フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« アイタタタ | トップページ | 今日は大阪 »

DVD

先週仙台フィルで仙台にいる間、わりと時間があったので駅前のTSUTAYAで見てないDVDを何本か借りてホテルでのんびり見ました。東京にいると、スタジオ録音も入ってきますし、何かと暇な時間がなくなるのですが、地方にいると空き時間は空き時間として、しっかり存在しており、一体普段の僕は何だってあんなに忙しく動きまわっているんだか不思議な気持ちになります。 忙しいのが好きなんですかねぇ。

さて話をDVDに戻すと、一番見たかったのは井筒和幸監督のパッチギ!の二作目でした。 昨年、東京フィルさんの仕事で録音したもので、当日、会場のパルテノン多摩に到着した途端、音楽の加藤和彦さんのマネージャーが僕のところに来て
「大事な場面でチェロのソロがありますので、よろしくお願いします。」なんてわざわざ言いにきて、ちょっとプレッシャーかかったのでした。
そもそもスタジオ録音の場合はチェロソロは後でダビングで録る場合もしばしばあり、気軽にやり直しができますが、ホール録音の場合はオーケストラがみんなシーンとして息をこらしている中で、たった1人でその日にその場でもらった楽譜を弾くという、ちょっとしたイジメのような状況です。おかげさまで一発OKでしたが、一体あのソロがどのシーンで使われているのか興味があってDVDを見ました。
前半の済州島でのシーンにくだんのソロは使われていましたので、興味のある方はご覧ください。スペシャルエディションのメイキングには僕がチラッと出てくるとも聞きましたが、それはまだ見ていません。
仙台から帰った夜は高校の同期会でしたが、そこでは友人のデザイナーに
「『大停電の夜に』」のDVD見たら、ミヤケの名前でたぞ」 と言われました。 なんかその題名の映画音楽を録音した記憶はあるけど、クレジットに名前でてるなんて珍しい、これも見なきゃ。

クレジットといえば、以前僕のチェロソロが流れていたCM、野村不動産の『プラウド』ですが、今年からピアノに変わって、小曽根真のクレジットが出るのです。僕の時はな〜んにもなかったのになあ。 こうして有名な人はより有名に、そうでない人はそのままという、いわば格差ができていくんですねぇ。 別に有名になりたくてやっているわけではないが、同じことをやってこの差は何だろね!

« アイタタタ | トップページ | 今日は大阪 »

コメント

見てる人は見てますよ。
聴いてる人は聴いてますよ。

またよろしくですーー。

いつのまにー、ブログってるんですね?!ホームページにメールしようと思ったのでですが更新されてないと思ったらこんなところですごい更新劇がくりひろげられて板のですねっ!PCからメールください。お願いします。

φ人、なんだか励まされて嬉しいな、感謝。
しばともさん、この前例のホールに遊びに行って、オーディオの聞き比べを、しばともさんのでやりましたとさ。この前PCのトラブルがあったので、メールアドレスあるかな? 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110518/9996105

この記事へのトラックバック一覧です: DVD:

« アイタタタ | トップページ | 今日は大阪 »