フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 冬に関するあれこれ | トップページ | チェロあれこれ »

いやいや おひさしぶり

 なんかリアルなカマキリの写真以降、ちっとも更新しなくてスミマセン。。。

おとといは東京芸術劇場でヘンデルのメサイアを弾いていました。ベートーヴェンの第9やチャイコフスキーのくるみ割り人形と並んで、クラシックの冬の「季節モノ」です。 有名なハレルヤコーラスをはじめとして、ヘンデル独特のダイナミックな世界で僕はとっても好きなんですが、ひとつだけ欠点があるんですよ。 演奏したことのある人ならすぐに分かるのですがなにせこの曲長いんです。。おとといもだいぶカットもしたのにかかわらず、午後7時からのコンサートで楽屋に戻ったのが午後10時まであと10分!(ややこしいなぁ、9時50分って言えばいいのに!)

東京芸術劇場(通称ゲイゲキ)には例によってクルマで出かけました。ゲイゲキにクルマで行くときは環6(山手通り)から、住宅街の中の一方通行の細い道を抜けていくといい具合に到着するのですが、今回行ってみてビックリ、大規模な都市計画で道を広げている途中でした。あれが完成したらずいぶん雰囲気変わるなぁ。とってもスッキリするけれど、池袋ってあのごちゃごちゃが特徴なのに・・ すこしさみしいかもしれません。 

この道で忘れられないのが、20年近く前、今は東フィルと合併して名前がなくなってしまった新星日本交響楽団にゲストの首席奏者で出演したスクールコンサートに出演したときのことです。いわゆる朝一番の音楽教室ですよ。 会場練習もなく、いきなり本番なんですが、その日の朝は家を出たときからなんだか全体的に混雑しており、チェリストミヤケの目論見とはだいぶ違って到着までの時間がだいぶギリギリになっていました。山手通りのこの住宅街の道に入ったときにすごくホッとしたんですよ。

『やれやれ、なんとか間に合った、ここまで来れば大丈夫!』

ところがどっこい、このこの細い道がなぜだか大渋滞!!本番まであと10分になってしまいました。距離としてはゲイゲキまであと数百メートルなんですが、ちっとも前に進みません。 当時は携帯電話もまだ普及しておらず、オケのマネージャーにも連絡が取れず、僕はクルマの中で着替えをして、いったいどうしたらいいの焦っていたらしばらくしてクルマが動いて、

『やった!』

僕は駐車場でクルマから飛び降りて楽屋口からホールまで走りました!

客席にはたくさんのお客さん、そして舞台の上には新星日本交響楽団のメンバーがもちろん揃っていました。僕がチェロを片手に入っていったのと、オーボエがチューニングのためのAの音を出したのが同時でした・・というかオーボエのSさんが僕を待っていてくれたかな? 本当に肝を冷しました。

都市計画で道が新しく太くなれば、そんな悲劇もなくなりますね。

ん?それよりちゃんと早めに家を出ましょうよ、ミヤケさん!! 

« 冬に関するあれこれ | トップページ | チェロあれこれ »

コメント

ご無沙汰しております。

2年前にジョン・ラターのレクイエムでお世話になったものです。
メサイアは、抜粋で2回、全曲を1回歌ったことがありますが、全曲はもう二度と歌いたくないと思っています(^^ゞ

この夏から秋にかけ、仕事が忙しくChambel Music,Anyone?も聴きに行けず、とても残念でした。
やっと落ち着きを取り戻し、今は来年6月のヨハネ受難曲に励んでおります。アマチュアでも体調管理はプロ並にしているつもりです。

三宅さんも、日毎に寒さ厳しくなる今日この頃、お体ご自愛下さい。

 ハーモニーさん。

この前のメサイアにはジョン・ラターのときのマエストロも聴きにきていて、楽屋裏でお会いしましたよ。

ヨハネ受難とは、大変ですね。でも素晴らしい曲!よい演奏になりますように。

僕は体調管理は、あまりですね。睡眠には気をつけるようにしてます。今年はインフルエンザの予防注射をしようか迷っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いやいや おひさしぶり:

« 冬に関するあれこれ | トップページ | チェロあれこれ »