とか、みなさんマイペースで続けています。

 年齢層は小学生から、上は、うーん僕の父くらいまで。 会社員から主婦、音大卒業生のプロの卵、大会社の社長さんまで、本当にいろいろな人がいますが、チェロというキーワードで集まっているという、ありそうでなかなかないグループです。僕が最初にチェロを始めたときの先生が、やはりいろいろな方を教えていらして、子供の僕は大人の仲間に入れてもらった気分で嬉しかったのを覚えていますから、こういった年代や職業の幅広さはとてもいいんじゃないかな、と思っています。

 僕のチェロ発表会の一番の特色はチェロアンサンブルをやることです。 過去にはヴィラ・ロボスのブラジル風バッハ5番を二期会のソプラノの方をお招きしてやったり、バッハのシャコンヌをやったりと、プログラムだけならベルリンフィルのチェロアンサンブルにも負けない???内容です。 ただ楽譜やら、練習会場の手配等、雑務が多く、昨年まではMさん、今年からMさん(しまった!ふたりともMだった!) がいろいろお世話をしてくださって、なんとか成り立っています。本当に感謝です。

 レッスンするということは、実に教える側にもたくさんのフィードバックがあり、勉強になります。 今年はチャイコフスキーのロココ風変奏曲、ラロのチェロ協奏曲、コダーイのソロソナタ等、大曲が並び、弾くほうも大変でしょうが、聴くほうの僕もちょっと緊張。。。

 みなさん、お時間がありましたら生徒さんの奮闘ぶりを聴きに(見に?)池袋までいらしてください。 僕もチェロアンサンブルで3曲くらい参加します。

サッカー観ました。

 キリンカップの初戦、テレビ観戦しましたが、なんだかあまり盛り上がらずにテレビの前で寝てしまったオジサンチェリスト! やっぱり生で観なきゃ! 音楽会と一緒です。生が一番!! 

 ところで、僕はサッカーのテレビ観戦のみならず、人の演奏会を聴きに行って、寝てしまうという演奏家にあるまじき悪癖があります。 チェロの演奏会はさすがにいろいろ気になって寝込むことはありませんが、そのほかはねぇ、まあその、ちょくちょく。。 甘い誘惑ですよね、コンサートホールの暗い客席で、美しい音楽に身を任せて、ついウトウト。 多くの場合は緊張感のない演奏のときですが、それにしてもちょっと恥ずかしい。

 そういえば最近人の音楽会に行っていないのです。演奏家はコンサートには出かけるべきなんですよ、たとえその出かけた音楽会があまりよくない場合でも、反面教師として勉強になりますし、もちろんいい演奏会なら、励みになりますし、どんどん行くべきなんですが、現実にはなかなかねぇ。

 いいピアノの演奏会なんて行きたいなぁ、まずチケット買っちゃうべきですよね。オススメの音楽会があったら教えてください。ピアノリサイタルでしびれてみたいなぁ。

 実は来月7月にイタリアにコンサートに行くときにスカラ座の「ラ・トラヴィアータ」を観たいと思って、スカラのヴァイオリンの友人に頼んでいるのですが果たしてどうなるか。これは実現したら、もったいないので絶対寝ないようにしなきゃ。。。。。 

いろいろ

 まんじゅうこわいってナンダ? と思った人が結構いるらしいんです。 うーん、これは僕のスタンダードが偏っているですかねぇ。 出典は落語なんですよ、おわかりになっている方には申し訳ないけれど。 参考までにhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%93%E3%82%8F%E3%81%84

 落語は、家にカセットで全集があったり、桐朋時代の友人から志ん生のレコードを聞かされたりで、好きになりました。 残念ながら高座には行ったことがないのですよ。 生を聞かずして語ってはいけません。

 話は変わりますが、年金問題、あまりにひどくて怒りのあまり、なんだかドキドキします。 自民党好きのオバチャンたちはわかったかな? 安倍がかっこいいなんてバカなこと言って、お上、お国の言うことなんて黙って聞いてたらこんなもんなんだよ! この怒りを忘れて参院選にまた与党を勝たせたら、国民は騙されて搾取されつづけます!  「100年安心な年金」って言ってた神崎!! 責任取らないなんてありえないよ、公明党は庶民の党じゃないのか? 政界引退したから、関係ないのか???  

 なんだか、自分の質が落ちるからこれ以上言いませんが、いいですか、みなさん。 民主党が素晴らしい党だなんて、正直思いません。 でもだからといってなんとなく自民党に惰性で入れたり、選挙に行かなかったら、本当に地獄になりますよ!!! 民主党を勝たせることによってバランスをとらなきゃ。 憲法の問題だってもうギリギリですよ、みなさんの子供や、あるいは自分自身が徴兵されるのも、このままだと時間の問題です。 民主党の中にも改憲論はたくさんいますが、彼らが勝てば少なくとも時間が稼げます。  60年間人を殺さなかった国は誰が何といおうと素晴らしいでしょう。 

 ちょっとコントロールが利いていない文章ですが、まあいいでしょう。 これはチェリストミヤケの私的意見です。 匿名でいろいろコソコソものをいったり中傷するのは嫌いです。はっきり自分の態度を示します。 

  さて、気分をとりなおしてサッカーでも観ます。高原がスカッと決めてくれるといいなぁ。

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »