フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« まったくお前って奴は! | トップページ | イターリアン »

心動きました。

 一昨日のドタバタ劇は、みなさんに喜んでいただけたみたいで何より・・って、ウケルためにやっているわけじゃないのでした。

 実はあの日、表彰式のあとに自宅に戻らず恵比寿にクルマでむかいました。2日前に急にテレビの収録の仕事のオファーがあったのです。引き受けるかどうか一瞬迷ったのですが、その番組には今までに2回出させてもらって、とってもいい現場だったのでゴルフの後で体力的にはきつそうでしたがお引き受けしました。

 番組はテレビ東京の「ミューズの晩餐」という土曜日の夜に放送されているものです。毎回いろんなジャンルのゲストの方がいらしてホスト役の寺脇康文さんと川井郁子さんとトーク。そして好きな音楽を川井さんを中心に数曲、というスタイルです。

 僕が出演させてもらったのは最初が日本マクドナルドのCEOの原田さん(ご自身もすばらしいジャズドラマーでした) そして二回目がミュージカルのトップスターの井上芳雄さん。 今回は樋口了一さんというシンガーソングライターの方でした。僕はなにぶんあまりポピュラー系にはさほど明るくないので、樋口さんの曲も知らなかったのです。 

 けれど、樋口さんとヴァイオリン、ギター、とチェロの編成でリハーサルを始めてすぐに、とてもいい雰囲気のアーティストだなぁと思いました。 最初は曲全体の構成やどの楽器とどんな感じでからむのかに注目していましたが、途中から余裕がでてきて樋口さんの歌う歌詞に耳を傾けていたら、だんだん心に染みてきて、本番のテイクでは、ほとんど涙がこぼれる一歩手前でした。鼻水もツーと出そうな気配で、あやうく放送事故??(大げさです。)

 歌は手紙~親愛なる子供たちへ~ というタイトルで、結構有名なもののようです。 もとはポルトガル語で書かれたもので、介護の現実を歌ったシリアスな内容ですが樋口さんの心のこもった歌唱と一体となって素晴らしいものとなっていました。http://www.teichiku.co.jp/artist/higuchi/disco/cg17_lyric.html 

 オンエアはたぶん、今月19日じゃないかと思うんですが、番組HPでもまだ告知が間に合っていないみたいです。

 

 収録が終わって楽器を片付けていると、顔見知りのスタッフの人が近くにきてさらっと「僕はチェロが一番(心に)きます」と声をかけてくれました。 受付のお嬢さんも「練習されていたのを聴いていて本当に美しい音でした。CDは出されていますか?」と言ってくれました。 ありがたいなぁ。

 僕はメジャーなアーティストではありません。知名度も低いですし、テレビに頻繁にでるわけでもCDが10万枚売れるわけでもないし、著名な音楽祭のレギュラーでもありません。けれど、自分のやっていることは信じて、いやなことがあれば芝刈りに精をだしてスイッチを切り替えて頑張ってます。

 それでも悪意のない一般の知人に何気ない感じで「○○みたいに有名になってよ」とか「△△みたいにテレビに出ればいいじゃん」とか、言われると凹みます。 それは僕がきめることじゃないし、僕は自分自身の価値観で生きています。 有名であることはもちろん素晴らしいことですが、それよりも大事にしたいものがあるのです。

 一昨日、僕のチェロを聴いて声をかけてくれた二人は、「有名だから」「テレビにでているから」といった理由ではなく、僕のチェロに多少なりとも心動かしてくれたのだとすると、アーティストとしてこれ以上の喜びはないなぁと思いました。 

 このブログの読者の方も、僕にとってはありがたい味方です。ありがとうございます。

 朝早く起きて場所間違いをしてゴルフして、テレビの収録で感激して、心の揺れ幅の大きい一日でした。 でもなんだか「生きてるなぁ」という実感をもてた9月8日でした。

« まったくお前って奴は! | トップページ | イターリアン »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、三宅さん。
「ミューズの晩餐」は樋口さんとのお仕事でしたか~♪
樋口さん‥素敵なアーティストですよね!私は前から存じ上げてました。北海道で放送され爆発的に人気が出た「水曜どうでしょう」というテレビ番組のテーマソングを樋口さんが歌っていたのをきっかけに知ったのですが‥好きなアーティストの一人です。
そのテーマソングは「1/6の夢旅人2002」という曲で樋口さんが作詞作曲をされた、聴いていると元気が出る曲です。私は携帯の着うたにしています(笑)もし機会があったら‥三宅さんも聴いてみてはどうでしょう?

「手紙~」も親の介護を歌ったジーンと胸に来る曲で凄いヒットしましたよね。特に親の介護をされている年代の方々から共感を得ていたようです。少し前にテレビでよく話題に取り上げられていました。

先月、樋口さんが「徹子の部屋」に出演されていた時もしっかりタイマー録画して見ましたよ(笑)

(すみません‥続きです)

三宅さんと樋口さんが共演された「ミューズの晩餐」凄~く楽しみです!!今からワクワクです。放送日が待ちきれないで~す☆☆

僕らはみんな 生きている♪

そのあとは、みんな〜ご自由にだと思います。繋がっている☆と気づいた時☆って、ほんと楽しいですよー 。そんな風に三宅さんのコトバから〜わたしのコメントに繋げてみました。

二日間。
考えに考えたコトバを添えてみます。

なんだか、安中は遠かった・

そして、毎度♪お楽しみの「ミューズの晩餐」。今回は告知くださったのが余裕の早さなので、うっかりしないように頑張ります。三宅さんが、ブルーライト☆にうかび上がるところが外せないpoint・なんですよ― 。

三宅さん、思いを言葉にして伝えてくださりありがとうございます。自分の時間を振りかえる←ことにもなります。これからもどうぞよろしく☆☆☆。

ティアレさん

本当に誠意の感じられる歌声でしたよ。ここだけの話ですが、テレビ収録でカンニングペーパー(通称カンペ)を見ないであれだけの長い曲を歌った人を初めて見ました。最初に曲を通したときにわれわれも心動きましたが、彼もうっすら涙ぐんでいて驚きました。

彼は素晴らしいのですが、ミヤケは演奏は大丈夫ですがビジュアル的に朝早起きしてゴルフの後でとても憔悴して映っています。けして体調不良とかではないのでご心配なく・・念のため。


AOKIさん

なんかなぁ、愚痴っぽかったかなぁ。でもスッキリしました。安中、本当に遠かった。。実はわりと行きなれていた場所なのに間違いのせいで・

今回は暗闇の中ではなく、最初から見えてます・・

音楽って、どうして心に響くのでしょうか。。。
響かない人もいるだろう中で、感じる出会いに感謝の思いでいっぱいです。
「そんなに行きたくなるコンサート、人がいて羨ましいな~。。。」とよく言われるのですが、もしかして珍しいの?…と思ったり。
行けることならもっともっと行きたくて、思うように行けず残念なワタシですが(笑)…週明け、そして来月半ばとまたまた東へ参ります♪

三宅さん、こちらこそ、いつもありがとうございます。
聴き手にとって、その演奏のみならずお話まで伺えるなんて…本当に幸せなことです。

眼で見ることができて、音が聴けて、それが何か自分に響くこと
いつも幸せに思います。

何かを伝えることはとても難しいことですが
思いは伝わります。

ぜんぜん、オッケー☆だと思います。三宅さんのおられる世界は厳しそうですもの。たくさんの安らかに眠っておられる芸術家さんのあとをゆかれる道なのだなぁと。思っています。
ところで、ミューズ♪が浮かびあがるシチュエーション☆でないのがよくわかりません。ので部屋を暗くして〜よくみます・

この夏♪三宅さんが浮かび上がった番組をみました。舞台はたいそう☆眩かったようでしたが、確かにうかびました。

三宅さん、まだお疲れならおやすみになられただろなぁ。。。

おやすみなさぃ♪。

三宅さんの文章にも心動きました。
前回のハチャメチャな、でも読んでてわくわくするような感じのもとっても楽しいですけれど・・
三宅さんの人間性にますますひかれてしまいました。
ところで、悲しいことに「ミューズの晩餐」は、こちらでは放映されていないんですよ。
そんな素敵な顔触れのそろう音楽番組が見れないなんて、やっぱり田舎は損ですね。


Novさん
音楽のチカラってすごい!と思いますよ、年に数回ですけれど・・ 僕らはちょっと麻痺している部分もあるんですよ、正直な話。
ところで駒の件でご連絡したいのですが、メアドを教えてください。

thoeryさん
思いをより深くしなきゃなぁ。課題ばっかりです、毎日すこしずつ・・


AOKIさん
厳しい世界ですが、楽しい世界でもあります。 僕が浮かんだ?昔から飛びたいとはよく思いましたが、浮かんでたならもう少しで飛べるか?

さくらさん
ハチャメチャのほうがスタンダードです。でもそれだけだとアホなのでたまにはまじめに・ テレビ東京は関東だけなのかな?


今夜も☆こんばんは。

うかぶのは〜、
照明さん、カメラマンさんの技だと思います。みるものの心意気♪でもうかびます。珍しくないのじゃないかしら。BS2の時は白いジャケットでいらっしゃいました。

旅してきます。
空も飛びます。

三宅さんは、ピーターパンより、スーパーマンのお衣装が似合いそうです。

このままに。

>音楽のチカラってすごい!と思いますよ、年に数回ですけれど・・

年に数回ではありませんが…すごい!と思いますし、助けられた…と思ったこともあります。私には香りから想い出が浮かぶのと同じで、その音や声を耳にするといろんなシーンが想い出されたり。。。

駒のこと、ありがとうございます。 とてもうれしいです。
よろしくお願いします。

自分を信じることって、他人を信じるより難しいことかもしれません。
でも、自分を信じられなければ、他人を信ずることは難しい・・・
自分を信じられるようになれば、他人からも信じられるようにもなるし、
他人から信じられれば、他人のことも信じることができる、から
信じるの把・輪・和、ができます。
ここで、そう思いました。今日もいいお話をありがとうございます。

すみません…先ほどの名前入力モレはワタシです。 失礼しました。 

Novさん

駒の件、なにしろ事務的なことが苦手なので、気長にお待ちくださいね。


hmさん
いやいや、いい話とかではなく、自分のことをちょっと書いただけなのです。お恥ずかしい。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110518/31312567

この記事へのトラックバック一覧です: 心動きました。:

» 樋口了一「ミューズの晩餐」に出演。 [Fairwindの管理人日記]
テレビ出演の情報です。 一緒に出演されたチェリスト、三宅進さんのブログで知りました。 番組名:ミューズの晩餐 放送局:テレビ東京 日時:9月19日(土)22:00-22:55 司会:寺脇康文、川井郁子 出演:樋口了一、三宅進 三宅さん「本番のテイクでは、ほとんど涙がこぼれる一歩手前でした。」とのこと。 チェロとの共演、素晴らしいものになったようです。 何か久々にブログ更新したなあ。 ちょっと仕事で立て込んでいます。 ...... [続きを読む]

« まったくお前って奴は! | トップページ | イターリアン »