フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 近況です・・ | トップページ | 昨日 »

国立西洋美術館

 ここのところ、連日上野の東京文化会館に通っています。明日とあさってに千住明さんのオペラ「万葉集」をやるのでリハーサル中です。

 東京文化会館の目と鼻の先に国立西洋美術館がありますが、今「古代ローマ帝国の遺産」展が13日までやっています。昨日のリハーサルのあとにフラッと立ち寄ってみたんです。

 Sn3j0200

今回はとくにポンペイのものがたくさん展示されていたので、とっても楽しかったですよ。庭園の壁画とか素敵だったなぁ。家の中の照明のランプとかすごくおしゃれだったのでビックリ。現代のと同じか、あるいはもっとセンスいいかんじ。紀元前にここまで文化が成熟していたなんてスゴイ。

それにしても13日までということでけっこう混んでました。

ワクワクしながら「古代ローマ」の企画展を見た後に、まだ時間があったので、常設展も見ることにしました。こちらは空いていてのんびり。だけれどひさしぶりだったので思わぬ充実ぶりに目を瞠りました。ゆっくりと絵画を見ていると、自分が師走の上野にいることなんてすっかり忘れて、外国旅行でもしているような気分になります。 

若いうちは美術館へ行っても、片っ端からどんどん見ていくスタイルでしたが、今は気に入ったらそこでじっくり、別にぜんぶ観れなくてもいい、というように変わってきました。 エージングですねぇ・

Sn3j0199

モネのコレクションがたくさんありました。いわゆる松方コレクションの一部です。僕はこの絵より、もっと若い時期のほうが好みなんですが、そっちのほうの絵の近くに学芸員さんがいて、ちょっと怖そうだったので写真はこっちにしときました。

フラッシュさえたかなければ常設展は撮影OKなんですが、まちがってフラッシュついちゃったりしたら、すごく怒られそうで・・ 意外にけっこう慎重なチェリストでありました。

 

« 近況です・・ | トップページ | 昨日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

先月、三宅さん達がいらしたヨーロッパツアーは、まったくもってわたしにはムリなハードさ♪に思われました。今日の上野の旅は、お家にいるのを忘れ〜こころの旅をすることが出来ました。
千住明さんの「源氏物語」は、この春「個展」という演奏会で聴かせていただきました。その世界観にびっくりしました。凄いなって。

予報では、明日は寒い雨....
来週からは一段と冷え込むそぅでこまります。皆さまもお気をつけてくださいね♪。

モネ、一番好きな画家です。
「光の画家」とは素敵な呼び名ですよね。
フランスに行くと必ずオランジェリー美術館へ行っていましたが、
リニューアルオープン後のオランジュリーはまだ体験できていません。

自然光を上手に採り入れた、とても素敵な美術館になったと聞いたので、
「光の画家」モネを、今まで以上に楽しめるのではないかと想像します。

是非、近いうちに訪れたいものです。


AOKIさん
いよいよ本格的に冷えますかねぇ。。
千住さんの音楽は、きわめて印象的でよく計算が尽くされているなと思います。スケッチだけで、あとの仕上げは弟子に任せている大先生も多い中で、すべて自分で書いておられるので、楽譜の質問をしてもすぐにきわめて的確に答えてくださいます。とてもソフトなタッチですけれども、芯の強さを感じます。

アサクラさん
モネは若い頃と年をとってからの作風が変わっていくさまがとても面白いです。もちろん晩年のほうが評価は高いわけですが、初期の初々しさもボクは好きです。 最近は、絵をみるときに「これは何歳のとき書いたのかな?」とかならず確かめて、自分の年齢と重ね合わせて思いをはせたりもします。

ミヤケさん こんばんは。
今日は本番でいらっしゃいますね…いい一日となられますよう。

『睡蓮』の写真アップ、ありがとうございます。
職場でお昼をいただきながら、同僚共にいい気分にさせていただきましたhappy01
日本人は、モネなど印象派とよばれる画家が好きな人が多いと言われますが、私もそんな一人。
その名の由来ともなった『印象 日の出』が好きです。
でも、一番惹かれているのは、彼の緑なのだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110518/32563164

この記事へのトラックバック一覧です: 国立西洋美術館:

« 近況です・・ | トップページ | 昨日 »