フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 嬉しいね。 | トップページ | いやになっちゃうよ »

カバン

 あれ、このバッグは、NIKEのスポーツバッグじゃないですか。写真では良く見えないけれど、ん? NIKE GOLF って書いてあるね。 実はこのバッグはほんとはゴルフ用に買ったのですが、靴を底に入れる使い勝手がよくて、最近コンサートにもこれをもっていくのですよ、昨日なんかは、燕尾服を入れてね。コンサートホールの楽屋でカバンを開けると、チェロの弦のスペアとティーペグと、音楽のスコアとゴルフのスコアカード(うまい!!自画自賛。。)が混在していたりして、ほとんど僕の頭の中身の象徴のようです。

 昨日は、このカバンとチェロをさげて向かった先は神奈川県は横浜市にあるみなとみらいホール。先月に引き続き神奈川フィルの定期演奏会です。本来の首席チェロ奏者の山本裕康氏がなにをどこでしているのかは不明ですが、元気は元気のはずです。ちなみに彼のブログには僕のこの「チェリストの孤独」へのリンクが貼られたそうです。これはいかん、僕もはやく貼らないと。

 みなとみらいホールは、みなとみらい駅ができてアクセスも素晴らしくなりましたし、なんといっても音響が素晴らしい。昨日の指揮のヴェロも大変お気に入りの様子でした。僕自身も都内のどのホールと比べても負けない音だと思います。

 昨日のメインのベルリオーズの幻想交響曲は、彼のオーケストラを駆使した音の色彩感が非常に効果的なので、こういう響きが豊かなホールだとさらに、楽しみが広がります。ヴェロの十八番の幻想は、オケ全体がとても能動的に機能していて、とても高いレベルのコンサートだったと思います。個人的には3楽章のコールアングレのソロにうっとりしたあとのヴァイオリンとフルートのユニゾンの部分で、あまりの美しさにいつもヤラレます。鼻血こそ出ませんでしたが、大量の汗とすこし涙がこぼれそうになった夜でした。

 僕も一応、オーケストラに所属していたから分かるんですけれど、オーケストラの団員が『ああ、自分はこのオケにいてよかったな』と思えるような音楽会って一年に何回もないかもしれないのですよ。

僕は神奈川フィルさんのシュナイトの定期、ヴェロの定期、そして自分のリサイタル、山本ヒロヤス仕切りのチェロカルテット、とやり甲斐のあるコンサートが続き、つくづく幸せです。

 今月は、あとは「メサイア」や、池辺晋一郎さんのトークコンサートでちょろっと弾いたり、久しぶりに大阪フィルさんに行ったり、題名のない音楽会の収録、真鶴の檜ホールでのチェロ四重奏などが主な予定です。

 もちろんバッグの中身を燕尾服から違う服に、靴も黒靴から裏になにやらスパイクのついたものに入れ替えて、Sn3e0100 晩秋の自然観察にも出かけます。。。。

« 嬉しいね。 | トップページ | いやになっちゃうよ »

コメント

はじめまして。
昨日神奈川フィルの定期のあと、「きょうのチェロのトップの方は?」と尋ねお名前を知り、こうして早速コメントしている次第です。
ちょっとドキドキしています、そんなのが似合う年ではないのですが(^-^;

神奈川フィルは以前は年間会員でしたが、都合で今は年5回のフェイヴァリット会員です。

5月の、ブラームス3番&ヒンデミット以来でしたが、先月も登場されていたのですね。

シュナイトさんは素晴らしいのはわかっていても、テンポゆったりでちょっとじれったいよ、なんて…それが5月のブラームスではもう、涙で。
自分としては、あんなに豊かで心にしみるブラームスは初めてだったです。
シュナイトさんの素晴らしさに目覚めさせられたのと同時に、三宅さんの存在に気がついたのです。この方、何者?って。
その時、というか昨日までお名前すら存じ上げず失礼いたしました。。。

不思議なくらい呼吸が伝わってくるのです。
三宅さんの音だけが聞こえてくるわけではないけれど、音楽がこちらに伝わってくる。
シュナイトさんの音楽をきちんと受けとめながら、オケという大勢の中でご自分の音楽をしっかり表現しているに違いない、という勝手な見解でした。
あんなふうに音楽を伝えられたらどんなにいいだろう、と涙の原因はそこにもありました。

あれから半年弱、昨日は急用で開演に間に合わず。1曲目のあとに入るのは大変気が引けたのですが、座って目を上げた途端、ああ、あのチェリストさんいらっしゃる、来てよかったぁ!

山本さんに怒られますかね(汗
いえいえ、山本さんが素晴らしいチェリストでいらっしゃることは百も承知ですから!

神奈川フィルはいつもいい演奏を聴かせて下さり、オーケストラを聴くことは、私にとっては何よりの心の元気のもとであり癒しです。

昨夜も、幻想、本当に良かったです。オーケストラの醍醐味を堪能し、酔いました。心豊かに帰宅し、きょうもまだその興奮覚めやらず、です。

気がついたらこんなに長く・・・失礼しました。
今後の演奏、ご活躍、楽しみにしています!!!


 キリコママさん、書き込みありがとうございます。

 僕のこのゲストトップという仕事は、山本くんがプログラムノートに書いていたコメントが言いえて妙でした。
 『三宅さんの演奏するところはすべてアウェーなのである。』
 いろいろなオーケストラで一生懸命頑張っても、手ごたえが良く分からないし、結局外様なのです。 ですからキリコママさんのように僕のことを見つけてくれて、感想を教えてもらうと本当に嬉しいです。
 神奈川フィルは僕が大スキなオーケストラのひとつです。わりとおとなしめでなかなか火がつきにくいという特徴はありますが、いったん火がついたら本当に素晴らしい演奏をします。昨日はまさに神奈川フィルの真骨頂だったと思います。
 これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カバン:

« 嬉しいね。 | トップページ | いやになっちゃうよ »