フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

小田原

今日は小田原市民会館で神奈川フィルの本番です。 これから3月いっぱいは神奈川フィルべったりです。昨日チェロの団員さんと話した感じだと、3月はチェロセクションで僕が一番多くオケにのることになりそう??

指揮者は井上道義さん、気分よく仕事できる数少ない指揮者のひとりです。昨年の仙台フィル定期のオールシベリウスプログラムは本当にいいコンサートでした!
『ミヤケさん、元気ぃ?』と言ってきたので少し話しましたが、なんかスタイリッシュな井上さんなのにズボンがきつそうにしているのでからかったら、なんと25年前のやつなんだと!それをはけるのがスゴイ。ご存知のようにバレエを本格的にやった人なので身のこなしがやたらカッコイイです。


ところで『おくりびと』の続報ですが、フルカワのCDもアカデミー賞効果で売れているらしい。素晴らしい&ちょっと羨ましい。僕があの映画でちょっと気になるのは本木さんが弾いている写真のチェロが思いきりかなり小さめの子供用の分数サイズなんですよ。一瞬見ると本木さんが2メートル近い巨人に見えます。あるいは大人が無理矢理補助なし自転車に乗っているかのようなちょっとイタい感じ。映画の中ではきっと普通のフルサイズだと思うけど、スタイリストの人とか写真家が考えたんだろうけど、アカデミー賞の作品としてはちゃちな感じがして残念です。チェロを弾く人以外は気づかないんだろうけどさ。

いい感じ

 一昨日、チェロの駒と魂柱が出来上がって、セットされて僕の手元に戻ってきました。それにしても魂柱ってすごいネーミング。。『こんちゅう』って読むんですけれど、すごい漢字ですよ、魂の柱ですよ。。確かにもし1ミリ動いたら大騒ぎなくらい音に関係ある大事な部品ですけれどね。ちなみに英語だと『サウンドポスト』です、なんだかわかりやすいけれど、覚悟が足りない雰囲気ですよね。さらに補足すると駒は『ブリッジ』です。

Sn3e0138_2 左側が駒、右が魂柱です。駒は弦のかかる場所ですからなんとなく皆さんもわかると思いますが、魂柱は楽器の内部につっかえ棒状態で立っているものですから、なかなか見る事ないですよ!この写真のは今までついていたものです。まだまだ使えるものですが、今回いろいろ材質を含めて新しい試みをしたかったので、交換してみました。

 マエストロ中村のいうことが面白かったです。

『最初、新しい駒と魂柱をつけたら、まったく鳴らなくなっちゃったんですよ、失敗したかなと思って1時間ほど置いといたら、鳴り始めました。。』 普通つけた直後が一番気持ちがいいくらい鳴るのですが、さすが1790年製のつわもの楽器! 一筋縄ではいきません。しばらく様子をみてたんですかね? 以前にもまして裏板からの太い鳴り方に変わり、野太い音になりました。かといってそれが無理やりに調整でそういう音に作り上げたわけではなく、僕の楽器本来の音がでてきた感じで、とても気に入りました。これで弾き込んでいけば、かなり楽しみな気がします。

 愛車ボルボも修理から戻ってきました。運転席のシートの問題があり、無償で椅子の座面を張りなおしてくれましたが、なんだか新車気分です。シートの張りが心地いいです。単純人間ミヤケは車に乗り込んで座っただけで幸せな気分になります。人間が小さいですよね、こんなことで気分がよくなるなんて。 でも僕は思うんですけれど、日常の何気ないことに喜びを見つけたりするのって大げさにいうと人生のコツみたいな気がします。 玄関から外に出たらきれいな青空が見えてなんだかワクワクしたり、いつもより600円高いランチを食べてみたら、すごくおいしいくてゆったりした気分になったり、オープンテラスのコーヒーショップでお気に入りの本に素敵なカバーをかけて読んだり、そんなささやかなことがその人の大事な部分にも影響してくるんじゃないかな。

 チェロもボルボもちょっと新しくなって、春にむけて頑張ろう!という張り切りモードのチェリストミヤケ。

そうそう、ゴルフクラブも新しいスリクソンのアイアンがとても美しく、難しく、練習に励んでます。    えっ?それさえ言わなきゃいいハナシだったのに台無し??

 

映画のことなど

 アカデミー賞で邦画『おくりびと』が賞をとったいうニュースで昨日から持ちきりですね。最近明るい話題が少ないので、ちょっとホッとしますね。このブログでも書いたように映画の中でチェロを弾いているのは古川くんですが、この受賞によって巨万の富が転がり込んで、、、は来ないですね。映画の録音は買取といって基本的に弾いたときのギャラでおしまいです。DVD化されたりしたときにもらえることも稀。。日本の音楽家はまだまだ権利が弱いです。

 カンヌで何年か前に賞をとった『誰も知らない』という映画で僕もちょっと弾いていますが、それによってなにかよかったということはなにもないなぁ。

 みなさんは映画とかよく見ますか?僕は最近あんまり見ないなぁ。今はチェゲバラのものを二本とも観たいとは思っていますが。。基本的にハリウッド映画とかは子どもの頃は好きでしたが、今は避けたいですね。 

 みなさんのおすすめの映画とかあったらまた教えてください。僕は『バベットの晩餐会』という映画がとても好きです。ハリウッド映画とは対照的に動きの少ない映画ですが、じんわりホッコリしますよ、なにかの機会にどうぞ!

 明日は僕のチェロがパワーアップして帰ってくる日です。早く弾いてみたいものです。

 

ちょっと寒いですね!

お正月元旦に変な動画のリンクを載せたのを覚えてますか? あのハチャメチャ少年の他の動画を発見したのでお知らせします。
今度はチェロではなく、歌とピアノなんです。。こいつアホや。
http://www.youtube.com/watch?v=LR4t-34_f38

 愛車のスウェーデン車がシートの故障とタイミングベルト交換で入院中です。ディーラーでセールスの人と四方山話をしましたが、今はどこも大変だけど先月よりは良くなってきました、と
言ってました。 気の毒になって&新しいワゴンも気になっていて、一瞬食指が動きましたが、ここはもちろん我慢!
 先週から、携帯にゴルフの連絡の多いこと!それもそのはず、恒例春の仙台フィルVS群馬交響楽団のゴルフコンペが近づいているんです。まったく音楽家たちはなにを考えているんでしょうか!
 群響は元古巣だし、仙台フィルは一昨年から昨年にかけて一年客演首席で結構べったり通っていたので、どちらのメンバーもよく知っている人ばかりです。基本的には僕はもちろん群馬チームなんですが、今年は人数の関係で仙台チームになるかも?ま、どっちでもいいんですけど。
 泊まりこみ2ラウンドということで、4月の話しなのに今からみんな張り切っているわけです。3月は僕は神奈川フィルさんべったりであまりゴルフができないので、ちょっと不安?ですが。。なんか真剣でしょ?




 バナナ少年笑えないよ、チェリストミヤケもかなり漫画チックです。

大阪沈没

 なんや!この縁起でもないタイトル!!怒られそうですが、違うんですよ、大阪が沈没すrんでなく、チェリストが大阪日帰りのはずが、誘惑に負けて友人チェリストの家に沈没したというお粗末でしたとさ。ちゃんちゃん。

 この友人チェリスト、日本風のお城のような家に住んでました。(『近所のヤ○ザの親分の家に似ている』って思わず言ったらコケてました。) あの守りなら、鉄砲玉対策もバッチリ。

 本番のあとにたまたまそんなことになってしまいましたが、彼のつくるツマミの旨さも手伝い、ビールや焼酎を飲んで話してたらあっという間にあやうく日の出前の時間になってしまいました。旧友に会うのは楽しく、いいものです。お昼は大阪グルメの真骨頂お好み焼き&たこ焼きを満喫して、納得して大阪を後にしました。とはいっても再来週また行くんですけど。。

 今週のお楽しみは、僕のチェロの駒と魂柱(楽器の内部に立っているものです)を交換すること。天才中村幹雄氏にずっと頼んでいたのですが、「今のでいいじゃないですかぁ」ってなかなか実現せず、5年!!かかってようやく彼が重い腰をあげてくれました。5年ですよ、5年!いったいその間にゴルフクラブ何本買い換えたことか、フォーティーンでしょ、ミズノでしょ、キャロウェイ、ナイキ。。。あっゴルフの話じゃなかったよ。

こんな感じの日々

 ちょっと更新をしないとアクセスの数、落ちますねぇ!まあ当たり前っちゃぁ当たり前ですね。ばたばたしているとすぐに日にちが経ちます。最近の僕の日常。。

 ①携帯電話が愛車のボルボ内で行方不明になって往生! ワイヤレスのイヤフォンのスイッチをONにしてみたら接続したので車内のどこかにあるのは間違いないのにどうしても見つからず大苦戦。シートの下からトランク、ダッシュボード、いろいろ探した挙句、車内のクリーニングのワイシャツの山の中から救出。なぜそんなところに??

 ②年末にゴルのアイアンセットを買い替えたのに、どうしてもなじめないんですよ。ついつい近所の中古ショップに通って早くも買い替えを画策中!腕を上げるのが先だろ!

 ③毎日膨大な小曲を弾きながら、CDの選曲にアタマを悩ませてます。CD3枚はだせるくらいの候補曲があって困ったもんだ。。おまけにチェロのエンドピン2本をひきくらべたりしてるからあっという間に時間が経ちます。

 ④このブログをフリープランから有料のプランに移行させるのはどうしたらいいか?に苦しんだり、OUTLOOKがオバカになってしまって役に立たないので、なにか他にいいメールソフトがないか検討したり、パソコンに振り回されてます。基礎がない、わかってないってツライことですよ、まったく。

 ⑤前にこのブログでも書いたスパイダーソリティアの上級をついにクリア!達成感とともにややバーンアウト気味で目標を失い、ひさしぶりにDSの脳トレをまたはじめました。脳年齢24才になってこれももうこれ以上やってもな。。

 ⑥来週の神奈川フィルの仕事でボーイングをつけて、今日には事務局に送り返さないといけないんだけれどなんか億劫でいかんよ。 これが交響曲とかだったら勉強になるし一生懸命やるんだけれど『篤姫』じゃぁモチベーションが、、あ!いけない、事務局のYさんほこのブログの愛読者でした。今日送りますからね!以上事務連絡でした。

 ⑦山本ヒロヤス、渡邊タツキ、古川ノブオとのチェロカルテットの公演がほぼ決まり、その練習スケジュールの調整が大変! といってもボクがやってるわけじゃないけれど。。

 ⑧明日は大阪の吹田のメイシアターでソロコンサート。。諸事情で日帰り!行きたい店たくさんあるのになぁ。。。。

ひょんなことから

 昨日は真鶴の檜ホールで打ち合わせがあり、朝から国道138号線をドライブ。春の海はなんだかおぼろげで、光がとても美しいので大好きです。ここで写真でも載せればいいんですが、なにせ運転してましたし、あの光は携帯にくっついているカメラじゃ撮れません。すこしいいカメラ買おうかな。。先週新聞広告ではいっていたジャパネットたかたのチラシが気になっていて、ずっととってあるんですよ。なにせ新聞二紙とってると広告も二枚くるんですよ、関係ないか。。 一眼レフのデジタルカメラのセット、、ほしい。。。でもその前に家の外壁を掃除するのにケルヒャーの高水圧ポンプでも買った方がいいんだよね。これふたつ買ったら送料安くならないかな。Sn3e0135

 この戦後最悪の不景気に物欲を燃やす困ったチェリストミヤケ。。でも知り合いのクルマヤさんが言ってました。『今は気分的に我慢してるけど、来年には我慢できなくなってみんなクルマ買うと思うよ。』 そんな気がするな、日本の経済のために頑張って今こそ消費ダ!

 えっとなんの話し? そうそうとにかくいい気分でドライブして檜ホールに着きましたとさ。今度の4月にやるコンサートの打ち合わせで、ソリストのヴァイオリンの沼田園子さんをホールのオーナーに紹介して、和やかに。。 このホールは国産檜100パーセントで建てられており、今も敷地の中にたくさんの檜の切り出したものがたくさんあり、棟梁が常駐してます。大工仕事を見学したあと、沼田さんが先に帰られるのでお土産にその場で檜のまな板を作ってもらいました。なんとも見事な手際のよさに惚れ惚れしました。職人技はすごいわ。 僕があんまり感心していたら、ホールのオーナーのお坊さんの尖さんが、

『せっかくこんなに材料があるんだから、三宅さんのうちもなんか檜で作ればいいんだよ』 と言い出しました。 このチャンスは逃さないと

『えっ!本当ですか?今、レッスン室に本棚作りたいのと、あとお隣との境界のフェンス、、、、』

1時間後に100キロ離れた我が家の地下室で棟梁とお坊さんが寸法を計ってああでもないこうでもない、と話し合ってました。なんという話の展開の早さ!! ただただ棟梁と僕とお坊さんのノリのよさです。よく考えたらお坊さんは来なくても大丈夫だった??そっか、僕のうちに来たかったんですね、ナイスです。

僕も手伝ってメジャーとか持ったりしてましたが、僕も棟梁もお坊さんもピアノのチェも揃いも揃ってテキトウなので可笑しくなりました。いったいどんなものができるのか? とはいえ立派なホールを建てちゃった一流の棟梁なんでスゴイものができちゃうんだろうな。とても楽しみです。一抹の不安はちゃんとお金の相談してないんだけれど。。。 檜の本棚ふたつ頼んじゃったよ。。。。 

ミヤケ怒る

 先週から我が家は物好きにも新聞を1紙増やして、朝日と毎日両方読んでます。読売もとればいいようなもんですが、まあそこまでは読めないもんで。。 でも新聞によってずいぶん違うものでとても面白いです。Sn3e0134

 今日の村上春樹のイスラエルの文学賞でのコメントはすごかったですね。僕は隠れ村上ファンとして本当に彼の発言に100パーセント賛同するとともに、これで世界の日本人に対する認識が変わるな、と思いました。曖昧にしてニコニコ笑っていないで、ちゃんとまともな意見を理性と感情のバランスをきちんととって発信したのは、彼が日本人では初めてかもしれません。それにしてもイスラエルの首相の横に座って、ガザ攻撃を批判するなんて命がけですよ。やろうと思ってもなかなかできないこと、僕が同じ立場におかれるような奇跡的状況があったとして、あれほど明確にメッセージをだせるかどうか。。僕は彼を尊敬します。

 毎日新聞はこのトピックスを一面で扱っていました。朝日は社会面でしたが丁寧な記事でした。民放テレビ各局も村上春樹氏の受賞演説の模様をオンエアしており、僕は7時からのNHKニュースでどういう扱いをするか注目して見ていました。30分のニュース枠でなかなか、この話題は現れず、そろそろかと思ったらなんとスポーツニュースでWBCがどうのという話題になってしまいました!NHKはこの国際的に見ても第一級のニュースを無視したんです。。。。 政治的すぎるから?? 海賊船にたいする武力行使なんてちょっと考えたら、実際は海外派兵への糸口をつかむためのくだらない動きを大きくとりあげるかわりにこんなに意義のある村上春樹氏の行動を無視するとはいったい、この巨大メディアはなにを狙っているんだ。。。

 みなさん、ニュースをよく読みましょう。下手するとこの国の政府にみんなめちゃくちゃにされますよ。コイズミが地方を殺して、麻生が日本経済を殺して、これからもっとひどいことになる可能性がありますよ、もっと政治に関心を持ちましょう!

   今日から村上春樹氏に敬意を表して、ひさしぶりに『海辺のカフカ』でも読みます。

楽日でした!

 昨日はマリア・ド・ショコラ。。。ん? 違うなぁ、ショコラ・ド・マリアカラスだった! の最後の公演でしたよ。 全部で3回のコンサートでしたが、リハーサル期間が長かったこともあり、すごく回数をやった気がします。出演者、スタッフ、お客さん、すべてに恵まれたなぁ。浅倉大介さん、ピアノの中島剛さん、ともに初めての共演でしたが、お互いに影響しあって、いい波動が生まれたように思いました。演出の山下さんから得たアイディアもありがたかったなぁ。演技の間合いはとても演奏に通じているものがあると、かねてから思ってましたが、それを再確認しました。そしてなんといっても柴田さんの頑張りには敬服。。。。 そして僕のダンス&歌は? 一生懸命やりましたが、最後に退場のときにこけたのが一番ウケテました。

Sn3e0130

 正直ちょっと疲れました。。ちょっと小休止したいのは山々ですが、そうもいかず、今日は朝から来週の日曜に大阪で弾くコンサートのレパートリーを練習してました。 ファリャの曲を久しぶりに弾くので、たまには人の演奏でも聴くかと思って、昔のフランスの巨匠ナヴァラの録音を聞いてガーンとショックを受けて焦りました。

 うわっ!なんなんだ、この野太い音!癖の強い音で好き嫌いがある音ですが、うーん現代でこの音をだせるチェリストが世界中探しているだろうか?? 技術は一昔前にくらべて格段に進歩しているのは間違いないところですが、果たして人のこころを揺さぶるのはどっちなんだ??

 いい音で勝負してるチェリストミヤケ、そんじょそこらの音には負けない!とか自負していたのですが、レベルが違うよ、もっと目標をあげなきゃ。白寿ホールで気持ちよく弾いて、ちょっと浮かれていた気分が飛びました。あの音は人間力の音だなぁ。

 人間力、チェリストミヤケはあるんだろうか?自然に笑いをとる力はあるらしい。。一昨日のゴルフで池のふちにボールがいってしまい、石川遼くんのイメージでパンツのすそをめくりあげて大張り切りでスイングしたものの、ボールは1センチも動かずアタマから水をかぶってびしょびしょになり、みんな大笑いしてました。。

 

CD曲目途中経過です。

 みなさんにいきなり投げかけた『CDの曲目』リクエスト。僕が思っていたよりたくさんの反応があって嬉しい限りですよ!2月いっぱいくらいはいろいろ悩もうと思っていますので、なにかヒラメイテしまった方はコメントくださいね。

 ブログのよくない面がクローズアップされることが最近多いですが、僕はとてもポジティブですよ。ボチボチではありますが、最初に「チェリストの孤独」から始まり、実際に僕のチェロを聴きにコンサート会場に足を運んでくださる方も増えてきました。これってスゴイことですよ。 また、その逆にたまたま僕のチェロを聴いて

『あのチェリストはいったい誰?』 と興味をもってこのブログに来てくださる方がいらっしゃるのも演奏家冥利につきます。 これからもう少しこのブログ、発展していきたいと思いますので、よろしくお願いします!

 ところで、たまにコメントが届かないといったトラブルがあるようですが、僕サイドで意図的にみなさんのコメントを選別したりはしていないので、できればそういう時はもう一度チャレンジしてみてください。 NIFTYの問題かもしれないので僕も詳しい人に聞いてみてトラブルの原因を探ってみたいとは思いますが、なにせパソコンに詳しいとは言いがたい勘で生きる男ですので、どこまでわかるか??  

 いずれにせよ、とてもいいコメントをいただいて勉強にも励みにもなっていますので、よろしくお願いします。 なんだか今日は議員候補みたいなことになってます。。清き一

 さてさてお題のCD曲ですが、みなさんの意見を聞きながら具体的な選曲もさることながら、アルバムのコンセプトが見えてきました。今回つくるべきは マイアンコールセレクションのような気がします。 そんなわけでバッハの1番はプレリュードとあと1曲くらいにして、古今東西からよい曲を集めようということにフォーカスしようと思います。

 教えていただいた曲でまだ楽譜や音源がないものもあって、今から探しますが、なんだか楽しみになってきました! レコード会社は前作と同じ若林工房というマイナーレーベルですが、ここのスタッフは元コロムビアでDENONレーベルの制作の中心を担ってきたエライ人たちなので安心してお任せしたいと思っています。

 なんだかマジメに書いているチェリストの足元を見ると、おっ!こ、これはナンダ!芝刈りセットじゃないですか? 明日、ゴルフに行くので、忘れ物がないように今から準備してるわけです。最近の大ボケの反省がここに生かされてるわけです、エヘン。(仕事に生かせ、仕事に!!) いやいやこの前行ったときは、7番アイアンちゅう一番よくつかうクラブを忘れて大変だったんですよ、実は。。。。 でもスコアはいつもと変わらなかった?? いったいチェリストミヤケのゴルフの実力って????Sn3e0128

日々いろいろ起きてます。

 いちいち数えているとキリがないのですが、よく考えてみると毎日ちょっと変なことが起きてます。いやいや、変なことって言ったところで、たいしたことではないのですが、ちょっとチェリストさん、考えたほうがいいです。

 この前のショコラ・ド・カラスのコンサート、本番10分前に燕尾服に着替えてさあいよいよ!と思ったら、なんと。。。。本番の黒い靴がないんですよ! しまった!自宅に忘れちゃったよ!私服の靴はスニーカーだ、冷や汗タラーッ。 そこでパッとアタマに電気がつきました。「もしかしたら、クルマのトランクの中に非常用に黒靴を入れておいたような気がする!!」 

次に考えたこと、

「だけどクルマのあるところまでいくにはこの白寿ホールはお客さんのいるロビーをとおっていかなきゃいけないぞ?燕尾服で??」 

すぐに舞台裏にいた演出の山下さんを拝み倒してトレンチコートを羽織ってロビーを風のように走り去りました。 そして五分五分の確率で黒靴が入っているはずだと思いながら、トランクを開けてみると おお!すばらしい!黒靴さまがいらっしゃいました。 俺ってなんて用意周到!って思いながらニコニコして楽屋に戻ってきましたが、よく考えると全然間違ってます。本来持ってきたかった黒のエナメルシューズを忘れた時点で用意周到でもなんでもありゃしない。。。

 今日は今日で、会田桃子さんというタンゴ系の素晴らしいヴァイオリニストのレコーディングだったんですよ。 彼女が数年前に僕をイメージして書いてくれたというピアノトリオのタンゴの曲を録音する予定で、先週にリハーサルも終えて用意バッチリのはずが、家をでて15分くらいしたところで「アッ!が、がくふ!」  家のレッスン室の譜面台の上に置いてきちゃった!! 可愛い小鳥が届けてくれたら本当にいいんだけれど、そんなに現実は甘くなく、トホホの気分でバック トゥ ホーム 。 あんたいいかげんにしなはれ。

 一昨日は前のふたつよりは軽いハナシですが、出かける前にシャワーをして服を着て、シャンプーして濡れた髪をドライヤーで乾かそうとしたら、「あっ! リンスを流してない!」

 また服を脱いでシャワーを浴びたのでした。。僕の行くところ、騒ぎの予感がいっぱいです。明日からちゃんとした人間になろうぜ、ミヤケチャン!

春かな?

 まだまだ寒いとはいいながら、陽射しがようやく柔らかく春めいてきましたね。チェリストは誰がなんと言おうと暖かいほうがカラダに合っているので、嬉しい限りです。

 クルマを運転していると、窓を開けたくなるくらいに太陽が暖かさを運んでくれて、よーしそろそろ頑張るかなという気分になります。立春というのなかなか巧妙な時期に設定?されてますね。

 昨年、大阪のアーティストの方にいただいた『忘れものですよ!』というタイトルの絵があったじゃないですか? チェリストが楽譜を忘れて、小鳥が口にくわえて運んできてくれるというメルヘンの世界。。(本当にあったらいいな) 友人の額縁やさんにフレームをオーダーしてかっこよくしてもらいました。Sn3e0127 よく見るとわかるんですが、絵の周りのマットの色とかがうまいですよね。中学のときの同級生なんですが、こんなことができるとはねぇ! しかもすごく勉強してくれんですよ、お値段! この絵がハガキ大のものということもありますが、たぶんみなさんの思っている価格の半値以下ですよ5000円?いやいやその半額以下です! 安くないですか?オーダーの一点ものですよ! もちろんたまたま半端な材料を使ったとか、同級生割引とかあるのかもしれないけれど、素晴らしいよね!

 なんだか嬉しくなったのでお店の宣伝しちゃいましょう。場所は町田市の鶴川駅からバスでちょっと行ったところです。みなさんは白州次郎の名前はご存知だと思います。彼が30半ばで移り住んだ武相荘という住宅が記念館になって、休日ともなると観光バスがやってくるようなちょっとした名所になっていますが、そこのすぐそばです。

グラフィックギャラリージャパン株式会社 042-735-7988

 秋の展覧会シーズンになるとさすがに忙しいみたいですが、それ以外だと納期も早いし、親切にしてくれると思いますよ。

 ついでに他にも僕の中学の同級生たちのお店を紹介しちゃいましょう。

 メンズの古着さんのFORTUNE 高円寺南2-22-13 僕もこの前遊びに行ってリーバイスの501を買いました。ゴロっとした感じの店長が同級生です。

 焼き鳥 市屋 http://r.gnavi.co.jp/g734200/ 神田の駅からすぐのところにあります。これまた同級生が経営している店です。おしゃれな雰囲気の焼き鳥ですよ。

 

 あれれ、こんなことやっていたら、もう出かける時間だよ!柴田さん、ごめん!!

疲れたときには

 やっぱりマッサージでしょ!昨日の夜にいつも来てもらう方に揉んでもらって幸せだったチェリスト。今年は時間がなんだかなくて、昨夜が最初のマッサージでした。変な凝りかたしていたらしいですよ、そりゃそうだ、ダンスに歌だもの。。

Img_2494 写真は僕たちの楽屋ナゴミphpto. 中島さんたら鼻にくっついているのはアブラ取り紙??すごいイケメンなのに思い切り三枚目路線で笑えます。 まあ人のことは言えないよな、僕はイケメンではないけど路線は一緒のチームです。チェロだけ黙って弾いて、しゃべらなきゃいいのにってよく言われますよ。 高校時代にお笑い番組『笑っている場合ですよ』(笑っていいともの前の番組です)の誰でものど自慢コーナーにいきなり出演して、優勝してしまった経歴を持ち、いたずらばかりしてきたもんですから、こんな奴になっちゃいました。。

僕がすわっているのは白寿ホールのご自慢のヘルストロンという健康器具の椅子です。なんか電気が出て身体にいいらしいですよ。浅倉さんがすっかり興味をもって説明をうけたらしいですが、お値段がover100万!ちょっと手が出ないし、そもそも電気や電磁波がちょっとこわい僕は電源もいれませんでした。その場合はただのイスです。 よーく見ると僕アタマの上になにやら天使の輪みたいな部分があるので、たぶんあそこから電気がでるんでしょうか?今度の日曜日にスイッチ入れてみようかな??なんだか惹かれるものを感じてしまった方はhttp://www.hakuju.co.jp/ を参照してください。

柴田智子さん初日

 昨日はソプラノ歌手の柴田智子さんのコンサートの初日でした。場所は渋谷の白寿ホール、できて数年たちますが実は僕はご縁がなくてはじめて弾きました。 友人のチェリストたちが、好んで使っているのでたぶん弦楽器にいい響きなんだろうなぁと思って出かけましたが、うんなるほど、やわらかい響きで弾きやすいです。ただ昨日は満席だったのでリハーサルのときと本番ではずいぶん音響が変わってしまったのはいたしかたないところです。

 昨日は『ショコラ・ド・マリアカラス』というタイトルで不世出の名ソプラノ歌手、マリア・カラスの人生に焦点をあてて、音楽にお芝居やダンス?もまじえての、お客さんには楽しく、演奏家にはいささか負担の大きい舞台でした。

 僕はピアノの中島剛さんと一緒の楽屋でしたが、本番前、彼は膨大な量のセリフでアタマがいっぱい、僕は短い歌詞をすっとばさないように必死といった具合で音楽までなかなか神経が届かない状況でした。もちろん事前にずいぶん稽古したので音楽はたぶん大丈夫ということもあったんですけどね。

 Sn3e0126 写真は本番後の出演者全員の集合写真です。後列左がピアノの中島剛さん、まんなかが柴田智子さん、右が浅倉大介さん。日本のポップスシーンの大物ですが偉ぶることがなく素晴らしい方です。このブログの読者の方々であまり馴染みのない方もいらっしゃるかもしれないのでご参考までにhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%85%E5%80%89%E5%A4%A7%E4%BB%8B

そして前がチェリストミヤケです。なんで偉そうに前にすわってるかって?いやぁもちろん僕だってちゃんとわかっていて、最初は後ろにいて柴田さんが前に座っていたのに、一枚撮った写真を見て柴田さんが

「あっ、ミヤケさん、後ろにいると痩せて見える!わたしと替わって!』と言ってむりやり前に座らせられました。なんのこっちゃ。こうしてみるとなんか僕、昔薬局の前によくあった緑のカエルみたい。首がボヨヨーンてなるやつ。

なんだかみんな黒い服でユニットみたいですね。あと二日公演があるので、よりいいものを創っていきたいです。

 ところでCDの曲目募集、思ったより反響があって嬉しいです。でもとても全部は弾けないので考えないとなぁ。。

本邦初?(たぶん)

 なんのことやらわからん!のタイトルですね。花粉症のはしりで調子が悪いのか、インフルエンザの高熱でアタマがボーっとしてワケ分からなくなっているのか、はたまた浅間山の火山灰がなにかチェリストミヤケの潜在意識に働きかけているのか?? チガイマース!(なんでカタカナ?なんで太字?)

 それでは発表しましょう。それではドラムのロールスッタァトォ! ジャラジャラジャラジャラジャラジャラジャラ カッシャーン! 

 「1等2億円は 42組の○○○。。。」 そうじゃなくて! (今日はひとりぼけつっこみが多くて疲れるな)

 チェリストミヤケはちょっとみなさんに募集してみたいと突然思いついたのです。実はコメント欄にちらと書いたのですが、今年の前半に新しいソロアルバムを録音するのですが、その曲目についてみなさんのご意見を聞きたいのです。これって新しいでしょっ?本邦初かもしれないでしょ?

 今回は基本的には小曲集の方向で考えているのですが、いったいみなさんは何が聴きたいのかなぁと思ってしまったのですヨ、ワタクシ。 今なんとなく僕のアタマの中に漠然とあるのは、

ポッパーの「村の歌」「ハンガリアンラプソディ」

山田耕筰「からたちの花」

「バッハの無伴奏の1番」

サンサーンス「サムソンとデリラ」

「ボッケリーニのソナタ」

カザルス「鳥のうた」

イサンユン 「ノレ」

ブロッホ 「祈り」

ガーシュウィン Someone is watching over me

黒人霊歌のなにか

ほんとはバーンスタインのなにかもやりたいけれど、彼の遺族がわりと面倒な人たちだからちょっと無理かな?

コンセプトは実はあまりないのですが、ポピュラーなものの中にチラッと僕のオリジナリティを出したいという、まあ何か中途半端な感じではあります。(でも大手広告代理店のいろいろな企画書っていったって、突き詰めたらこの程度のことでしょ?ってよく思います。)

『このリストの中のこれがいいっ!』でもいいですし、『あの曲弾いて』でもいいので、思っていること教えてください。コメント欄でもいいですし、メールで miyakevc@nifty.com に、こっそり書いてくれてもいいです。

 なにしろこのブログのお客さまはみんなとてもいい人たちなので、こんな無謀なこともやってみようかなと思い立ちました。みなさんの意見はちゃんとすべて真剣に検討して参考にします。 できれば『あの曲はミヤケは下手そうだからやめなさい』 みたいなのはないと助かります。

Sn3e0125

 写真は??今年で50周年の東京タワー。 目の前に録音スタジオがあって、今日お仕事で行ってきました。N○Kの番組の音楽で歴史がどうとか、そういう類のBGMでした。

それではみなさん、よろしく!

コンサートを聴きに

 昨日は桐朋学園時代からのヴァイオリンの友人、森下幸路のリサイタルを聴きに東京文化会館まで出かけました。途中、東京オペラシティの前の交差点で信号待ちのときに、なんとなく携帯カメラでパチリと一枚。 Sn3e0121

 すごい風景ですよね、僕は都会には住めないなぁ、住もうと思ってもグランドピアノとチェロが好きなときに弾けて、室内楽が練習できる広さの家なんてとても都内には買えません!僕の家も名前は一応東京都ですが、実質神奈川県です。多摩川の西は全部神奈川県にすれば本当に分かりやすいですよ。 なんでも東京都が水源の関係で町田市を無理やり東京都にしたって聞いたことがあります。本当かな?

 さてさて、コンサート会場にギリギリになって到着すると、嬉しいことにたくさんのお客さんです。僕ら音楽家は人の音楽会とはいえ、客席の埋まり具合が気になります。これだけ入るのは珍しいですよ。ビジュアル系の若いお姉さんならともかく、僕と同級生のオジサンですから、なんだか幸せな気分に。。。自分の音楽会ではないのですがついつい感情移入が。。

 森下というヴァイオリニストは、日本人では珍しいくらい自分で信じるものが強く前面に出てくる音楽家です。若いうちはそのアクがさらに不器用に強く、僕はよく衝突したものです。でもその信じる凛とした感じはちょっと憧れでもあったなぁ。 僕は今はなんだかわが道を行くヒトになってしまいましたが、学生時代は周囲を気にするタイプでした。 自分のことはさておき、森下はその音楽と、イタリアはヴェネチア製の名器を使って奏でる美音でファンがたくさんいます。 

 昨日のコンサートはピアノがやはり僕の同級生で、森下と婚姻関係にある、平たくいえば奥さんの川畑陽子さん。 この人はスレンダーで知的な美人なんですがピアノもすごく上手。前半の小曲の数々は完全に彼女のワールドで、一曲一曲の世界観の違いがぞっとするくらいよく出ていて、ビックリしました。 小曲って短いから楽に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、逆に短い間にすべてを出すのは大変です。昨日の彼女は本当に素晴らしかったですね。

 休憩中にロビーでいろいろな人に遭遇しました。15年ぶりに会ったお医者さん。この人は本当にプロフェッショナルのチェリストに楽々なれる才能と実力の持ち主なんですが、そんなアホな選択はせずに医学の世界で活躍しています。 音楽家以外につぶしがきかないチェリストミヤケはどうしたもんでしょう?まあ好きでやってるんですけど。。。『ブログ読んでますよ』と言われてドキッ!最近よく言われるのですよ、このコトバ。そんなたいしたこと書いてないというより、ぶっちゃけバナシの連続なんで、自分の程度を世間様に広めているだけのこの文章。反省しきりです。 でもマジメに書いたところで面白くないしね。僕だって書こうとおもえばできるんですよ、マジメな文章。 

 『ロビーで後ろから声をかけてきたのは仙台フィルハーモニーのヴァイオリン奏者M女史と読響の管楽器奏者T氏。前半の演奏について感想を述べ合う。ピアノの形式感の素晴らしさについては一同諸手をあげての絶賛。当夜の主人公である森下氏の存在がかすむほどである。後半のブラームスのソナタにむけて期待を胸に抱きながら、また客席へ戻っていったのであった』  うぁーッ!シンドイし、つまらなすぎるよ。こんなん書くくらいなら、ブログやめます。

 さてさて気をとりなおして後半のシューマンの5つの民謡とブラームスのソナタ第2番の感想です。森下は気合十分でお客さんを魅了してましたよ。人の演奏会を聴くのは本当に勉強になります。ミヤケも冬篭りしてないで、そろそろエンジン全開しないと!!

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »