フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 思い出の一枚 | トップページ | 仙台フィルは全員無事 »

成城ホール

 成城ホールってどこだろう?って思っていたんですよ。成城学園駅からすぐにそんな施設あったかな?と思って地図を見ながら行ってみたら、なーんだ。 昔の砧区民会館? 学生のときにヴィオラとコントラバスの友人と三人でコンサートをやったのを思い出しました。

 その時とはまるで違う感じにリニューアルされていて、なかなかイイ感じで期待してステージで音を出してみたら、アラビックリ、ここは無響室でしょうか? これほど響きのないホールも逆に珍しいですよ。

 アサヒビールの本社の中にホールがあって、ここが今までで知る限り一番デッドな響きなのです。 アサヒビールだけに「スーパードライ??」 そこと双璧の感じでした。

 残響がないということはもちろん演奏家にとっては、弾くのが大変という部分はあるんですが、逆に言うとお客さんにとっては音楽の流れは見えるし、演奏会の技量もよくわかるということもあるんですよ。

 4日の共演者のピアノの小林五月さんも、ヴァイオリンの森下幸路さんも、自分の大きさで前半からお客さんを魅了していました。

 こういうコンサートって後半からの途中参加はなかなか厳しいんですよ、お客さんも演奏者もすっかり暖かくなっていて、僕だけがアイドリング状態ですから、よほどテンションあげていかないと置いてきぼりです。

 それなのにブラームスの曲目解説を10分前に頼まれ、さすがのミヤケも往生しましたが、こういうほぼアドリブで話した時のほうがトークの評判が良かったりするのです。わからないものですよね。

 演奏はこの三人、初組み合わせとは思えない(おー自画自賛)感じですあつーいブラームスになりましたとさ、めでたしめでたし。

 今日のリサイタルについては明日また! なにしろ明日のアイーダの勉強が全然間に合っていないのです。(^-^;

« 思い出の一枚 | トップページ | 仙台フィルは全員無事 »

コメント

お疲れ様です。 「スーパードライ」……で突っ伏しましたhappy01
 
アイーダ… 体力いりそうですね。 ファイトぉ!rock

雪のとけないうちに♪

トントントン♪
「何のおと?」←三宅さんが尋ねられます。
風の音‥。
「あぁ、よかった‥(^-^; 」

トントントン♪
「何のおと?」

雪うさぎで〜す【・χ・;

まとめbeer
みなさん、テンション上げていきましょう。

そう、成城ホールの響きは本当にデッドでした。最初からそれを書こうかと思いましたが躊躇しました。
新しくてきれいなのに、全く残響がないんです。それにもかかわらず、ベテラン三人の美音はちゃんと届いておりましたよ。それと、三宅さんの楽器(トノーニですか)、黒光りして神々しかったです。自分も、7年ぶりにチェロを再開しようかなと思いました。

セロ弾き猫さん
すみません。たまにしょうもないことを言いたくなるんです。アイーダ、ワーグナーとかに比べたらまだまだ楽です。


Aokiさん
テンション、やけになってあげて行きましょう。カラダはボロボロ、今日も夜はマッサージです。

川口市のわぐねりあんさん

是非チェロ再開なさってください。楽器も待ってますよ。
それにしてもちょっと前まで若手って言われていたのに、いつのまに中堅とかベテランとか呼ばれるようになったのかなぁ…


Time flys!

>アイーダ、ワーグナーとかに比べたらまだまだ楽です。
 
そっか。そうでしょうね。
しかし、ワーグナーは聴く者にとっても 「修業」 です(--)
少なくとも、イタリアオペラばかり見る夫はそう申しておりまする。

>ちょっと前まで若手

………   → 中堅・ベテラン →  重鎮up  

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110518/39133957

この記事へのトラックバック一覧です: 成城ホール:

« 思い出の一枚 | トップページ | 仙台フィルは全員無事 »