フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

イタリアはさておき

参議院選挙、すごいことになりましたね。投票率が思ったより低くてちょっとどうなるのかと思いましたが、思ったより自民党と公明党が負けましたね。 民主党が必ずしもいいとは思えないけれど、僕としてはまずまずいい方向かなと思います。 社民の比例区で出ていた元国立市長の上原さんがだめだったのは残念でしたが。

 イタリアツアー、今回はまずミラノに行きました。 ミラノ・スカラ座のオケのヴァイオリニスト、DUCCIO の家に泊まってリハーサルを数日間やってました。 いやはや暑かったですよ! ミラノの市街地にあるDUCCIO の家は彼の職場のスカラ座まで数キロの距離です。 ラッキーなことに、シーズン終わりの公演「トラヴィアータ」のチケットを手に入れることができました。 当初175ユーロくらいしそうだったチケットがなぜか55ユーロでゲットできました。 これは本当にうれしいことでした。 DUCCIO もその公演、乗り番で、なんと一緒に自転車で出かけることになりました。スカラ座を見に行く格好となると、さすがにスーツ姿ですから、それで自転車ですからなかなかミラノっ子ぽいですよ。 20時からの公演なのにDUCCIO は19時15分にまだ家でうろうろしており、ようやく出発したと思ったら5分くらいで、ジェラートやの前で止り、

「ここのアイスクリーム食べていこうよ、うまいんだぜ。」

そして本当に店の中に入り、僕もマンゴーのアイスクリームを急いで食べましたよ、気が気じゃないので、あまり味わえない感じでしたが。 そのあとに19時35分に店をでて、ミラノの大聖堂のちょっと先を走っていたときに 急にペダルが空回りしました。

「あっ! まさかチェーンがはずれちゃった!!」

チェーンをはめるなんて何十年ぶりですから、あわててなかなかうまくいきません。 そして スカラ座のヴァイオリニストはそれに気づかず行ってしまいました。 僕はそんなにミラノの地理がわかっているわけではありません。 ようやくチェーンがついたのが19時45分。

大パニックです。誰かに道を聞かないとわからないけれど、誰に聞くかが大問題。 なにしろイタリア人ですから、英語をしゃべれない場合も多いし、うっかりすると知らないのに知ったふりしてとんでもないことを教える人にあたったりしたら、間違いなく「トラヴィアータ」には大遅刻です。 とっさに観光者ぽい人に声をかけてみました。

「Can you speak English?」

「Yes」

おー第一関門突破! 

「スカラ座知ってる?」

するとこの旅行者ぽいイタリア人は地図を広げて

「たぶんあっち」

と指差してくれました。 僕の勘はかなりよかったなと思いながら自転車を暴走させると、なにやらたくさんのお客さんがいる場所が。

「ここだ!!」

19時55分に到着です。 手が油だらけでしたので化粧室でごしごし。

さてさて公演はなんと指揮がロリン・マゼール。期待して序曲が始まると、出だしは ん?わりとピッチ甘い? ところが序曲が終わって歌手が歌い始めると、おーすごいぞ、このオケ! リズムがすばらしいし、きもちいい鳴り方。 おまけに歌手はすごいの一言!なんだかオリンピック選手みたい。 圧倒されました。 詳しい歌手等はちょっとプログラム探して明日お知らせします。

ただいま!です

 イタリアから戻ってきました。当初の計画では携帯でブログ更新の予定だったのですが、なぜかうまくいかず、さらにPCを借りて更新を試みたのですが、日本語の導入が結構ややこしく、結局あきらめてしまいました。 今日からイタリアの演奏会のことなだぼちぼち書きますので、よろしくお願いします。 

 とりあえず ただいま!!

明日から

 イタリアに行くので、なんだかバタバタ。 でも一昔前に比べたらずいぶん気楽にいけるようになりました。 なんといっても携帯が使えるのが大きいですね。 逆に最近は携帯が使えないと不安。 人間力が衰えたような? でも仕事の連絡を相手に迷惑をかけずにできるのは大変ありがたいですよ。

 今回行く場所で一番面白そうなのがサルタデーニャ島。イタリア本土とは文化が違うといいますから期待大です。 地元のクラリネット奏者の友人FABIOが招いてくれて音楽祭に行くので、彼の案内でいろいろ珍しいものに出会えそうです。好奇心旺盛なチェリストはワクワクしています。

 ただひとつ、友人のトニー・ラザロの本に書いてあって、これはこわい!と思ったのは特産のチーズ カス・マルツ 。 これ、なんと羊の乳からつくる蛆虫入りのチーズなんだそうです。 蛆虫をどかしながら、彼らが柔らかくしたチーズを食べるのだそうですが、うっかりすると、その虫を食べてしまうことがあり、しかもこいつらは人間の胃酸では死なずに腸まで腸壁に穴をあけることも???  FABIOがちゃんと解説してくれたら、食べない!!って言えるけれど、食べた後で、「ねぇねぇ、実は今のチーズってさ」 といわれたらマズイよなぁ!ちゃんと カス・マルツ って名前を覚えておこう。。

 イタリアでどうやってブログ更新するか検討中。 たぶん写真はあとになると思いますがなんとか携帯で更新してみるつもりです。     

台風の思い出

昨日 名古屋駅のホームで師匠 木越先生と新幹線を待ちながら 台風の話しをしていて ふと思い出しました。 高校生の頃、台風の日にレッスンに行ったことがあるぞ!
先生は当時、ドイツから帰国してN響の首席に成り立てだった頃でした。 ご実家が 田園都市線の終点近くにあり、10分弱くらい平坦な道を歩くのですが 暴風雨の中、まず傘が崩壊して シャワーの中を歩くような感じで ようやく 先生のお宅にたどり着き チャイムを鳴らしたら 先生のお母様が ドアを開けてくださり、開口一番
「あら!こんな日に来たの!」 そりゃあそうです。電車も止まりそうな状況で 普通なら せめて電話して どうしたらいいか相談すればいいのに なにせ融通のきかない純情高校生です。とにかくレッスンに行かなきゃいけない!の一念で 必死にずぶ濡れ姿で押しかけたわけです。
そんなビショビショでは楽器を弾けるはずもなく、確か 先生のおさがりのGパンをいただいたような記憶があります。かれこれ25年前の話です。

今思うと大変下手くそな高校生でしたが やる気だけはあったんだなぁ。チェロが好きで好きで仕方なく しかしながら練習は大嫌いで、頭の回転は悪くないが早呑み込みで、ちゃんと最後まで人の話を聞かないという 扱いにくい生徒だったと思います。 今 自分の生徒でこんな奴がいたら ぶっ飛ばしているかもしれません。 よくクビにならなかったなぁ。レッスンは1時間で終わったことなどほとんどなく、大抵2時間半から3時間 怒鳴られ続けてマシタ。今 自分で生徒を教えていて よくわかりますが これって並大抵のエネルギーではありません。ありがたかったなぁと思います。当時は凹みましたが。。

昨日は先生の真後ろの席だったので 合図の出し方とか トップの弾き方がとても勉強になりました。 オーケストラを弾く時に 自分の前に チェロの人がいるという場面があまりないので とても貴重な経験でした。

直接レッスンを受けなくても、いまだに習っているわけです。 ただ習い方が 昔の高校生時代の完全コピー方式ではなく、自分で咀嚼して いいところを盗めるようになりました。 25年かけての成長かなぁ。

台風から いろいろ思い出しました。 被害があまりないといいですが。

台風ですね

 なにやらものすごい強い台風がきてますね。 四国などの水不足はもうとっくに解消でしょう。その点はよかったよかった。

 ただこのまま東京に向かっているのでちょっと大変かもしれない。 というのは今日は名古屋でヴィルトゥオーゾ・シンフォニーの本番。 あまりの雨だと行き帰りの新幹線がちょっと心配です。 すこしはやめに行こうかな。

 今回のヴィルトーゾはトップが師匠の木越氏。僕の隣はゲンちゃんこと、読響の渡部くん(同級生です。)、そのほかにも都響の松岡さん、東フィルの服部くん、群響の柳田さん等、気のおけないメンバーでとても弾きやすいです。 木越先生はさほど社交的な人ではないので、もっぱらミヤケがみんなとワーワーしゃべっていますが。。。。。お恥ずかしい。

 いつもオーケストラの仕事は首席でいくので、今回もいきなりトップの席に座りそうになって、アブナイ、アブナイ。 たぶん誰にも見られなかったからいいけど、オケのプレイヤーってそういうことに目ざとく、結構うるさいですからね。 楽しい気分であっても気をつけないと。

 ヴィオラのトップは菅沼先生。 なんといっても往年の厳本真理弦楽四重奏団のメンバーですからねぇ。 いまもバリッと現役というのは本当にすごいことです。

 おっともうそろそろ出かけなければ。。。行ってきます。 新幹線は名古屋で立ち往生なんてニュースを見たら、憐れんでください。

TIME FLYS

パソコンの使えない日々が続いてます! メールチェックは 携帯で出来るけど キーボードなしでブログを書くのがやはり面倒です。携帯って 僕が社会人になってから普及したもので 本当に便利だと思うけど同時にすごく億劫に感じます。ちょっとオジサンぽいですね。(蛇足ですがチェリストミヤケはいったいいつ社会人になったんだろう?そもそも社会人なんだろうか?高い税金払ってるから社会人かなぁ?)
今の若い子は携帯無しの暮らしは考えられないみたいだけど 僕は携帯無しなら無しで嬉しいかもしれないなぁ。 ただ最近は仕事が携帯にしかかかって来なくなっちゃったから 現実的にはなかなか脱携帯は難しいですけど。

僕が携帯を始めて持ったのは94年だと思いますが 当時8万円くらいしたんですよ! 0円の機種がたくさんある今とは隔世の感がありますよ! たった13年前なのになぁ。13年前を たった13年前と感じるか、はるか13年も!前と感じるかで オジサン度がわかりますね。
最近、仕事の現場に行っても アレ? と思うときがあるんですよ。 数年前までは そこにいるメンバーで平均か、ちょっと若手だと思っていたのに 最近は うっかりすると 年長者だったりするんですよ。 特にスタジオの録音の現場は若返りが著しいので アレ?の機会も 増えています。
その点、オーケストラ業界は60才手前までの人がいますから まだまだ ミヤケは中堅です。 今日からヴィルトゥオーゾオーケストラという 主に在京オーケストラのメンバーからなる団体のコンサートの練習が始まるのですが、ここのチェロセクションでは僕は完全に若手!新鮮な気持ちです。
音楽家は生涯現役が基本だと僕は思ってますから、そのタームで見れば 僕はまだまだ洟垂れ小僧です。日本チェロ界の長老、青木十良先生なんて90才過ぎて、ますます新鮮な音楽を創りだしていらっしゃる姿には、ただただ脱帽です。 青木先生の半分以下の年齢の僕はやっとここからスタートの気持ちでますます頑張っていくつもりです。

エルガー

今年はエルガーイヤーなんだそうな。 モーツァルトイヤーとは違ってあまり話題にもなってませんね。 そもそも有名な曲の数も少ないしね。一番みなさまがよく知っているのは「愛の挨拶」と「威風堂々」だけど こればかり演奏するわけにもいきません。 黛敏郎さんが「エルガーと夏目漱石は似ている。二人とも国内では著名だが、国外ではあまり知られていない」と言ったそうですが、そのせいもあるのか エルガーイヤーといってもさほど盛り上がっていませんが そんな中でも「チェロ協奏曲」はわりとあちこちで演奏されているみたい。 僕はひとつ話があったのが実現せず 弾かないのですが、チェロ仲間の何人かがソリストで登場します。

今日は三軒茶屋の昭和女子大学人見記念講堂で、山本裕康氏が立教大のオーケストラとエルガーを弾くというので 出かけました。ヒロヤスくんは桐朋時代からの仲間ですが、年を重ねるごとに 彼の音楽やチェロに対する姿勢に感心することが増えています。 チェロもさることながらゴルフも大した腕前で、年に数回一緒に芝刈りにいきますが毎回大敗を喫します。
まぁそんなことはさておいて 演奏は とても端正なもので エルガーの荒々しい感じは 若干薄いものの かわりに 美しい、水のある風景を描いた水彩画か、あるいは 選び抜いた材料を丁寧な仕事で 調理した懐石料理のようで なかなか趣がありました。

会場となった 昭和女子大学人見記念講堂は 20年くらい前は ずいぶんたくさんコンサートが開かれていて シュタルケル先生やペーター・シュライヤーのリサイタルなどを聞いた記憶がありますが サントリーやカザルス、あるいは 紀尾井ができた今では あまりその名前を聞きません。少し勿体無い気もしますよ、2階席はかなりバランスいいですよ。 オーチャードよりマシ?

ミキーノくん近況

昨年秋の弦楽器フェア直前に完成し 出品されて 多くのプロフェッショナルプレイヤーの賞賛を浴びた 中村幹雄さん作のチェロですが 半年経ってずいぶん変わってきました。

忙しさにかまけて1週間くらい弾かないこともあったのですが 反省して 毎日バッハをこの楽器で練習する!と決めて 数日続いたら 楽器がすぐ鳴りだすようになりました。 倍音が低音域から高音域まで気持ちよく響いていて 美味しい新鮮なグレープジュースを飲んでいるような快感があります。

その後で もう一本のオールドチェロ(1790年のマントヴァ製です)を弾くと これはまたまた違う味わい。 弾き始めは倍音のバラつきに若干戸惑うのですが ほんの2、3分で なんとふくよかで 芳醇で濃い テイスト。 こっちは さながらヴィンテージワインです。この2本を楽しめるのは 本当にラッキーだし 実際に奏法の勉強にもなります。

昨日のリハーサルで ミキーノを使って通奏低音を弾いたのですが 気持ちよかったし 好評でした。ただひとつ言えるのは若い楽器は一生懸命弾かなきゃいけないので疲れます。古い楽器は自分の思った表情や音量、音色を ダイレクトに出せますが 若い楽器は自分で音を創るかんじでいろいろ工夫が必要です。 ロ短調ミサのような長丁場にはちょっとキツいかも。やはり体力勝負というわけでウォーキングは大事かな。 今週は忙しいわけじゃないんだが 雑事に終われて あまりウォーキングしてないんですよ。明日こそ !

危機一髪

昨日はバッハのロ短調ミサのリハーサルのために、クルマで出かけました。わりとスピードのでる橋の上で、ちょっと出し過ぎかなと思って、後ろを見たらまたまたパトカーが屋根の上を赤く点滅させて僕のほうに寄ってくるじゃないですか! 慌ててスピードダウンして 頼むよ、勘弁! と様子を伺ったら、パトカーは悔しそうに僕の横を通り過ぎていき、助かった!

それにしてもここのところ危機一髪が続いているなぁ、と思いながら リハーサル会場に到着したら もっと話がありました!
まずはヴィオラ弾きのマダム。渋谷の代々木公園付近にお住まい。僕が何気なく
「この前のスパの爆発、家から聞こえましたか?」なんて聞いたら、実はその前の週に問題のスパに行って会員になり、大変いい施設だったので爆発当日にも行こうとしていたのが、予定が入ってやめたんですって!
これは本当に危機一髪ですね。僕のスピード違反と一緒にしてはイケマセン。

さらに極めつけは今回のコンサートマスターのAさん(昨年秋にベートーベンの12番の弦楽四重奏をご一緒しました。写真を載せてあるのでワカル人はワカルと思います。)
彼は日本では栃木県の那須に拠点を構えているのです。古い農家を借りてスローライフをまさに地でいっているのですが、2月のある朝、朝ご飯を食べていると隣りの農家のオバサンが飛び込んできて
「センセェー! 先生の家が燃えているよ!」
本当に屋根から火が出ており、隣りの部屋に置いてあったヴァイオリンケースを掴んで慌てて外に駆け出したら、冬場で買いだめしてあった灯油に引火して家が大炎上! ご本人が言うには4秒後だったそうです。 まるでダイハード かなにかハリウッド映画のような光景ですね。ちなみに楽器はあの名器スト○○ と聞くとまさに危機一髪です。人も楽器も無事でよかった!
ご本人は「地震 雷 火事 親父 って言いますけど 本当に火事はコワいですよ」なんて 飄々とした感じで話してましたが。。。

事実は小説より奇なり とはまさにこのことですね。 みなさまも日々の暮らし、気をつけて過ごしましょう。 他人事に思っていると 僕のパソコンのようにエラいことになりますよ! チェリストミヤケはもともと勢いで物事を乗り切るタイプで 慎重さに欠けていますので いろいろ考えさせられました。

トラブル

数日前からパソコンの動きがちょっとオカシイとは思っていたんです。 でもまだ1年前くらいの機種だし、出たてで評判の芳しくないビスタでもなく、XPなんで あまりメインテナンスもしないでおいたのがダメでした。

一昨日、突然凍ってしまう事態に見舞われ、再起動したら なんとメールソフトが 行方不明になってしまったのです! オイオイ なんかの間違いかよと思ったけど 全然間違いでなく、今までのメールも連絡先も行方不明になってしまいました!

といった訳で これを読んだ関係者のみなさま! 哀れな私にメールを送ってください。この前書いた携帯電話の紛失と損害は同じくらいですね! あれを書いたときは自分の身にこんな災害が起きるとは思わなかったなぁ。

先日も東名の追い越し車線を140くらいでブンブン飛ばしてたら 後ろから不穏な白いクラウンが寄ってきて、ヤバいと思って 走行車線によけたら やっぱり覆面パトカー! 悔しい顔でこっちを横目で見ながら抜いていきました。
アブナイ! 捕まったらパソコンの故障と相まって大変な不幸になるとこでした。

携帯電話

知り合いの人から「携帯電話を紛失してしまったので、お手数ですが連絡先等教えてください。」というメールが来ました。 いやはや他人事ではありません。 僕の場合は奇跡的に何故かまだ紛失したことはないのですが、昨年水没してエラいことになりました。
水没にもいろいろなパターンがあり、友人のヴァイオリニストの場合は こじゃれたバーでカウンターでひとりで飲んでいたそうな。 いい雰囲気の店だったので携帯の着信音が鳴らないようにバイブにして、カウンターの一番高い場所に携帯電話を置いていたのですが、着信したのにすぐに気がつかなかったのが命とり。その間に携帯はバイブレーションで紙相撲の力士よろしく少しずつ移動し、ついにカウンターへ転げ落ち、なんとあろうことか、そこにあったワイングラスへ ダイブイン! 一巻の終わりだったそうです。 ほんまかいな!

僕の場合は、休日になぜだかトイレ掃除に勤しんでいたワタクシ。 トイレットペーパーの上の棚に携帯電話を置いていました。 隅々までキレイにブラシで掃除し終わったときに着信音が! 慌てて携帯電話を取ろうとしたら右手の甲にぶつかって ピカピカの便器にポッチャーン! 迷うことなく1秒後には 拾ってましたが ためしに 電源を切って入れ直したら 「シー£≠▼§∀∵‡ξ?」 とものすごい異音と共に 本体がアツーくなって 危険な雰囲気になったので 使用中止して 機種変更しました。
いったい誰が電話してきたんだか気になるところではありますが、まあなんといっても そんなところへ携帯を持ち込んだのが敗因ですね。

ipod との複合機がアメリカで大人気らしいですが、それより 完全防水の携帯電話が欲しいなぁ。あとは 電源が切れてても 僕が呼ぶと返事する機能があればなお素晴らしい!
ないよ!そんなん!

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »