フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 連勝記録が・・ | トップページ | スティング »

未完成か・・

 昨日は平塚で、恒例のラスカのニューイヤーコンサートでした。ヴァイオリンの木野君や、オーボエの小林裕さん、フルートの佐久間さん、ホルンの丸山くん他いつものメンバーが揃っているとホっとして、今年もまた頑張ろうという気持ちになります。

 コンサートはモーツァルトのフルート&ホルン協奏曲の妙技もすごかったけれど、メインのシューベルトの「未完成」は曲の素晴らしさが改めてしみました。 クラシックの世界ではドヴォルザークの「新世界」、ベートーヴェンの「運命」と並んで三大交響曲などと言われているわりには演奏の機会が少ない曲です。

 僕は中学生の時、東京ユースシンフォニーというオケに入団して、毎週いろいろな曲を弾いていましたが、それにプラスして学校の部活でもオケみたいなものをやっていました。音楽の顧問の先生がとってもユニークな人で、経験がないとなかなかできない弦楽器のかわりに、マンドリンとギターを使ってオーケストラの曲をやっていました。 僕はその声部の補強にチェロで参加していたわけです。

 未完成はその当時、一年中弾いていたので隅々までよく知っています。そのオーケストラからクラシックプロになったのは僕だけですが、その時の仲間はみんなそれぞれの道で頑張っています。トランペットのKくんは、アーツマネージメントの分野で日本を代表する学者になっていますし、アマチュアとはいえ玄人はだしの演奏をするクラリネットのはコンサルティング業、、オーボエのKは高円寺で古着やさん、ホルンのKは雑誌の編集長、といった多彩な面々に囲まれて演奏していたのでした。ギターの阿部という男はサンバのバンドでその業界では有名になっています。

 未完成を弾くと、あれから30年経っているのに、彼らの顔を浮かびます。そして、あの当時は美しいけれどちょっと盛り上がらないなどと思っていた中学生のときの自分よりはいくらか音楽がわかるようになったか、と思います。

 僕のチェリスト人生も「未完成」に終わらないように、すこしでも完成にむけて今年も頑張ろうと思います。 本当の意味で人生を「完成」させる人なんていったいいるんだろうか、とは思いますけれどね。

« 連勝記録が・・ | トップページ | スティング »

コメント

こんにちは 三宅さん

今日は成人の日、かなり遠~い昔のことですが・・・

昨日のラスカのコンサート盛況で良かったですnotes 

ティケットト売り切れ当日券無しとのことでしたdespair 

シューベルトの「未完成」、三宅さんの懐かしい思い出に繋がるのですね。

子供の頃に体育会系にしろ文科系にしろ、共に何かを目指して頑張った記憶は時折思い

出しますが大切な時間だったなあと今になって思います。 仲間がいたから頑張れたので

しょうね。

外は寒いようですが、今日もホンワカ、心が温かくなりましたshine

今回のお話って〜
過去、現在、そして、これからも
チェロと進まれる☆三宅さんの人生を思い描く、
イイ♪お話でした。

山をのぼり‥
海をわたり〜
虹を越え〜
未完のまま、惜しまれながら〜

あ!、お空には虹いろの弓のわすれもの‥

こんなイメージで。

 materiaさん
成人の日は、仲間とリハーサルしてました。あんなくだらないもの行けるかとか言っちゃって。
後ですごく後悔しましたけれどね、女の子たちの綺麗な晴れ着、見ときゃよかったっ!てね。

AOKIさん
 虹色の弓かぁ、たくさん音楽と遊べそうです。子どもの時はチェロ弾いて遊んでたな。。今もそうか・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110518/38410600

この記事へのトラックバック一覧です: 未完成か・・:

« 連勝記録が・・ | トップページ | スティング »