フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今朝は歩いて | トップページ | 面白かった。 »

すいません、忙しくて

今日は、僕がミュージックアドバイザーを務める、真鶴にある檜ホールの三周年のコンサートでした。 余談ですが、皆さん「真鶴」と言うと「舞鶴」とちょっとわからなくなるらしいです。「舞鶴」は遠いなぁ、西のほうでっせ。「真鶴」は神奈川県です、小田原からすぐです。湯河原って言うとわりとわかるんですけどね。

さてさて今日のコンサートは、記念のスペシャルピックアップオーケストラをやってほしいというホール側の希望で半年前から準備して今日の日を迎えました。プログラムはオールモーツァルトプログラム。 アイネ・クライネ・ナハトムジークとヴァイオリン協奏曲第5番。最後に交響曲第41番「ジュピター」 というポピュラープログラム。 ヴァイオリンは隣町の熱海に暮らす名ヴァイオリニスト、沼田園子さん。アンコールはバッハのG線上のアリア。

一番の特徴はこれだけの内容を指揮者なしでやったことです。コンサートマスターの青木高志さんを中心に各セクションにNやら都や東やらNJの主要メンバーや腕利きフリーランサーの名人が揃い、指揮者がいる時と同じような、もしかしたらそれ以上の演奏でした。お客さんも大喜びで、充実感いっぱい。だって今日だけですし、総勢24人の小さい編成ですが、それでもボクのオーケストラです・・ ちょっと言いすぎかな、でもこれだけ働いて実費にしかならないこの職務をガンバルかわりにここで1回だけ言わして・・・

 「なんだ、そんなにいいコンサートなら聴きたかったのに」と言われてしまいそうです。。。確かにそうなんですよ。でも本当にパニックになるくらい大変でブログに書く余裕がなかったんですよ! だって僕が全部やったんですよ。楽譜の手配、発送、メンバー人選、練習会場手配、セッティング、スケジュール作成、チラシ&プログラム校正、当日の交通費精算、謝礼の支払い、司会、そして忘れちゃいけないチェロの演奏。 普段、事務所やオーケストラの事務局がどれだけスムーズにてきぱきと事務をこなしているか実感しました。おかげで自分のことに手が回らず、昨日から3回携帯が行方不明になり、今日は今年になって初のカフスボタン忘れをやってしまいました。

例の金の「紐」1本をコーヒーテーブルの上で発見して、オーボエの小林さん(東フィル首席)に「これを半分にして2本にして使いたいんだけど、なんか工具持っていないですか?」 と聞いてみました。 オーボエの人は自分のリードつくりのためにいろいろ持ち歩いているんですよ。

「いいけど、お前それなにすんの?」 と言われて、チェリストミヤケスペシャルを自慢しようとしたら、

「あ、俺、スペアのカフスボタン持っているよ。 でももしかして金の紐のほうがいいの?」とか言われてしまいまいした。 もちろんありがたくカフスのほうを選びましたよ。。

この忙しいのにウォーキングも続いています。とりあえず三日坊主はクリアしました!Sn3e0172 

今日はとりあえず、寝かせて〜。。

« 今朝は歩いて | トップページ | 面白かった。 »

オーケストラ」カテゴリの記事

コメント

歌って♪踊れる♪楽しい三宅さん、
お疲れのところ、更新ありがとうございました☆。

ことばをおくって、
何かを待つ間に
私たちは、何を待ってるのだろうと
気づく場所。

三宅さんが、まじめにおしごと&チェリストさんをなされていた日、
わたしも、まじめにそんなことを考えていました。

新緑の鮮やかさにも、今年は、何時になく早く気づいてしまいました。

皆さんも、三宅さんを見習って、もうおやすみになられますか。

わたしも、眠いようです。

 AOKIさん

すごい本質的なことをポロっといわれて、思わず今日のアップ分を書き足しましたよ。。

ありがとうございました。

ここはどこでしょう~すてきな散歩道ですね。
こんばんは。 夕べは取りあえずゆっくりと寝られましたか~? 心身ともにお疲れだったのでは。。。 今年初…も、致しかたない状況でいらっしゃいましたわね。

 >総勢24人の小さい編成ですが、それでもボクのオーケストラです・・ ちょっと言いすぎかな、…
そんなこと、ないんじゃない!(偉そうにスミマセン)…と、読ませていただきながら、思いました。 お一人で何役務められたのでしょう…お疲れさまでございました。 充実感でいっぱいのすてきな一日…何よりでしたね!

 Novさん

昨日の録音を聴いたら、ちょっと浮き浮きするくらいみんなが没頭している演奏でした。うれしかったなぁ・

金の紐を見るとミヤケさんを思い浮かべますよ。この間、包装用の袋を買ったら、金の紐が、いっぱい、ついていて。送り先がわかればプレゼントしたいと思ったくらい。
1人何役も、お疲れさま。いい演奏で、充実感もいっぱい。よかった、よかった。
樹々の浅い緑が美しい季節、さぁ、ウォーキング!

よかったです・

さて〜
金のつぶ。金の紐。

そんなささやかな日常の中にも、三宅さんが繋がっていたのでしたね。

「金の紐」だけザクザク入っているのも売ってはいるけれど、買ったらつまらないし。

ここでは、どんな状況にあっても〜、一つ☆なら手に入るって思えるのが素敵。

三宅さんが、忘れ物&なくし物をクリアされていく姿も、美しくて☆。

そこへ注がれる、眼差しの温かさも勿論のこととして‥

あぁ、春。

まずは:「お疲れ様でございました! 一国一城の主様の快挙に乾杯!」

次に:
マナヅルの話なら、「どんなのがお好きですか?」の項でちらりとでもお話されればよいものを(それが効率のよい段取りってものです)、ここでおっしゃられなかったのは、
理由1 ここではあくまで「どんなのがお好き?」という肴がテーマなので、演奏会の話に及べば、焦点がボヤけてしまうおそれがあったから。
理由2 ここで喧伝すると、わざわざ舞鶴までご足労される方もいらっしゃるかもしれなくて、それはそれで申し訳ない気もしたから
理由3 理由1と2の理由から
というのが考えられますけど、いずれにしても、ミヤケサマのそこが奥ゆかしいところかとも。

最後に:
そのおくゆかしさに加えて・・・。
「自分で企画して、必要なスタッフを自分で人選・調達して、それでもって自分でも原稿の一部を書いて、さらにセールスプロモーション企画とその実行まで自らやって・・・」というような仕事をして、結果達成感に満たされつつも、挙句は、胃の中をポリープだらけにしちゃった編集者もいますから、これに金勘定まで・・・となると、イチローごとく胃潰瘍にもなっていらっしゃるのではないかと、超心配。
ストレスは、自分にとって不愉快なことによって引き起こされるとは限らず、自分にとってグッドでハッピーな出来事によっても同じように心身に負荷がかかるもので、成功要因もまたストレス要因と表裏一体なのだそうです。
というわけで、お手すきのときにでもお医者に行かれることをお勧めする次第です。ただしその際には、「なんとなく検査してもらいたいから」では、健診扱いになって、保険がききませんから、仮病を使って、眉間にしわよせて「胃の状態がどうも尋常じゃないんです・・・」と症状を訴えて検査にもちこむと、3割負担ですみます。

最後の最後に
「アナタとは趣味が違います」という言葉は、ある種の絶交状に近い、という考え方をする人もあるようですが、そういう考え方はあえて聞き流して、「最後に:」申し上げたところでの心配があって、老婆心ながらの一言を申し上げるべく、またお邪魔させていただくことにいたしました次第でした。
それでは。hm拝

M・Tさん

金の紐とセットで覚えていただいて嬉しいですよ!(◎´∀`)ノ
大変だけれど楽しいコンサートだったんですよ、本当に。。

AOKIさん

確かにクリアってかんじですよ、あたふたしながらね。
よく考えたら最初から控え室で『誰かカフスボタンのスペア持っていないですか?』って聞けばいいんですよ。『金の紐を半分にする工具持ってませんか?』って間違いすぎ。。でもボクらしい。。

老婆心ことhmさん

理由についての推測は当たっているも。というよりちょっと真鶴のことはいろいろ諸事情が。。。いずれ書く日もありましょう。

健康のご心配、ココロから感謝いたします。それと絶交?ですか?人と人が違うのは基本的に当たり前だという認識があるのがここに書いてくださる皆さんの不文律だと思っています。システムとか体制で無理に一緒にしようとするから変なことになるんでしょう、このお国は? ボクは自分と人が違うのを楽しいと感じるタイプです。hmさんもそうではありませんか?これからも遊びに来てください。


字数が多い割に言葉足らずで、本当にごめんなさい!です。 
もちろんこのお国のコミュニティの奥ゆきの深さと拡さにひかれて、たびたびお邪魔させていた由ですから、重々承知イタシテオリマスのですが・・・。
ただ、以前逆に、愚鈍な当方が「趣味の違い云々」を「門前払い」の意味で使われていたことに気づかずにいたばかりに、ちょっとばかり後味の悪い思いをした経験があったのを、ひきずっているところもあるのかなあ・・・。
トラウマというほど大げさなものではないですが。

子供みたいなことで、なんだか恥ずかしいです。
(みたい、じゃなくて、ホント齢は老婆ですが頭はコドモですわい)

今日、Kフィルさんのリハーサルに行ってまいりました。
金聖響さんの粋なとりはからいで、ホールの中での見学ができました。
聖響さんはまるで「全身タクト」のよう。曖昧さがなく、「どうされたいのか」がわかりやすい指揮をされる方かな、と。
25日の定演のチケットも完売したそうですが、当方がKフィルさんの定演にうかがうようになって、これはたぶん初めてのことではないかと思います。P席から「みなとみらいが満杯」の景を見てみたいと思っていたのですが、残念ながら今回当方は、本番は「降り番」なのでした。

hmさん

これからも遊びに来ていただけるということで何よりです。
金さんへの期待、すごいですね。こうやって盛り上がるのが大事ですよ。お客さんにも演奏者にも化学反応が連鎖して起きて、すごくいい方向へ急に向かう可能性もあります。楽しみだなぁ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110518/29197124

この記事へのトラックバック一覧です: すいません、忙しくて:

« 今朝は歩いて | トップページ | 面白かった。 »