フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 合宿 | トップページ | 蓼科にて »

東フィル チェロアンサンブル

 昨日は東京オペラシティで ヴィラ・ロボスというブラジルの作曲家の没後50周年の記念演奏会でした。 彼の代表作に「ブラジル風バッハ」というバッハの音楽とブラジルのサンバやらショーロなど混ざった面白い音楽があり、第9番まであるのですが、それを一日で全部やりました。(9番まであるというのは昨日初めて知りました・・・ハイ)

 編成はオーケストラや、ピアノソロ、フルートとファゴット、合唱などさまざまです。チェロアンサンブルの曲は第1番と第5番。オーケストラも弾いてください、と言われたのですがリハーサルのスケジュールが合わずにチェロアンサンブルだけ参加しました。

 東フィルのチェロセクションは大変な大所帯で、現在首席奏者だけで4人もいます。そのうちの3人が参加していた昨日のアンサンブル、全部で8人の合奏ですから、東フィルさんも力をいれています。さらにリハーサルに行ってみたら、M山までいるじゃないですか! こりゃすごいメンバーになっちゃった。

 M山さんはその能力においてまさに日本ナンバーワンというスーパーチェリスト。音もすばらしいし、一緒に弾くと本当に勉強になります。かなり久しぶりに会いましたねぇ。ずいぶん昔に鎌倉芸術館ゾリステンという団体でバッハのブランデンブルグ協奏曲全曲を演奏したときが最後かな?K越さんとM山、そしてミヤケの三人でしたが、僕以外のふたりがうまくて焦った記憶アリ。 学生時代にアメリカで一緒の講習会に行ったこともあります。日本人がたくさんいたなぁ、T中M弘さん、F村くん、K田、M川、などみんな現在一線で活躍している人ばかりでした。

 チェロアンサンブルというジャンルはやりつけている人は、本当によく曲を知っていて、全パート弾けちゃったりするのですが、昨日のメンバーでは服部さん、タツキ、M山がまさにそういう感じです。 芸大で彼らの頃からチェロアンサンブルがとても盛んで、よく勉強したのです。 さらに僕らが卒業するかしない頃はチェロアンサンブルの仕事がよくあり、ヴィラ・ロボスの1番と5番は僕も結構やりました。ちぇろやすとかもその中にいましたよ。

 昨日の東京オペラシティは、なんだかマニアックなコンサートにもかかわらず満員・・東京って面白い場所です。 チェロアンサンブルはまず第1番から始まりました。タツキが1番チェロでしたがうまかったなぁ。2楽章のソロのPPなどは、真髄でした。僕はM山と一緒に下のパートを弾きましたが、面白かったなぁ。

 第5番は、ソプラノが入るのですが、中嶋彰子さんというウィーンのフォルクスオパーで活躍している方。なんでもこの曲は初めて歌われるということでしたが、自由な感じでのびのびやられていました。 この曲の1番チェロは、僕も過去に何回かやったことがあるのですが、本番びびるのですよ。昨日はハットリくんがのびやかに弾いていました。 昔から知っている仲間が確実に音楽家として向上しているのを目の当たりにすると、嬉しいし、マケナイゾ!という気持ちになります。

 チェロアンサンブルのあと、ほかのみんなはオーケストラの曲がまだ4曲もあり、チェリストミヤケはこそこそ帰ってきました。ごめんごめん・打ち上げは後日ね!!  

« 合宿 | トップページ | 蓼科にて »

オーケストラ」カテゴリの記事

コメント

中学生の頃だったか、父のレコード棚で見つけたブラジル風バッハ、当時ナマイキにもMJQやスゥイングル・シンガーズなどのJAZZアレンジ・バッハにちょっとはまっていたので、これも「ブラジル民俗音楽風にアレンジしたバッハの曲集」だとてっきり思い込んで聴き始めたら、あれれ、知ってるバッハの曲がちっとも出てこなーい・・・と慌てるやらたまげるやらして、後でリーフレットを読んでとりあえず納得した(?)思い出があります。
こういうタイトルの日本語訳の仕方ってどうかと思うこと、特に映画などではよくありますが、まあそれはともかく。
ミヤケサマのブログを拝見して、久し振りに聴き直してみようかな、と思いました。

東フィルさんといえば9月11日、サントリー定期に行く予定です。O高さんの指揮で三善晃さんの作品とラフマニノフのPコン4番とR.シュトラウス「英雄の生涯」。
実は神奈川フィルさんの定期とバッティング、こちらでは、2007年エリザベート王妃国際音楽コンクールピアノ部門第1位のA.ヴィニツカヤさんのラフマPコン2番含み。そしてこれは偶然か、東フィルのソリストは、同年同コンクール同部門第2位のP.マンゴーヴァさん。
ここは迷いに迷いましたが、そもそもこのラフマPコン4番なんて、日本で「生」で聴く機会は一生に何度あろうかというところでの心移りでもあるので、当日の神奈川フィル会員権は、他の主催公演に振り替えることに・・・。

果たして、その日はタツキ様のお姿も拝することができるのかどうか、も注目です。あ、そういえば、初めてタツキ様を意識したのは、昨年8月のミューザ川崎、夏のミューザのお祭りで、O高さん/東フィルのオールラフマプログラムの時でした(ヴォカリーズ、パガニーニの主題による狂詩曲でソリスト小山実稚恵さん、交響曲2番。アツいプログラムでした)

なんか2回分の長さのコメントですみません・・・これもお許しください!

ミヤケさん こんにちは。
東フィル・チェロアンサンブル♪ とっても魅力的なコンサートですね。お聴きしてみたかったなぁ〜って。日頃から伺いたいコンサートはたくさん…(残念デス)。来週、来月、そして10月とそちらにいますが、なかなかスケジュールが合わず。。。と言っても全てコンサート♪ もっと伺いたい!と思うのは欲張りなのかなぁ(笑)

コメント…コンスタントにさせていただきたいのですが…つい色々と考えて書きそびれてしまいます(頭の中で終わることしばしばデス・笑)。お返事は、お約束事ではないのですし、書かれる方のお考えや個性と思っています(ない時は、マズイこと書いちゃった!?良くない表現だったかしら?…と気になりますが)。

hmさん

長さは別に気にしなくていいですよ、斜め読みで適当に読みますから・・(うそですよ、ちゃんと丁寧に読みます。)

ご指摘どおり、昨日のプログラムにも「ブラジルのバッハ風音楽」「ブラジル風でまたバッハ風音楽」という訳が正しいと書いてありました。


タツキは、本当にチェロがうまかったから良かったけれど、変なやつです。一昨日も携帯のゲームをやれといって送ってきました。コロニーな生活とかいう不思議なゲーム、できるだけハマルようにというお達しでした・・


Novさん

そうですよね、書こうと思って忘れるのはお互いさまです。僕もコメントバックし損ねるのは全部そういう理由ですが、これじゃいかん!なんといっても僕のブログですもんね。たくさんよんでいただけるように頑張ります。。

チェロリパブリカは、僕がたぶんバッハの無伴奏、タツキがチェロソロとCDの二重奏を弾きます・・いらっしゃるのかな??

ミヤケさん こんばんは。
チェロリパブリカ…楽しみにお待ちしています♪ 前回とほぼ同じような席で、いっそう楽しみです。ミヤケさんはご存知ないと思いますが、アノ日、私にとっては最高の席で、皆さんの音色に一生懸命に耳を傾けていました。ですが、結構ドキドキであっという間に終演。2回目はもう少しちゃんとお聴きできますよう、ココロを鍛えて参ります(笑)。ミヤケさんの無伴奏…ものすごく楽しみです!6番だととっても(サラバンドが特に好きなのです)。それにしても…どうしてタツキさまの曲までご紹介くださったのでしょう?(嬉しいけれどよろしかったのでしょうか。。。)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110518/31066753

この記事へのトラックバック一覧です: 東フィル チェロアンサンブル:

« 合宿 | トップページ | 蓼科にて »