フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« マケドニア その1 | トップページ | 次はコソボ! »

マケドニアその2

 昨日、国立の博物館でリサイタルでした。写真をアップしたいのはやまやまなんですが、持ってきた小さいパソコンに写真の編集ソフトが見当たらず、サイズを変更できないのでアップできないのです。。 なくなってもいいように、ドコモで無料でもらったパソコンをもってきたのはよかったけれど、さすがに最小限のことしかできません。

 昨日、一番びっくりしたのは本番5分前にいきなりテレビクルーが現れて、インタビューが始まっちゃった事です。 聞いてないぞ!打ち合わせとかなにもなしにカメラ回してましたよ、! しかもインタビュアーがロックスターみたいな格好のおねえさん??

「年に何回くらいプロのコンサートやってますか?」 とか「日本でクラシックコンサートに行くのは大変?」 などズレ気味の質問を連発していました。 そのまま帰るのかと思いきや演奏も最後まで収録してましたよ。 

コンサートはお客さんが熱心でとってもいい雰囲気でした。予想どおりBUNRAKUは大好評でしたが、ショパンのチェロソナタも喜んでもらいました。 批評家の人とも話しましたが、新聞とラジオでいい評を書いてくれるそうです。嬉しい(*´∀`*)ことです。

 こちらにきて若干めげてるのは食事かな。。Photo_4 鮮度は悪くないけれど単調です。地元のマケドニア料理以外はたまにイタリアンがありますが、うーん。。。今なら日本の外食産業、すべて素晴らしく美味しくいただけます。吉野家の牛丼、普段は食べませんがたった今ここで食べられるなら2000円払ってもいいです。。 ちなみにこの街にはマクドナルドすらありません。

 みなさん期待のトラブルですが、今のところ大きなものはないですね。昨日シャワーを浴びようとしたらなんと横の壁からお湯がでてきて服のままずぶ濡れになったことがありました。

 あと、オフリドという街に観光にタクシーで行ったら運転手のお兄さんが

「ねえねえ、ちょっと寄り道していい?」 とか言い出して

「まぁいいけどさ、なんで?」 と聞いたら

「ボクの彼女、連れてきたいんだけど・・」 と驚愕の提案をしてきました。

もう面倒になったので

「好きにすれば」って言ったら、すっごく嬉しそうになり、彼女の住む村まで迎えに行きましたとさ、なんのこっちゃ。Photo_5

↑の写真こそはドライバーくんカップルです。とっても幸せそうですね。

 真面目に困っているのは、マケドニアに入った途端、携帯メールが使えなくなったことです。僕の仕事の半分は携帯メールで請け負っているので、さてさてどうしたもんだか。「ミヤケのやつ、ヨーロッパで浮かれて返事もしてこないよ!」 って思ってるそこのあなた! 違うんです、携帯メール届いていないんです。パソコンメールか、直接お電話くださいね。 ちなみに時差は7時間。 日本時間からマイナスしてください。 朝の11時だったらマケドニアは朝の4時です。

 明日はスコーピエという街でリサイタルです。

« マケドニア その1 | トップページ | 次はコソボ! »

コメント

三宅せんせいの弾く、chopinのチェロソナタ&bunraku、聴きたいなぁ。もちろん放送料は、、ですよね。マケドニア女性を引き連れて、スタジオに現れるのを楽しみにしております。健康にはお気をつけてくださいませ。マケドニアで芝刈りは?笑

ottoさん
マケドニア、音楽祭のディレクター紹介しますよ! マケドニアはおそらくゴルフ場はないだろうなぁ。サッカーは盛んみたいです。 再来週あたり、パーシモンホールの長い仕事とか行きます?? 

三宅さん お忙しい中マケドニアからの、ご報告有難うございます。

コンサートも好評で、何よりでしたねnote

TVのレポーターのお姉さんが、ROCKSTARみたいというのが、面白いですねhappy01

お食事イマイチなのが残念ですね、旅での食事は大切ですもの。

スコーピエ調べてみました、マザーテレサの出身地でした。

今日も楽しい一日と、なりますようにshine

三宅さん☆ワールドが歓迎されているご様子で、うれしいですね(=^▽^=) 。
どうして〜〜、タクシー☆ドライバーさんのハートは燃えたのでしょう??
そのままに。

ちぇろやすさん風に。
きっとheart04帰っていらしてくださいね。。お忘れ物なく‥

再来週は、槇原敬之ライブ@武道館です。パーシモンでレコーディングなんですか?
そうそう無事に帰ってきて下さいね。間違っても中国寄ったりすると危ないですよ。あ、それから皆さんと同じく、忘れ物とかも笑

お食事がなんとも・・・絶食にはいい機会ですが、
まさか大事な演奏会を控えてそんなこともできないでしょうから、
ここは忍びがたきを忍んで・・・
これは帰国されたら、一気にごはんがススム君ですね。

横の壁からシャワー、日本でもひなびたビジネスホテルなんかでありましたよ。
何が起こるかわからないのはどこに居ても同じですが、
大事なく過ごされるのが何より、
とはいえ、
素通りするだけではつまらないので、
小さな驚愕はぜひ愉しんでいらしてくださいね。

遠い異国から楽しい楽しいダイアリー。嬉しいことです。
写真はお帰りになってからってネッ!!

ヤキニク、アンパン、イタリア〜ン♪
耐え抜いてくださいね〜。
ゴハンが♪ゴハンが♪ススムくん〜♪
ついつい歌っちゃいました…。
ゴメンナサイ。

materiaさん

マザーテレサの出身地というのは知らなかったので、助かりました。かなり貧しい街でビックリしました。いわゆるスラム街みたいな場所が多いです。

AOKIさん
タクシードライバー君は暇なときは僕の泊まっているホテルのレストランのボーイもしている働き者くんです。かわいい男の子なので大目に見てあげることにしました。

ottoさん
今はもっとアブないコソボにいますよ、またお会いできるのを楽しみにしてます。室内楽やりましょうね。

hmさん
おかげさまで驚愕の日々です。朝の5時に教会の鐘鳴らすのやめてほしいです、まったく・・

チョコさん
スコーピエ、コソボと食事の状況はぐっと改善されて嬉しい限りです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110518/37098265

この記事へのトラックバック一覧です: マケドニアその2:

« マケドニア その1 | トップページ | 次はコソボ! »