フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« マスターズ | トップページ | 美しい日 »

発表会②

 あれま!発表会は終わったのに、またやるんですか?という疑問がわいてくるタイトルですね。 ②ってナンダ、②って? 

 えっとですね、今日、僕は時間があったので、この前の発表会の録音(ホールからCD-Rでもらっているもの)を聴いていたんですよ。 なにしろインデックスもなにもないので、一度ハードディスクに落として、いらない部分は切ってもう一度CD-Rに焼くという作業です。業者さんに頼んだらいい金額になりますからね。 できることは先生自ら!Sn3e0170

 それで、朝から、プログラムの最初から録音を聴いて、発表会を再体験しているんです。。本番のときは舞台袖でドア越しで聞いているので、わからなかった部分がいろいろ明らかになり、ややお疲れ気味のチェリストミヤケ。。

「あれ?こんなに急いでた?」「やっぱり音程外したか!」「ここのフレーズ練習してって言ったのに!」  思わず愚痴をこぼしたくなり、ついついこんなタイトルになっちまいました。

 まあ、細かいミスとか音程がどうとかはこの際横に置いておき(本当は置いておきたくないけど)、一番気になったのは、演奏が始まるまでの間(ま)、です。タイミングという英語ではニュアンスが失われてしまいます。『間』です。

 上手い、下手のほかに、この『間』のいい悪いがすごく演奏の印象に関わっているのがよくわかりました。 アマチュアの方で、そんなに演奏技術は高くない(失礼!)のになんだか自分の世界が広がっていて聴いていて楽しい人は、いい『間』で演奏が始まっています。

 逆に。。。この先は言わなくてもいいですね、プロの諸君! 

 でも僕自身もどんな感じで弾き始めているかは、自覚ないからわからないなぁ・ たぶんそれなりの雰囲気あるはず?? あれ、なんでみんな黙っているわけ?? 

 

 明日は、ここのコメント欄常連のちぇろやす他一名と芝刈りの予定なんですが、天気が荒れて大風の予定??すごそうです。マスターズは出場できなかったんで、ちぇろやす曰く全英オープン対策で低い球を打つ練習をするんだそうです。 

 風に翻弄されてきまーす。。 うちでは『穴にだけは落ちないよう』って言われてます。。。。アリガト?

 

« マスターズ | トップページ | 美しい日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

1 まず、昨日の「マスターズ」のところに書こうとしていたコメントから、です。(ちょっとお茶を入れにいったスキにいきなり更新されていました。つくづく間の悪い当方・・・。)

★「実力より人気先行の悲劇」、これは本人にとっても試練のときかと思いますが、そんな人も、そうでない人も、地に足をつけて、しっかり歩いていきたいものです。
で、K馬界のクラシック戦線も端切りの桜花賞、
知人の「穴狙い」氏から桜散るメール・・・
ここでは「実力通りの人気通り」の結果とあいなったようです。


2 今日のお題
★その1
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
「間」をとってみました。

★その2
「穴狙い」で穴に落ちては、オチにもならないですから、
くれぐれもお気をつけて、
ミヤケサマとちぇろやす様の、カゼニモ間ケズのご奮闘を、
心よりお祈り申し上げております。


 hmさん

チェロ聴きすぎてアタマいてぇ・・チェロを聴きながらの更新でした。


あんまり人気をうらやんでも、なんだか『さもしい』ので、ここは男ミヤケ、黙っていいチェロを弾くことに専念しようかと。。(それにしてもあのA生が支持率30%とはいったいこの国の選挙民はなんて信念がないんだろう。定額給付金?高速1000円?お金をもらったら嬉しくて尻尾振るんだからヒドイよ。本当に『さもしい』・・)


『カゼニモ間ケズ』 山田クン、座布団5枚とって・・・

ミヤケさま、こんばんは。
なんだか心なしかちょっぴりお久しぶりな感じデス。
発表会…お疲れさまでした。 多くの方が楽しいと感じられる、すてきな会で何よりでございました。
先生は大変ですね。 でも、だから先生なのかも…何と言ってもそれらにきちんと対応し、乗り切れる方だから…と私は思っています。

チェリストミヤケさんも男ミヤケさんもありがとうございます!
ワタシのお気に入り…そのユニークさやウイット溢れるスパイシーな文章に、イラッとしていた心と頭が一瞬にして救われたかのようです。
全くの私事で恐縮ですが、今日、退社間際にとんでもなくイヤなことがあって(まったく信じられない失礼な言葉に目が・)、少々サイテーな心境だったわけです。
でも、最後の笑点フレーズが決めてくれました(笑) ありがとうございます!

何、書こうかしら。

『ゴルフ』に『笑い』もバックアップ体制が整い、三宅さんもあとは『チェロ』に専念なされますね!。

ちぇろやすさま☆との『ゴルフご復活☆』、
おめでとうございます。
明日の晴天とハイ☆スコアを祈るのみ☆。

今夜も☆がいっぱい。

僕ひとりで、ただただ書いているのもいいんですが、みなさんがいろいろ適度につっこんだりボケたりしてくれると、正直とってもやりやすいよ、ワタクシは!


NOVさん

コトバの暴力は本当におそろしいです。かくいう僕もきっと気づかないうちにいろいろな過ちを犯しているんじゃないかと思います。問題はコトバそのものじゃないです、それを言った人の人間性です。なんかこんなに書いていると僕は立派な人みたいで焦ります。実際のところ、不完全品もはなはだしい。。。

ユニーク・・ひねくれてモノを見ている証拠? ウィット・・悪ふざけ? そんなん褒められると困っちゃう、偶然の産物かも。
笑点・・円楽さん、好きでした。。


AOKIさん

東京地方は☆どころか、大雨デス。明日はなんとか晴れるでしょうけど。
バックアップ、大事です。今朝、家のパソコン1台壊れました。。。。

>…みなさんがいろいろ適度につっこんだりボケたりしてくれると、正直とってもやりやすいよ、ワタクシは!

ミヤケさま、これこそ難しいデス。 言葉は声はもちろん、文字はもっとかも…表情や声のトーンなど、その様子を表すものが他にないので、ある意味とても怖いデス。 お目にかかったら、変わるカナ(?・笑) それまでやり難いかもしれませんが、待っててくださいませ(ハハハ)。

>問題はコトバそのものじゃないです、それを言った人の人間性です。

そうですね。 あと、品性も忘れちゃいけない、大切にしなければと思うわけですが。。。

>ユニーク・・ひねくれてモノを見ている証拠? ウィット・・悪ふざけ? そんなん褒められると困っちゃう、偶然の産物かも。

じゃあ、そういうことにしておきましょう(笑)
ユニークもウィットも無いものねだりなのかなぁ~。

もう、今日ですが、どうぞ ちぇろやすサマ他1名の方と楽しいラウンド!

後4時間もすると三宅さんが迎えに来る。

僕も偉くなったな。

運転手付きでゴルフだってよ。

やっぱり僕は後ろの座席に座った方がいいんだろうな。

でも接待ゴルフだけは嫌だな。

さて、お風呂に入ります。

ミヤケさま、きょうの芝刈りのスコアはいかがでしたか?
悪条件のほうが良いスコアが出るというかたもいらっしゃるようですが、さて首尾は。

アマチュアにとって、「間」とともにむずかしいのがお辞儀です。
室内楽をやったときの自分のビデオを見てみたら、まるで剣道の試合のようなお辞儀・・・。ロングスカートが袴に見えました。

「遠足は家に帰るまでが遠足だぞ!」と学校の先生に言われていましたが、演奏も舞台のソデに下がるまでが演奏なのかもしれませんね。

「間」は、音楽のみならず、よくいわれるのは歌舞伎や舞の世界においてですが、さらにはビジュアルの美術、そして文章世界でも、「間」については実に奥が深いテーゼがあるように思いマス・・。

このあたりをまた、主様のブログに主様をさしおいて、当方ごときの乏しい見識をごてごて、字数だけはいっちょまえに連ねてしまのは、礼を失することにもなれば、辟易されてもしまうことかとは思うですが、とりいそぎ、コレダケ、のところはゴカンベンを・・・。

フク様のおっしゃることに、同感です。また、演奏の最後の一音の残響、余韻もさめやらぬ前に、「ブラボー」はちょっと待って・・・、と思うことも少なからずあります。
チェリの海賊ライブを聴いていると、最後の一音を、クレッシェンドがかかりっぱなしで終わる曲でも、ど~ん、と響かせるのではなく、「あえて」、「そっと置く」ようにその一音を響かせている演奏が結構あったりするのですが、そうするとそこに、聴衆が拍手するまでに、実にいい「間」が生まれているように感じられます。

ブラームスの3番のラストは、ピアニッシモで、弦パートの「最後の一音」は「2分休符のフェルマータ」。ブラームスの意図は、当方ごときにはわかり得ないところにあるのかもしれませんが、この「一音」をどう聴くか・・・。
いい「間」は指揮者や演奏者だけでなく、聴く側の聴く技術にもかかっているように思えてなりません。

PS。あの~、座布団はモトモト3枚しかなかったんですけど、アトの2枚は、どうしましょ・・・。来週の「ツケ」にでも?

もいっこだけ、PS、オユルシくださいませ。演奏前の「間」について。先週末の某国営放送交響楽団の定演で。1 前半のチャイコのVコン。ソリスト準備OKを見届けて、指揮者がおもむろにタクトをあげんとしたそのとき。「がたーん・・・」チェロの第3プルトの譜面台、高さ調節のスティックのねじが緩んでいたのか、これが、落ちた。あわてまくるチェロ第3プルトに一瞥くれながら、指揮者の背中は「冗談よしてくれよ」。
2 さて、後半の、さあ、これからR.シュトラウスはアルプス越えじゃ。山の夜の清とした闇の中、指揮者がここでも静かにタクトをあげんとした、まさにその瞬間。「はあっっっっくしょ~い!!」タクト硬直。背中はふるえていました。お客さん、花粉症ですかね。気を取り直して、の1音目、これはやっぱりなんだか靴ひも緩んだような音出しでしたが、登っていくうちに調子取り戻して、みなさん無事、登頂、そして下山の一路を終えました。ブラボー!

NOVさん

僕はおかげさまでヽ(´▽`)/楽しい一日でしたが、NOVさんはいかがでしたか? 今日も元気でまいりましょう。。


ちぇろやすさん

僕のレクサスの乗り心地はよかったでしょ? 次回はサードカーのアストンマーティンにしてみるよ。普段はうちの執事につかわせているベントレーもひさしく乗ってないからそれにしようかな。。GWは自家用のジェットでグアムに行こうよ、宿泊? 大丈夫、大丈夫。昨年ホテル一軒買っといたから。飛行場付きだから安心して。

K林さん

I村さんからの密告でとっくに正体はバレテます。無駄な抵抗はやめておとなしく出てきなさい!? 
いやぁ懐かしいです。。札幌で仕事ないかなぁ。最近札響もご無沙汰です。
MギャラリーのF原社長とかご存知ですよね?これまた芝刈り友達です。札幌の名門コースに連れて行ってもらって、プレー終了後に貴重品ボックスのどこに財布を預けたか忘れて、フロントに頼み込んで結局すべての貴重品ボックスを開けてもらったという・・サッポロでもやらかしているミヤケです。

hmさん

演奏が成功するか否かは聴衆のひとに3割くらいはかかっています。くしゃみは生理現象ですから仕方ないにしろ、ハンカチをあてて最小限にするとか鼻をつまむとかしてほしいですよ、ほんとに。。

ミヤケさま、ありがとうございます。
お陰さまで、ワタシも楽しく元気に過ごせました(*^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110518/29116968

この記事へのトラックバック一覧です: 発表会②:

« マスターズ | トップページ | 美しい日 »