フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« なんか変。 | トップページ | ガーン。。。 »

いいオペラでした

 Sn3e0159

昨日で、神奈川フィルの「トゥーランドッド」も終了! 今日の天気ともあいまってすがすがしい気持ちです。 晴れていてちょっと風は冷たいけれどそこがまた凛とした感じで、いいなぁ。

 最近はこのブログ、音楽関係者の読み手も増えてきて、いったいどこらへんにフォーカスしていいのか、ちょっと難しいんですよ。 考えても仕方ないので、結局はいつもの調子でいこうか!

 今回、沼尻くんとはひさしぶりだったんですが、よくいえば丁寧、わるくいうと粘着質のリハーサルで疲れ果てましたが、なんだかとっても弾き終わった後に気分がよい公演でした。すこしでもいいものを創ろうという彼の気持ちにはまったくブレも嘘をないので、オケもそれについていくことができたんだろうな。 

 10年前だったら、もしかしたら

『すけちゃん、勘弁してよ!』 って言ってたかも知れないけれど、年をとったせいか?なんだかあの音楽に対する献身の姿勢には共感できます。

 ハイ! ここまでで褒めるのオシマイ! こちらからの希望をすこーしかきますと。。。、むずかしいと思うけれど可能ならもっと音楽そのものの雰囲気が香ってくるように指揮してくれたら嬉しいのになぁ!だってテンポとか素晴らしいからさ、、そしたらもはや巨匠だよ。

 あと、本番中にダメだしを考えながらスコアに折り目をつけながら指揮するのはヤメテクレ! 昨日なんて最終日なのにまだ折り目つけていたんですよ!! 本人にチクっと言いましたけど。。 でもそれがそれほどいやな感じにならなかったのは彼が本当に音楽に没頭していたからです。 あれ?またホメタ?

 それにしても3月は長かったな! 演奏中にC線を切って大騒ぎしたのも今月の話です。

 あとは今日、テレビのCMのチェロソロの録音と、明日大量のレッスンをこなせば、いよいよ仙台フィルVS群響のゴルフコンペです。 群響の元首席という職歴がありながら、なぜか僕は仙台フィルチームに組み込まれていて?? どちらのチームにも『あいつはいらない』って言われたんじゃないかって、ちょっと心配。。。 昨年初チャレンジして華々しく散ってしまった国内最難関コースのひとつ、ニューセントアンドリュースで二日間遊んできます。

 僕のすばらしいスイングを動画でアップしちゃおうかな! えっ!アクセス数が激減するからヤメロ? 客観的な冷静なアドバイス、ありがとうございます。 ミヤケ、ちょっと浮かれてます。。。。。

« なんか変。 | トップページ | ガーン。。。 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

オペラのご報告ありがとうございます。
え〜、先へ。
アップしちゃおうかな。これだけで、可笑しいです。
自問自答は、わたしもします。三宅さんのがウツリマシタ〜。

メイク顔の、上のお写真にみんな慣れっこになると、えっ、ぜんぜん違うじゃないの??、って言われそうで、次の心配が始まってます。期待で頭が大きくなってしまった場合です。

弾いてます!のアップのお写真も希望したいです。
また、いつかのことで。

音楽関係者の方に、わたしのコメント見られたら恥ずかしいので、よろしくね。

ミヤケさま、こんばんは。

>いいオペラでした
このようにすっきりと仰れるのですもの。 何よりでございました。

>考えても仕方ないので、結局はいつもの調子でいこうか!
これまたスパッと気持ちいいですね。 ミヤケさまのこういうところ、素直に好きです。

>昨日なんて最終日なのにまだ折り目つけていたんですよ!! 本人にチクっと言いましたけど。。
思わず沼尻さまのお顔が浮かび…(笑)

>ミヤケ、ちょっと浮かれてます。。。。。
ワタシが感じている多面体ミヤケさまのほんの一部がちらり。。。

箱根は行かれそうですか! よかったです。
オススメだなんておこがましくて...ただの富士山好きなワタシのお気に入りというあたりから(笑)
・東名を走ってると富士山の頭が見えて来る瞬間があるのですが、いつも同じことでもそれだけで嬉しいですね。
・芦ノ湖スカイラインや箱根ターンパイクからの富士山その他周辺の眺め。
・芦ノ湖遊覧船からの富士山や、箱根プリンスホテル客室からの湖畔の眺め。
う~ん、取りあえずこんなところデス。 富士山は山中湖での足元からの眺めも大好きデス(シツコイですね。スミマセン。)。

AOKIさん

僕のブログ、伝染るんですかね? それはそれですごい。

写真は僕にしてはマージメ。それほど実物と全然違うってこともないんじゃないかと思います。10年くらい前のプロフィール写真はあまりにかっこよすぎて、地方公演とかでホールに行っても、僕は本人に思われず『ミヤケさんはいついらっしゃいますか?』とか主催者に言われたという苦い経験があります。


Novさん(たぶん)

多面体って面白いですね。いろいろな面があるのは認めます。楽天家で悲観的。慎重かつ大胆。神経質で大雑把。 やっぱり変なヒトです。 箱根でドライブしたいなぁ。アウトレットもあるし?

たぶん、Novさんかと。
わたしも思いました。
ユメに、『富士山』出てきそう。

三宅さんの、両極持ち合わせた多面的な感性が、表現のスケール感に繋がり、大らかで繊細なむにゃむにゃ‥発揮されていると思われます‥とか、言ってみたいです。

ラフマニノフのピアノ聴いて、しっとりしています。

大変なオペラ、ご苦労様でした。
身体も心も疲弊したのではないかと心配しております。
ゴルフと楽器の相関関係と言う事に、昔真面目に考えた事があります。
3月の三宅さんの仕事の大変さからいくと、申し訳ありませんが、そのコンペではいい結果が出る事はないと思われます。チェロもゴルフもテクニックは言うに及ばず、メンタルの微動によってもの凄く結果が変わります。
3月頑張ったという気持ち→あれだけ忙しかったからという逃げの心が集中を切らす
このコンペに賭けていた→あらぬ力みがずっと抜けない
暖かくなったから身体が動く→無用な大振りにつながります
なんかの奇跡が起こるのでは→絶対奇跡は起こりません
後は僕は群響なのか、仙台フィルなのかというちょっとした事がパターに影響します。

それでも頑張る姿が美しいのですから、スコアではなく、緑と戯れてください。

そしてすぐにスコアをメールしてください。

ミヤケさま、そして、はじめましてのはてなさま。 たぶんではなく、間違いなくワタシでした。 入力もれにて、失礼しました。

多面体…人はみな多かれ少なかれそうなのだと思いますし、でなければ共生できないのではと。人によって面の数や形状が違うように、そのまま全てが表面に出る人または出す人などなど、それこそ十人十色では。 
てなわけで、ミヤケさまが…という印象を与えてしまいましたらスミマセン。 言葉が足りませんでしたね。 それに、変なヒト…ですかぁ??? そうかしらぁ~???

箱根のドライブ、いいですね。
これからますますいいシーズンだし、お好きな芝生もたくさん(笑) 

はてなさん

初コメントの方ですよね?違ったらごめんなさい。
両極端な面は持ち合わせていますが、政治的にはややレフトが居心地がいいということだけ付け加えておきます。

ラフマニノフ、いいですね。僕もなんだか聴きたくなってきました、車にCD積もうっと。


ちぇろやすさん

一番のゴルフ時の問題はね、今完全にハイなので、ワクワクしちゃうんですよ。ロングホール、たぶんドライバーはエイヤッ!と振って280ヤード先のフェアウェイをとらえるでしょう。(300ヤードといわないところが実に奥ゆかしくて美しいでしょ。。)そして二打目の3Wも快音を発してグリーンエッジまでいくでしょう。あわや2オン、バーディ間違いなしです。。 ところがワクワク気分のときはここからミヤケ劇場が始まり、チャックリ、カチーン、クルリン、いろいろ起こってなぜか『7』だったりするんです。。 


大田原に自分のココロを見つめに行って参ります。


Novさん

やっぱり! 箱根の芝は富士山の影響で難しくて。。。

はてなって。

昨夜、わたし二回もお送りしてました。
たぶんね。

CD聴きながら、『春の富士山』をこころに浮かべ、器用にペンネーム??も考えてました。

皆さまと、こんな感じで、春の夜を過ごしておりました。
ありがとうございました。

3月28日はラフマニノフの命日でした。そして明日4月1日はお誕生日です。バッハの3月21日生誕日は今年のその日の翌日に、山本様のブログを拝見して初めて知った当方ですが、自分と同じ誕生日のシューマンはともかくとして、ラフマニノフ(長いので以下Rと略)の命日と誕生日などを知っているのは、これは中学生、ワタクシがまだ「少女時代」の頃からの思い入れのある・・・ひとことでいえば、恥ずかしながら、Rはワタクシの初恋の人ともいえますかねえ。(これは小説や映画の主人公相手よりもリアリティのないバーチャル恋愛と、そこいらへんの社会学者には誹りも受けそうですが、あの当時は、Rの曲を聴くにつけ、なぜかせつなく涙がこぼれ、あるいは心臓がとくとくときめいたり・・・、なにしろそんな体験は初めてでしたから。)
もっとも、叙情性やロマンティシズムばかりが強調されやすいRですが、私のもつR像には、「結構リクツっぽい人」だったのではないかしら、という一面があります。で、歴史的失敗作の代表のようにいわれる交響曲第1番も、その理屈っぽさが仇になったように思われてなりません。
モスクワ音楽院作曲科を首席で卒業し、順風満帆の道を歩んでいたRが、それまでに学んできた作曲法やら音楽理論をこねくりまわして、あっちにもこっちにもてんこもりで入れ込んで、若気の至りか、自分の作品への評価を意識、期待して肩に力も入る一方で、その期待を慢心しているようにも聴こえてしまうところがなきにしもあらず。これでは大衆に感銘を与える力、訴求力に欠けるのもうなずけますし、こねくりまわした挙句にかえって方向性の一貫性に欠けてしまったところに、音楽評論家の矛先が向けられてしまったようにも思われてきます。
が、そんな作品でも、岡目八目、あばたもえくぼでみれば(聴けば)、そこに可愛らしさも感じてしまったりして、各楽章の冒頭8小節だけを頭出しして繰り返しリプレイして聴くと、例えばベートーヴェンの第5交響曲の第3楽章から第4楽章への移行時の転調は是か非かなどというヒョウロンカたちのロンギなど実にばかばかしく思えてくるほどの面白さがあると思います。
第1交響曲の「失敗」による挫折、失意と絶望の日々から、精神科医の力を借りて光明を見出し、手掛けたPコン第2番の成功、そうしてようやく復活を遂げた自らの軌跡をストーリーにしたのが第2交響曲デアルという一般的な解釈でいえば、この第2交響曲はいわば私小説のようなものですが、一方、第3交響曲は、Rの死生観も聴こえてくる、観念的小説とでもいえるでしょうか・・・。他の作曲家の作品も含めた中でも好きな交響曲のひとつです。なかなか演奏の機会のない曲ですが、もしどこかのオケのプログラムに乗る、という情報がありました際には、是非おしえていただきけましたら幸いです。

で、ここでいつぞや反省したつもりのサルは、またこんなふうに自分勝手のつまらない思い・思惑をダラダラ書いていたんではイケナイ、そのためにまたここにお邪魔しにきたわけではないことを思い出しました。
実は、ミヤケサマに、おうかがいしたいことがあるのです。
何かに掲載されたミヤケサマのプロフィールに、R、もとい、ラフマニノフのチェロソナタをリリースされたCDがあるとのことなのですが、これはどこからリリースされたもなのでしょうか? 検索してみたのですが、当方の検索の仕方がいけないのか、いまだそのCDと出遭うことができないのです。
ちなみにこの作品の現在の当方の愛聴盤は、コントラバス編(最近話題になった某国営放送の交響楽団のコントラバス首席I松さんのものではなく、Hans Roelafsen というオランダ(?)のコントラバス奏者の演奏の、E-moll 移調のものですが、ミヤケサマのR-チェロソナタと出遭った暁には・・・、の予感があります。・・・おっと、別にこの予感は、「老いらくの◎◎」のそれなどではありませんので、ミヤケサマも皆様もご安心を・・・。

AOKIさん

特に回数制限ないですよ!


hmさん

音楽家の誕生日は子供時代に一生懸命生徒手帳に書きこんで覚えました。あらかた忘れちゃったんですが、バッハは覚えてましたよ。ちなみに大チェリスト、トルトリエも同じ日です。


Rのソナタは確かにリリースしました、犬のマークがついていました。
ただ、今のミヤケからするとあまり聴きたくないので初期プレスのみで再プレスはしませんでした。

5月の新録音時に3楽章のみ弾くつもりです。

ラフマニノフチェロソナタ第3楽章は、長年消息を絶っていた友に二十年ぶりのひとときの再会、互いの肩越しに涙しながらの抱擁シーン・・・を思い浮かべてしまいます。最後の1音のdiminundo、過去の蟠りも執着もフェードアウト。
旧盤はご本人がお聴きになりたくないということでしたら、ここは人にも聴いてほしくないということの意思表示と拝察、新盤での出逢いを楽しみにさせていただくことといたします。それでは、お元気で・・・。

どんとこい☆の三宅さん、
こんばんは。

そうは言われましても〜、こちらでは〜、ハートがあればかけるというものでもなくって、やはり、お伝えしたい☆事柄が湧き続けるかですね―。

お陰さまで、ラフマニノフの日を伺うことが出来ましたが、
さて、三宅さんのお誕生日は、いつなのでしょう。手帳を用意しましょうね。

Aokiさん

まだ人さまに誕生日を教えるほどエラクなってません。獅子座の男ですとだけ申し上げておきましょう。

いちお、了解です。

どこかで、星座☆占い始まったかな。

diminuendのeが抜けていましたが、瑣末なことと見逃していただく以前に、見事にとばされてしまいました・・・北風に、桜散る・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110518/28875846

この記事へのトラックバック一覧です: いいオペラでした:

« なんか変。 | トップページ | ガーン。。。 »