フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 春の宵に | トップページ | 成城ホール »

思い出の一枚

光が和らいで春の色、けれども風はまだまだ冬の冷たさ。 こんな季節が来る度に僕が聴きたくなるCDを紹介します。


今日のオススメの一枚は往年の名歌手シュヴァルツコップのシューベルトとモーツァルトの歌曲集です。少し古めかしいスタイルですが、その素直で美しい声が、冬の間に固く凍っていた僕たちの心に優しく染み入ってきて氷を溶かしてくれます。

このCDを教えてくれたのは、「とっつぁん」という名前で皆に親しまれている元新日本フィルのクラリネット奏者のUさんです。 年齢不詳の仙人のような風貌(もちろんヒゲ付き)、喋ればなにやらモゴモゴとハッキリしない感じで、いわゆるパッとしない感じなのですが、楽器を構えて演奏しはじめるとプロフェッショナル仲間をうならせるいぶし銀の一流です。

学生時代のボクはちょいちょい、ふたまわりほど年上のこのおじさんの家に転がり込んで、夜な夜な音楽の勉強…はまったくせず麻雀にカード、花札、はてはチンチロリンまで多角的に学んでいました。(ナニヤッテンダカ)

そんな中の数少ない例外で、とっつぁんが聴かせてくれたのがこのCDでした。ちょうどこの季節、夜冷えるのでコタツに入りながらシュヴァルツコップの歌を聞きました。シューベルトのはかなさが季節の変わり目のあやうさや、将来が見えなくて不安定な自分と重なって、とても響いてきたのをよく覚えています。

(だったら遊んでないでチェロの練習すりゃいいのにね! 僕は馬鹿であった…)

その後、麻雀も含めて一切のギャンブルからは足を洗いましたが、今はむしろ生き方そのものがギャンブル?という若干の不安も持ちながら過ごしております。

話が脱線しましたが、機会があればシュバルツコップ、聴いてみてくださいね。

« 春の宵に | トップページ | 成城ホール »

コメント

このかんじは

三宅さんの深夜放送♪が始まったのかと〜
思いました。どきっ!
チェリスト☆三宅さんに
そんなシューベルトをリクエスト‥したくなります。

成城音楽祭、聴きに参りました。なかなか演奏されることのない名曲、熟年トリオの熱演に打たれました。三宅さん、音良し、ボウイングきれい、トークが上手・・でしたが、相変わらずスタイル(体型の意味)がよいですね。私と同年代なのに、痩せておられるので若く見えます。やはり、日頃ゴルフで鍛えているからでしょうか。今回は忘れ物はなかったとお見受けしました。すごいブラヴォーがかかりましたし楽しいひとときでした。

こんばんは 三宅さん

私も成城音楽祭、楽しませて頂きました。 

久々のトノーニ、低音部がもう本当に素晴らしかったですnotes

上記のわぐねりあんさん同様、トークの「チェロリスト・・チェリスト・・・テロリスト」それともチョロリス

ト???で笑わせて下さって、一気に会場が和みましたhappy01

男性お二人の衣装もMEN IN BLACKで決めてらして素敵でしたsign03

かなり寒く、春にはちょっと遠い夜でしたが、心ウキウキ帰宅しました。

有難うございましたshine

Aokiさん
確かに深夜放送ぽいかも!オールナイトニッポンも好きでしたが、僕はTBSの「一慶、よしおの夜は友達」をよく聞いてました。


川口のわぐねりあんさん
成城までありがとうございました。過分のお褒めの言葉をいただき、恐縮です。 ちなみに僕は足は細いですが、そんなに痩せてはいません。ご安心?ください。


materiaさん
楽しんでいただけて嬉しい限りです。トークは急に振られて焦って話しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110518/39094342

この記事へのトラックバック一覧です: 思い出の一枚:

« 春の宵に | トップページ | 成城ホール »