フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« ミヤケ、一応今年の総括・・ | トップページ | おめでとうございます。 »

変な気持ちです。

 今日はロリン・マゼール指揮の岩城メモリアルオケのベートーヴェン交響曲全曲演奏会の日。インターネット環境の整っている方はhttp://www.ustream.tv/channel/beethoven-2d (映像共)

http://www.ustream.tv/channel/beethoven-audio (音声のみ)で結構いい音でライブが聞けます。 僕の出番は10時半くらいからの第9番なので、まだ家にいてそのライブを聞いていますが、なんだか落ち着かない変な気分です。コメント欄にちょっと書きましたが、第7番が素晴らしいらしいので舞台袖で聴こうと思っています。

 みなさんも掃除をしながらでも聞いてみてくださいな。今は休憩時間でトークやってますけどね。

 それにしてもインターネットでいろんなことのできる時代ですね。今日のコンサートはたくさんのお客さんがいて、さらに中継という手段なので、まぁ驚きませんが最近ビックリする話を聞きました。

 僕の友人で競輪ファンがいるのですが、今や競輪は会場に来て応援する人より、インターネットで投票する人のほうがはるかに多いんですんって。それで来年から会場によっては、お客さんを入れないでインターネットの投票のしやすい夜の時間に試合をやるんですって、しかもそこの場所にはお客さん無しで! 夜中に選手だけが集まって、(もちろん競技運営関係者も)声援もない中ヨーイドンってやるわけです。 なんだか本質的に違っている気がします。 競輪は僕は縁がない世界ですが、これがクラシックの世界に波及しないっていう保証があるのでしょうか??

« ミヤケ、一応今年の総括・・ | トップページ | おめでとうございます。 »

コメント

早速アクセス致しました、只今休憩ですねhappy01

次は6番「田園」楽しみで~す。

由美子さん、ご一緒に偉大なべートーベンの音楽と三宅さんのチェロを楽しみましょうねnotes

便利になったのは有難いことですが、観客無しのスポーツはちょっと変ですよangry

三宅さん都内はガラガラと思いきや、あちこちで事故ってます。お気を付け下さい。

一年間楽しく心温まるブログと演奏、誠に有難うございましたheart04
 

三宅さん こんばんは。
2010年大晦日、最後の最後のコンサートnote出番まで3時間ほどですね。期待大でいらした今夜…今年を締め括るに相応しい演奏となりますよう!

競輪の話は驚きです。スポーツはもちろん、音楽も当然ながら、あの臨場感…“ライヴ感”てとても大きいと思っています。

最後になりますが、今年は一度もライヴでお聴きできず、大変残念でした(長崎行きさえ叶わず)。来年はまたお伺いできますよう、叶えたいと思います。

来る年が三宅さんにとりまして、満足度の高い一年となりますよう、心よりお祈りしています。どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

どうも、あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さて貴信の後段、ご心配はごもっともです。
大ホールにてやたら立派な録音機材と数人のPAの前での
演奏なんて、想像するだにモチベーション下がりますね。
ていうか鳥肌モノ?

ですがインターネットでの情報配信が、われわれアマチュア層の
裾野を広げてきたことは紛れもない事実です。

それこそライブ企画するしか発信手段がなく、本当の初心者は
レコードにあわせてひずんだ音を出していた当時から見ると
隔世の感があり、私などはこの環境に感謝しています。

インターネットライブだってネットの向こうに全世界の聴き手が
いるんだからいいじゃん、みたいな意見もあろうかと思いますが、
やはり双方向でははなく、送り手と聴き手(受け手)の関係が
どこかしらいびつになっていると感じています。

いつだったか貴信の「聴き手の質」なる表現に下衆な反応を
してしまったことがありましたが、私も少し毒されているのかも
しれません。

漫画をバラバラにして電子化できる商売があるようですが、
反対しているプロ漫画家たちが当然ですがいます。
本当のファンなら漫画買え、CD買え、ライブ行け、と。

でも電子化技術に恩恵を受けていたことは忘れちゃいけない
ってワケ。トーン使わず、一本一本描いたことあるのかよって。

話が逸れてしまいました。
結局送り手と受け手のバランスをよく議論して、法整備まで進んで
いってほしいものだ、ということを言いたかったわけです。

蓄音機が商業ベースに乗ってきたとき、当時の職業音楽家たちは
同じ心配をしたのかも。演奏会の客が減る、スタジオで一本一本
録るなんて鳥肌が立つほどだ、なんてね。

インターネットによってあらゆる分野の裾野が広がりましたが、
プロの濃度は薄まり、従ってプロの価値はいっそう貴重であります。

気高い気概でさらなる高みを目指してください。応援しています。

長くなり、しかもとりとめがなくなってしまいました。申し訳ありません。

それでは、良い新年をお過ごしください。

materiaさん
注意して早めに出かけたおかげで、ゆとりの時間に着きました。こちろこそ、一年ありがとうございました!

Novさん
このブログに遊びに来てくださる方がみなさん素晴らしいので、本当にいつも感謝しています。やっぱり書き手がいいからかなぁ??ウソです、あまりに僕が常識外れで危なっかしいので、心ある優しい人が心配のあまりのぞきに来てくれているのが実情でしょう。 来年も常識人&知性派のちぇろやすブログと野生児&感覚派のミヤケブログの対比をお楽しみ下さいませ・・

 φ人さま
インターネット配信自体には僕はポジティブですが、あくまでもお客さんとのライブであってほしいなぁ。
あと配信の横でみんなでチャットをやっているのはあまり好きじゃなかったなぁ。昨日は批判的なものはあまり見なかったけれどね。

コンサートは演奏者と観衆両方で空間を共有してつくるものなんじゃないかなぁ・・

今年もよろしくお願いします。

色々と参考にさせて頂きます。
ギャンブル大好きで情報集めしています。
何卒よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110518/38282673

この記事へのトラックバック一覧です: 変な気持ちです。:

« ミヤケ、一応今年の総括・・ | トップページ | おめでとうございます。 »