フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

やられたぁ?

 昨日のサントリーホールのブルーローズでのコンサート、あいにくの天気でしたが、まさに満員のお客様でした。 あのホールは舞台が可動式なのですが、昨日はいつもの三分の二しか奥行きがなくてビックリしました。 すこしでも多くの方に入っていただくための工夫ですが、ピアノの前ですこししかスペースがない感じでちょっと窮屈でした。

 会場に着いて、楽屋口から入って堤館長の部屋の前を通ると電気はついていません。「タスカッタ?」 そのまま舞台に行くと、今回の企画を担当してくださり、当日の司会もされたAさんが

「楽屋に行かれました?」 と意味深な表情でボクに質問してきたのですが、その場では意味がわからず、なんとなくスルーしてしまったのですが、リハーサルのあとに楽屋に入ってようやく意味がわかりました。

 Sn3j0240

なんと堤先生からのお花が飾ってあるじゃあーりませんか!(古いギャクだな、これがわかる人は間違いなく昭和30年代以前のお生まれです)  とても嬉しかったですが、同時にものすごくプレッシャーかかりました・・ 本当にありがたいことです。

 サントリーホールの大ホールでは東京交響楽団の公演があり、廊下であの飲んだくれグループ「三宅組」のメンバーのひとりに会い、そのまま大ホールまで組員の顔を見に行きました。 ひさしぶりの桐朋時代の仲間にも会ったりして、本番前の時間があっという間に過ぎました。

 コンサートは浜名実貴さんの素晴らしい朗読、お客さんの真剣な鑑賞態度にも後押しされて、まずまずうまく弾けました。 まさにみなさんのおかげですね。大阪から飛行機で日帰りで聴きにきた人もいたりして、感謝以外に言葉が見つかりません。

 来週は神奈川フィルの「音楽堂シリーズ」で金聖響氏の指揮で、シューベルトの名曲交響曲9番「グレート」をやります。 シューベルトはとても好きな作曲家なのですが、あの長大さの意味がわからずにこのトシまできましたが、今回はキムさんの大胆なアプローチで長さの秘密がわかるかもしれない、とワクワク楽しみにしています。 よろしくお願いします、マエストロ!

ん?

ん?
一見すると喫茶店みたいですけど、ここは実は美容室。 なんで水? しかもその横にはさっきまでペペロンチーノがあったんですよ、食べちゃったけど。

二階にあるこのお店、一階のカフェから出前がとれるという珍しいシステムです。 さすがにカット中は髪が入ってしまうので食べられませんが、美容室はけっこう待ち時間があるので時間潰しには有効?

僕は今日カラーを入れたので、その待ち時間に食べようと思って、お昼時で時間かかるだろうという予想で早めにオーダーしたのが失敗だった! まだカットしてる最中にパスタ到着! カットが終わった時点で大慌てで食べましたよ、アタマに銀紙巻かれながら。

オーダーしたタイミングもまずかったけれど、パスタもミスチョイスだったなぁー。サンドイッチとかにしておけばなぁ… 後の祭り。

す、すみません

 更新する気満々だったのだけれど、バタバタしていてゆっくり「ピチカート」ネタを書けなかったですよ・・ いろいろ書きたいことはあるのにまとめきれず。。

 いい天気で嬉しいことになりそうな今週。花粉症もやや心配な感じですが、頑張ってまいりましょう! えっ?芝刈りには行きませんことよ。

 明日はいよいよ土曜に迫ったサントリーのコンサートのリハーサルです。 いま、朗読界の日本ナンバーワンの呼び声高い前進座の看板女優、浜名実貴さんとのコラボです。 サントリーホールの小ホールではお正月早々、三枝さんのチェロアンサンブルで大汗かきましたっけ。 今回はもうすこしゆったり弾けると思いますが、館長室から堤先生が出てこないとも限らないのがあのホールのコワイところです。 

 それにしても民主党もバタバタしているのは悪いけれど、また自民党に投票するのってドウイウコト?? 今の自民党に入れるのは完全なる自殺行為、日本を見限ることにしかならんでしょう?もう潰しますか、この国?? 前々回は小泉にいれて、前回は民主党、今度は○○党? 飽きっぽくてマスメディアに流されやすい誰かさんたち、せめていずれ現れるかもしれない現代のヒットラーにだけは入れないでくださいね・・・

速報

恒例の室内楽シリーズ、Chamber Music , Anyone ? の次回公演が正式に決まりましたので、早速のお知らせです。 チラシも出来上がり次第アップしますが、まずはみなさんスケジュール表にチェックお願いします!

日時 2010年5月30日(日曜日)午後7時開演

場所 東京文化会館小ホール(上野駅前)
主催音楽芸術家協会
公演名 Chamber Music , Anyone? vol. 14 音楽はふたたびわたしたちを結びつける
出演 フェデリーコ・アゴスティーニ(ヴァイオリン)三宅進(チェロ)チェ・ロイス・ソンエ(ピアノ)ウ゛ィオラ出演交渉中

曲目

コダーイ ヴァイオリンとチェロのための二重奏

ベートーウ゛ェン ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第5番「スプリング」

ブラームス ピアノ四重奏曲第1番


こんな感じですね!聴きどころはなんといってもアゴスティーニのヴァイオリンです。 イ・ムジチ合奏団黄金期のコンサートマスターとして一世を風靡した彼ですが、音のたぐいまれな美しさ、技巧の素晴らしさは言うに及ばず、なんといっても音楽的霊感がスゴいです。音楽的に特別になにもしていないのに、全てがそこにあるという天腑の才能です。

10年ほど前でしょうか、彼がウチにに来てチェとブラームスの「雨の歌」を遊びで合わせた時は、ボクのカラダ中に電気が走ったものです。大げさにいうと「死んでもいい?」(イヤだけど)

最近しばらく会っていなかったんですが、ちょっと連絡することがあり、このコンサートになりました。

スプリングは季節にもあっているし、なんでも「のだめ」で有名になったんですって?

コダーイのユニークなデュオ、シェーンベルクのオケへの編曲でも有名なブラームスの名曲ピアノ四重奏曲第1番 とオイシイ曲満載。

無理とは思いますけど、出来るなら上野の文化会館を満席にしたいんですよ。それだけの値打ちがあるコンサートになると思います。

チケット発売日決まりましたらお知らせします。

明日は「ピチカート」についてのココロだぁっ!


みなさんを混乱させたバツに、チェリストミヤケが空き時間に遊んでる場所大公開?!(大したことない情報だねぇ、もうちょいマシなこと公開すればいいのに?)

何はともあれ、この場所はというと神宮外苑にあるゴルフ練習場です。とはいっても、みなさんよく写真をご覧になってください。 ゴルフ練習場にしては変だなぁ?なんか低いフェンスが見えますよ。実はここは野球場なんですよ、大学野球の試合の時は使えません。

都会にある遊び場だけに料金は高めですが、そのぶん無駄打ちをしないようによく考えながら練習するのでいいですよ。
気をつけていると芸能人の人もちらほら。実はボクも健康保険は東京芸能人国保っていうのに入ってるんですよ、スゴい? え、お呼びじゃない…こりゃまたシツレイしましたぁ。

やっぱり??

 ショートプログラムの演奏はCOBAさんでしたが、どうやらフリーの曲はニーノ・ロータの「道」。。ということはやっぱりボクたちの弾いた曲なんじゃないかなぁ? ちなみにこのアルバムの収録曲です。http://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AE%E3%83%A5%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%88-%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%BB%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-2010-%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%90%E3%82%B9-%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B002MZR02M/ref=pd_cp_m_1

 録音するときに「高橋選手の使用曲」って聞いてレコーディングしたので、たぶん間違いないと思います。AOKIさんも皆さんもアンシンしてくださいね。

訂正

なんか今聞いたんだけど、高橋選手のフリーの曲、僕たちの録ったやつじゃなくなったらしい…(;□;)!! ザンネーン。 みなさんお騒がせしました。

とりあえずご報告!

時事ネタ? フィギュアスイケート

 一応、ヴァンクーバーオリンピック、ちらちら見ています。エコポイントにつられて?昨年テレビを買い換えたのでなかなか綺麗な画面で楽しんでいます。

 昨日のフィギュアスケートのペアは面白かったなぁ。ロシアに帰化した川口さんのショートプログラム、曲がサンサーンスの白鳥で 「お!」とついつい聴いてしまいました。職業病です。 あの音色はいかにもロシア流派のチェロ弾きですねぇ、けっこううまかった。 (こんなこと書いて、実はフランス人が弾いていたりするんですよ・・ ヴィブラートの感じはあまり、ロシアぽくなかったんです、実際。 うわ、弱気、ロシアのチェリストじゃなかったときのために保険をかけてるいやな自分・・ )

 川口ペアの演技終了後に解説の方がさかんに 「よくふんばった」 とか 「こらえた」 とか言っていましたが、その感覚よくわかります。 僕らもギリギリのところを堪えてなんとか細かいミスをミスをミスに聴こえさせないということは、ままありますよ。

 完璧で気持ちよかったという演奏と、こらえた演奏の比率? そんなのいえるわけないじゃないですか・・ 秘密秘密。

 オリンピックのフィギュアスケートは高橋大輔さんのフリーの曲が、ヴァイオリンの松本欄さんのカルテット&バンドネオン&ピアノ&クラリネットで録音したものがたぶん使われるのでちょっと楽しみ。 前にも書いたかな?チェロはボクです。 たぶんチェロのパートなんてまったくわからないと思うけれど、オリンピックの大舞台で弾いた曲が流れたら、やっぱり嬉しいですよ。 

チョコレートの日!

 Sn3j0070

今日はバレンタインデイといういうわけで、日本中で大量のチョコがとびかったわけですね。 僕のところには、かわいらしい義理チョコのペンシルチョコがやってきました。 これ、まだあったんですね!

 昨日は国道246号青山通りの外苑の交差点のすぐそば、SUBWAYを曲がると都会の喧騒が嘘のようなお寺があり、その中のホールでちょっと弾いていました。

 内容は仏教のお坊さんとキリスト教の牧師さん、シスターたちの集まりで、核廃絶について考える集会でした。最初にスティーブン・リーパーさんという広島平和文化センターの理事長の方の講演、そして僕とピアノのチェが30分ほどコンサートをしました。

 リーパーさんの講演で印象的なことばがいくつかありました。

「核抑止論は、非常に遅れた考え方」

「オバマは核廃絶にたいしてきわめてがんばっているけれど、国内の軍需産業ににらまれて殺される危険がある」

「環境問題は、全人類で立ち向かわないと解決できない非常に難しいことだが、核廃絶は、たった9人の世界のリーダーがなくそうといえばすぐに実現できる」

 興味深かったです。ユーモアも交えて1時間強、日本こそが核廃絶にたいして強いリーダーになれるというお話でした。 本当に人間はどうやったら仲良くやれるんでしょうかね・

おかげさまで

 25万アクセスが近づいてきました。前回20万アクセスのときは当選者の方と楽しいランチをご一緒しましたよ。 今回はどんな企画にしましょうかね? 検討中です。

 今週は打ち合わせやリハーサルが主で、いわば仕込みの週です。こういう時間って本当にありがたいですよ。気持ちもリフレッシュしますし、本を読んだりもできます。今読んでいるのは、ちょっと渋いのですが、スタインベックの「怒りの葡萄」。この前、三島にいったときに駅前のさびれた本屋さんで購入しました。

 実家の本棚にあるのは知っていたのですが、大きくてかさばりそうだし、昔の旧仮名遣いだとなんだか読みにくいしということで文庫本を買いました。 けして繁盛している雰囲気の本屋さんではありませんでしたが、会計のときにおじさんがちょっと嬉しそうに「これ、いい本だよ、たしかなんか賞とったんだよ」 って言いながらカバーをかけてくれました。 

 ああいう会話って、最近の大きなブックストアではなくなってしまったなぁ、仕方ないことなんだろうけれどね。

 あと並行して読んでいるのは、 「斉藤秀雄講義録」(白水社) これはなかなか勉強になりますが、一挙に読むというよりは考えながらすこしずつ進めています。

 昨日は中学時代の悪友と芝刈りにもしっかりと出かけましたよ。4月並みのポカポカ陽気の中のんびりと散歩気分でゴルフクラブを振り回してきました。スコアはなんとか二桁でおさまるといったおやおやな感じでしたが楽しい時間でしたSn3j0234

ひさしぶりにあの人に会いました

 昨日のオペラガラコンサートの本番前にヴァイオリンのOとKの三人で中華街でとりそばでも食べようや、ということで歩いていました。神奈川県民ホールから中華街は徒歩5分ほどです。

 信号待ちの交差点で「ミヤケサーン オヒサシブリ」という少し高めの男性の声がしたので振り返ると、今日のコンサートの司会の青島広志さんじゃないですか。

「お昼、行かれるの?ご一緒していいかしら?」 あっというまに合流してました。

中華街のお店でブルーアイランド・ワールド炸裂

「なんでミヤケさんが神奈川フィルで弾いているの?」

「Oさんは結婚なさらないの?年とっちゃうわよ」

「ミヤケさん、右の前歯がすこし出てきたかもよ、歯がゆるんでないかしら。さっきもフルートの女性に右と左の眉毛が違うっていっちゃったの」

「今日のコンサート、前のほうにワタシと同じ○ゲの方が多いのよ」  (えーっと、テノールのソリストと指揮者と、たぶんヴィオラの首席のことも言ってるのか?)

 限界のないトークがスゴイです。コンサートでも

「アルフレッドのソロはチェロの一番前に座っているかっこいいミヤケさんが弾きます」 だって・・

 本番終わって舞台袖に戻ってきたら、記録用の録音を録っていたオクタヴィアレコードのOさんに思い切り冷やかされました・・・・

「かっこいいミヤケさん、おつかれさまでした!」

 それにしてもあれだけ面白いトーク話せるのはやっぱりアタマいいんだよなぁ。

珍しく

珍しく
お酒のお話です。
昨日、チェロの弟子のお父さんがお酒を届けてくれました。ボクはそんなに量を呑むわけじゃないんですよ。だけど好きは好きなんですよ。
朝絞ったお酒、爽やかでとっても美味しくいただきました。最近ビールの消費が減り、ワインや焼酎に興味アリ。 日本酒は次の日に残りやすいのでなんとなく避けていましたが、今回のお酒はヒットでした。

今も神奈川フィルの本番が終わったので近所でまったり飲んでます。沖縄料理や、いいよぉ

得意?

 人にはいろいろな得意な分野があるものですが、僕も不思議なことが得意です。

いちばんくだらなくて、でもおそるべき精度を誇る才能は、数人で外食したときのお会計予想。 だいたい数百円しかズレマセン。22500円の予想をしたら22550円だったということもあります。 えっ?暗算しているんだろうって? とんでもない、そもそも僕は算盤小僧ではありません。 それにメニューの値段も見ていないし、アルコールも入っているのにいちいち計算なんてしませんよ・・

 だけれども「そろそろ行こうか」ってことになり、お会計をお願いするときになんとなく「00000円」って思うと、いい線いくんですわ。

 この実にむだな才能?なにも使えません・・

 みなさんもユニークな得意ワザがあったら教えてくださいね・ 

 Sn3j0068 写真は新しい駒です。無駄の少ない、しかししっかりとした美しいシェイプだと思います。前回のはオーベルトという会社の材料を加工したものですが、今回はデスピオという会社です。 オーベルトは昔からある有名ブランドで、確かにいいものもありますが、最近は名前に品質がついていかない場合もあります。 デスピオはしっかり硬くて、好印象です。 やわらかすぎの材料だと駒の部分で音が吸収されるような気がします。

 

いいみたい

 昨日は、東京での雪もたいしたことなく、クルマで三島に出かけたわけです。三島についたらよーく晴れていて雪なんて気配もなしでした。 僕の車の後ろの窓にはまだすこし雪がつもっていたのですが、なんだか明るく晴れて暖かいご当地には似合わない光景でした。

 三島駅から近い三島市民文化会館で弦楽合奏のコンサートだったのですが、ホールに入るまでいままで弾いたことがあるか記憶が確かではなかったのですが、ステージから客席を見て「ああ、ここは何回か来てるなぁ」ってわかりました。

 いままでの演奏記録とかつくったらおもしろいんでしょうねぇ・・ 

 舞台の上ですこし個人練習したら、先週できたばかりの駒が結構な威力だということがわかりました。 ホールでしかわからないことっていっぱいあるんです。 オーケストラも本来、練習時からホールでやるべきだというもよくわかります。

 だいぶ音もなじんできました、今月27日のサントリーにはちょうどいいかな。 ちなみにそのチケットはほぼソールドアウト・・ありがたいことです。まあ、小ホールですけれどね。サントリーの大ホールを満席にできるのは大谷康子さんくらいでしょう・・

 

 

今日は東京でも雪か?

雪って、オトナになった今ではあまり大歓迎という訳にはいかないですよね。雪かきはしなくっちゃいかんし、電車は遅れるし、クルマにチェーンをつけなきゃいけないし、およそ有りがたくないことばかりです。

でも考えたら子どもの頃は雪が降ると楽しくて嬉しくてたまらなかったなぁー。
実家のある東京町田の鶴川という場所は、降る時はかなり積もっていた記憶があります。沢山雪の降った朝は幼なじみのアキオくんと学校までの坂道を段ボールをそりがわりに滑っていったものです。中学の時はヤマキがスキーで登校して先生にどつかれたとか言ってましたよ、なんとものどかな田舎の学校ですよね。

寒い日は教室のストーブで餅焼いたりしてたなぁ、隣の5組のカトピンとかはお昼休みに温かいゴハンを食べようと、ストーブに飯盒かけてましたよ。3時間目くらいになると僕たちのクラスまでゴハンが炊ける匂いがしてきたものです。今じゃありえないでしょう?

雪の話に戻ると、桐朋時代のことも思い出します。 ブラジルから来ていた留学生のタケダくんが初めて見る雪に大興奮、皆で仙川駅前で降りしきるボタ雪の中記念撮影しました。
「ボク、このシャシン、おかあさんにオクリマス」のひと言に皆ほのぼの。

そのあと学校に戻って、みんなで屋上でかまくらを作りましたよ、本当に大学生か?

こうして書くと、雪って懐かしい思い出ばかりです。 それなのに、雪降るなよぉと願う今の自分がいるんですよ。だって明日静岡の三島に行くんですよ、積もったりすると厄介! あ−ぁ、イヤな大人になっちゃったかなぁ。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »