フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ホントにすみませんです・・ | トップページ | オンタイム »

街角で昔の彼女に会ったみたい・・

 今日は茅ヶ崎市民文化会館でラスカという駅ビル主催のチャリティーコンサート。年に2回ほど集まるオケですが、コンマスの木野くんをはじめ、各セクションに名人揃いでとても楽しい団体です。フルートを佐久間由美子さんが涼しい顔して吹いたりしていますからね、びっくりです。

 今回の指揮者は山田和樹さんという昨年ブザンソンコンクールを制した若手と、チェロのソリストは遠藤真理さんというこれまた若手いちおしの名手です。

 練習のときに演奏しながら、遠藤さんが弾いているチェロを見ていて、なんだか胸騒ぎがしたんです。(あれぇ、僕はなんだかこの音知っているぞ?」 デジャヴュ、既視感といった感じです。 そして大変美しいヘッドを眺めていたら、

「あ!」  わかっちゃいました。 これって僕がアメリカから帰国してわりとすぐの時期に5年間くらい愛用してたチェロ! シモーネ・フェルディナンド・サッコーニという名匠の1924年の作のものではないですか!

 リハーサルのあとに遠藤さんに

「それって何年のサッコーニ?」って聞いた瞬間に

「もしかして三宅さんですか?」 と聞き返されました。

なんでもいろいろな場所で 「ん?その楽器見たことある」とか「三宅のでしょ」って言われるんだそうです。 ご迷惑かけてすみません。。 

 本番のロココヴァリエーション、とってもいい音で弾いていました。僕はあのサッコーニであんな太い音は出せなかったなぁ。すごいですよ。 彼女が弾いているのを見てとっても嬉しく、そしてすこしばかり複雑な気持ちに。

 ちょうど、昔付き合っていたんだけれど,一緒にいることが辛くなって別れてしまった彼女がいまは素敵な家庭をもっているのを偶然見ちゃった感じ。 銀座の歩行者天国かなんかで、かっこいいご主人とかわいい男の子と三人でパラソルの下でアイスクリームかなんか食べちゃって。彼女は昔よりずっと美しく優雅に見えて・・・・

 想像膨らませすぎですね。   こんなことをチラっと思っていたら、今の僕のパートナーのトノーニがブンブン怒り出しました。楽器って直接触れて弾くので、なんとなく感情が分かる気がするのです。

 「あ、ごめんごめん、今いくよ」  もう一度だけパラソルの方向を少し振り返ってチェリストミヤケは歩き出しました。

 後半のシェラザードのソロ、トノーニはいい音してました。僕っていうより彼女がなんだか張り切った??

「あんな若い小娘に負けてたまるもんですか!」

 サッコーニ1924年生まれ、そしてトノーニは1730年生まれ・・・そりゃ違いすぎるよ。

  差し入れをくださったmateliaさん、ありがとうございました。

« ホントにすみませんです・・ | トップページ | オンタイム »

楽器」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
今晩の茅ヶ崎文化会館でのコンサート聴きに行ってきた者です。素晴らしい演奏だったので、家に戻ってさっそくパンフレットに記載されていた演奏者の方々をネットで検索していてこのページにたどり着きました。
ロココを演奏中の遠藤真理さんを物凄い眼力で見つめるチェロの方がいるな~と思っていたら、そういう事情だったのですね。
すみません、三宅さんも遠藤さんも今晩初めて知りましたが、お二人のチェロ(対決)とても素敵でした。
シェヘラザード後半のチェロのソロ、ロココの遠藤さんの熱演を受けて、とても気合いの入った、渾身の演奏がきっちりと客席に伝わっていました。
山田さんの指揮も初めてでしたが、溌剌として、分かりやすくて客席で見ていても楽しかったです。思いがけず素敵な演奏会に出会ってしまいました。

迷いました、昨日まで!でも、やっぱりグランチーノに会いに行ってしまいました。両方に会おうなんて100年早い(*≧m≦*)でも、一緒に・・・・!
なんだか、迷惑メールと間違いそうですね。神奈川フィルの定期、良かったですよ。でも、茅ヶ崎にも行きたかったのですhappy01

ふと思い出したのですが、昨年ミヤケサマの東穀コンサートにうかがったのが、4月24日の金曜日。そのときに御挨拶方々、心臓バクバクさせながら(←意外に人見知り激しいのでお初にお目にかかる方の前では超緊張状態 heart03・・・)楽屋にうかがって、はじめてお話をさせていただいた折、
「今日のチェロは初めて本番で使用したので、まだお見合中のような感じで・・・」
とおっしゃっていらしたのが印象的でした。

そういえば、コントラバスの名手、ゲーリー・カー氏は、自分の「彼女」=所有楽器すべてにニックネームをつけていて、またそれぞれに「正妻」「愛人」「ファースト・ガールフレンド」「セカンド・ガールフレンド」・・・の「肩書き」もあったそうですよ。例えば「1611年制ニコラ・アマティが正妻で、名前はクッシィー」といったふうに・・・。
ミヤケサマのトノーニにはどんな名前がいいかしら。
ドンナ・オッターヴィア、クラウディア、ソフィア、イザベラ・・・

三宅さんのそのユメのような再会劇(°O°)??には、びっくりしました。
実況してくださった方もおられるし (笑み。
人と人との繋がりを大切にとお話もされていたけれど、チェロとの深くて長いおつきあいのお話もいいですね☆はぁぁ〜

愛に生き、チェロに生き♪♪ (これは三宅さん。)

昨夜はステキな演奏有難うございました!!!

ホールに連絡したら、当日でもチケット買えますとの

こと、その上座席もお選び下さいと言われ、前方にし

ました。しかし・・・余りにステージが近くて、どこ

を見ていいのやら・・「本当は何処を見たらいいので

すか? 三宅さん」お教え下さい(笑)

山田さんの指揮、スタイリッシュでしたが熱いものを

感じました。遠藤さんのチェロにそんなエピソードが

あったとは・・またまたビックリ(*_*)

「シェラザード」では、後半たっぷり三宅さんのソロ

を堪能させて、頂きました。

280才のトニーニには、誰も敵いませんね、柔らか

く優しい音色でした。

最後はウィーンにまで、連れて行って頂いて、会場全

体が一気に華やかになりました。素晴らしい音楽に触

れると細胞が活性化して、心からHAPPYになれま

す。本当に楽しいひと時でした。

ところで三宅さんのピカピカの靴は、勿論でしたが山

田さんの靴が、RED&BLACKのコンビで、とっ

てもオシャレでした。(靴を見るなら、音を聴けと叱

られそうですが スミマセン)

最後に、今回のタイトルも意味深でちょっとドッキリ

しました(*^_^*)

三宅様

先日はお会いできて、本当に感激でした。
演奏会もお世話になりありがとうございました!
連絡先をお渡しできなかったので、すごく後悔していました。ブログを発見して感激!!もしメッセージを読んでくれていたら嬉しいのですが。

いつでもサッコーニ、弾いてあげてください!

でもこの記事を読んで、分かる分かる、て思いました。なんだかロマンティックですよね!
私は昔のサッコーニを知っている、と言う事にちょっとジェラシーです笑
でも年を重ねる毎に音色に幅が出て来て一緒に成長している感じです!

また近々お会い出来るの楽しみにしています!

ある晴れた日に♪。東京文化会館に。

遠藤真理さん☆のその演奏☆を聴かせていただきました。日曜は駆けて行けたから。
そっとみつめながら聴き入ると、わけもなく....(°O°)

モネの睡蓮も杜の新緑も5/30のチケットも眩しかったです。

ちょっと人騒がせなタイトルでしたね・・たくさんのコメントありがとうございます。

 ma33さん
初コメントありがとうございます。いやいや、演奏のときに遠藤さんを見ていたのは呼吸を読んでできるだけつけようと思っていたんですよ。楽器をジロジロ見ていたのはリハーサル中です。 演奏喜んでいただけたなら何よりです・・またブログにもコンサートにも遊びに来てくださいね。

 nonnさん
nonnさんのような方がいらっしゃるのは僕らにとっては本当に嬉しいことです。みなさんが迷うくらい魅力的なコンテンツを増やしていかなきゃねぇ・神奈川フィルさんはシュナイト体制から金聖響体制に代わって変革のときですね。知名度はやや都内のオケに譲るにしても実力はまったくひけをとりません。これからも応援してあげてください。 

 hmさん
ちなみに僕も内心はかなり人見知りですが、それよりも好奇心が勝ってしまうため、行動自体はまったく人見知りとは違う感じになってます。

チェロの名前ですかぁ、考えたこともなかったな。こどもの頃、自転車には名前つけてたけど・
「アガーテ」とかどうかな?

 Aokiさん
ハハハ、トスカですか! なんだか相当ロマンティックな生活をしていると思われてるのかな。。実際地味なもんですよ、こころは自由ですけど。 内心の自由ってやつですかね。

 materiaさん
お越しいただき、ありがとうございました。ステージに近すぎると困りますよね、たしかに。
以前ウィスペルウェイがまだあまりブレークしていない頃にショスタコーヴィッチの協奏曲のコンサートの招待状をもらってサントリーホールに行った事があります。
 チケットをもらってビックリ、前から3列目の真ん中じゃないですか! しかもおとなしく目立たないようにすわっていたのにNフィルの友人たちがめざとく僕を発見して舞台上からこっちを指差すものですから恥ずかしくて赤面しました。
 「あれ、ミヤケが来てるよ、ミヤケが」 といった感じです。チェロの首席は長年の友人のK君でしたが、終演後に会いにいったら「あんなとこ座るなよぉ」ってプンプンしていました。

 こっちだってどこ見ていいのか困って目をつぶって聴いていましたよ。

 極めつけはウィスペルウェイが本番中に暗譜がわからなくなって両手でバツサインを出して演奏が中断して、また最初からやり直しになったことです。 ビックリして心臓バクバクしました。 以来、前のほうの席には座りません。。


 遠藤真理さん
おやおや本人からわざわざコメントありがとうございます。勝手にブログに書いちゃってごめんね。 どうせならサッコーニと遠藤さんの写真を載せちゃったら面白かったかも。 あ、、でもそうすると遠藤さんのことを僕の元カノと早トチリする人とか続出してマネージャーさんに怒られそう・・(Sさんですよね?奥さんも元業界人でずいぶんお世話になりました。)

 AOKIさん
有意義な日曜日ですねぇ。僕もそういう時間がほしいなぁ。美術館行きたいし、本もゆっくり読みたいし・・
 

 

今サリー・ガーデン聴きながらここに辿り着きました。
これがサッコーニなんでしょうか。

素敵ですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110518/34358981

この記事へのトラックバック一覧です: 街角で昔の彼女に会ったみたい・・:

« ホントにすみませんです・・ | トップページ | オンタイム »