フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« | トップページ | お?また更新??? »

大阪にまたまた・・

 郡山から帰って中一日おいて、また東京を離れて大阪にやってきました。

今回はベルリン国立バレエ団の公演なんです。プログラムが二種類あって、ひとつはオールチャイコフスキー、もうひとつはプロコフィエフの「シンデレラ」というロシアン・プログラムです。ヴェロ・ペーンというフランス人みたいな名前だけれど、顔は完全にロシアの指揮者のもと、今日はチャイコフスキーをみっちりとリハーサル。

 なんでも巨匠ムラヴィンスキーの弟子だということで、全体的に丁寧で粘りのあるリハーサルでした。 有名な弦楽セレナーデの第2楽章が、なんとも重苦しい雰囲気で音楽を作っていましたが、ロシアのペシミズム(厭世主義)からすると、これはこれでアリ? というより我々が日本で弾いているチャイコフスキーが明るく綺麗すぎるのか?と思わされました。 明日以降が楽しみでもあり、やや体力的に不安も??

 大阪の食い倒れグルメには、今日は疲れ過ぎているので、ホテルでおとなしく休養&サッカー観戦ですね。

 カラダは本当にバテており、昨日マッサージに来てくれてた島崎さんも

「腰、辛くないですか?」 と心配して聞いてくるほどでした。

 面白いことにチェロを弾いていると、肩や腕など上半身が凝りそうな気がしますが、昨日の場合は脚がすごく凝っていました。 島崎さんがいうには、チェロを弾いているときに、おそらく足腰で相当踏ん張っているのでは?ということでした。 スティングのソロ、結構緊張したからそれもあるなぁ。 そもそも1週間で6回本番は完全にオーバーワークです。

 すこしでもカラダをいたわろうと、今回のホテルはマッサージチェア付きの部屋をチョイスしてみました。ま、気持ちだけですケド。

 Sn3j0122

 

« | トップページ | お?また更新??? »

コメント

えっ?!東京文化会館での「チャイコフスキー」観に行きましたよ!その時の演奏は東京シティ・フィルでした。ミヤケさんは大阪だけの助っ人ですか?

トラックバックのup、ありがとうございました♪

三宅さん、パワ〜スポットへようこそ!!

めがでて
ふくらんで、
花が咲いたら
春のかおり‥

ゆっくりおやすみくださいね〜

我々身体のメンテナンスは義務ですね〜
大事になさってください。わらわも二週間ごとに鍼灸院です(^^;)

こんばんは 三宅さん

STINGコンサートお疲れ様でした

最終日に伺う予定でしたが鬼の霍乱??で風邪でダウンしてしまい漸く元気になりました。

その間に三宅さんは休みなくお仕事、本当に頭が下がります。

身体のメンテナンス大切ですね、肩、腰から足まで全身凝るというのは身体全体を使って

演奏されて居るのですね、呉々も無理なさいませぬように。

日韓戦目が離せない試合です

月猫さん
業界では、「神出鬼没、どこにでも顔を出すオトコ」と言われております・・ 東京ではシティフィルだったんですか・ 僕は大阪のみです。こういう仕事はオーケストラサイドからの発注になるので、今回は大阪センチュリーさんから呼ばれての出演です。 東京ではたぶん、桐朋学園のひとつ先輩の長明氏が弾いていたと思われます。

AOKIさん
パワースポットなんですか?? ついでに花粉も沢山飛んでいるような・・ 家族からクスリを分けてもらいました。 東京に帰ったらちゃんと自分で医者に行かなきゃ。

yuriさん
年末はどうも!! 僕は月1回でなんとか、まだ大丈夫なんですが、今回は少し間隔が空いてしまったのと、ゴルフに行っていないので、ちょっと運動不足なのが良くなかった??

materiaさん
ありゃぁ、それは大変でしたね!チケットは無事どなたかに譲ることができたのでしょうか。
弾いてナンボの仕事なので、チェリストミヤケ、喜んでいつでもどこでも参ります。

サッカーお好きなんですか? 前々回のW杯の国内での予選は何試合か見に行きましたよ。ロスタイムで久保が決勝点を入れたのが印象的でした。 彼も今やJFLの金沢ですね、運動選手はいい時が本当に短くて気の毒です。

今日もお疲れさまでした。郡山から連日お世話になってます。三宅さんのおかげでハードなプログラムも割りに楽しいリハーサルになりました。ですがいかんせん、指揮者の口癖ではないですが、個人的にも課題満載で果たして本番までにどうなるのか?あ゛~ と叫びたい気分ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

後ろのチェロ弾きさん
僕の背中で弾くのって、大変かもしれません。なにしろ暴れますから??・
なにしろ人間の集団がやることですから気分よくやるのが一番!というのが僕のポリシーです。
楽しいリハーサルのお手伝いができているなら、嬉しいなぁ。 明日もよろしくお願いします。

「日本で弾いているチャイコフスキーが明るく綺麗すぎ?」 のくだりに、吹きました。
それはあるかも。
 
露西亜の大地の暗さ、民族性は決して明るく軽いイメージではありませぬもの。

 セロ弾き猫さん
いやいや、本当にロシア音楽は難しいです。勉強、勉強。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪にまたまた・・:

« | トップページ | お?また更新??? »