フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 再チャリティについて考える! | トップページ | »

うちの親戚の子

 震災から一ヶ月、まだまだみなさんの心がザワザワしています。 こんなときは軽いクスクス笑いで・・ 最近チェリストミヤケのブログ、真面目だって言われます。そりゃそうだろう、TPOがありますよ。

 僕の親戚の男の子、なかなかイケテルんです、何が?って天然のギャグセンスですね。

 小学生なんですけれど、今回の大地震の時、学校にいたんですって。すごい揺れが来て、先生に

「机の下にもぐれぇ!」って言われて、机の下にもぐりながら

(今日の避難訓練は床まで揺れるやつなんだぁ) って思っていたっていうんだからチカラが抜けちゃいます。 だからホントに揺れてんでんでしょうがぁ!!ってツッコミを入れたくなりますね。

 そもそも小さい頃からユニークな子で、天才的なところがありました。

 小ちゃい子って、よく欲求があると駄々こねるじゃないですか。

「買ってよぉ」 って半泣きでお母さんの袖を引っ張ったり、床の上に転がってみたり。

 ところがこの子は違うんですよ、自分の要求が通らないと、泣きもわめきもせずに、お母さんの一番嫌がることを的確にやるんですよ、なんとスルスルとズボンとパンツを脱いでフリチンになっちゃうんです。 

 これを例えばスーパーとかでやられると親は参りますよ。

「〇〇くん、やめなさぁいぃ・・」お母さんは懇願するしかありません。一番親が困るポイントを知っているんだからスゴイです。たしかまだ3歳とかの時じゃなかったけ?

 近くに住んでいるわけじゃないので、たまにしか会わないのですが、これからどんなふうに育っていくか楽しみです。

 

 えっ? 誰ですか、さすがミヤケの親戚の子だって言っているのは!

 僕は子供のときはマジメな優等生でした・・・・ってことはそれほどなく、どちらかというと・・・・

« 再チャリティについて考える! | トップページ | »

コメント

弓♪や、ずぼん♪はめったに忘れない三宅さんに。

三宅さんの親戚のお子さんとその子はちがう子なんですが、
いつも笑顔のかわい〜い子がいてね‥
よく笑うんです・

三宅さんも、ブログで(実はあの日は‥)と書かれたお辛い日も、
舞台では人並み以上の明るいパワーを振りまいておられ、、
さすがしんちゃんsunだなぁと、うっとりした日もたびたび。

>子供のときは…

限定の格助詞 「は」w… ( ̄ー ̄)ニヤリ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110518/39567816

この記事へのトラックバック一覧です: うちの親戚の子:

« 再チャリティについて考える! | トップページ | »