フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 影響 | トップページ | たまたま »

小机邸で

 GWの初日、天候に恵まれて、高速道路どれだけ混むかと思いきやたいしたことなく、チェリストミヤケは快調に車で武蔵五日市にある小机邸に向かいました。

 中学の時に美術を習った犬塚勉という画家の展覧会、テレビで見て「いい絵だな」と思いましたが、本物は自然の描写の中に「霊気」がほのかに漂っていて迫力でした。 本物の自然を見るために山に入り、最期には遭難してしまった彼に、今会って同じ芸術家として聞きたいことが沢山あります。

 そんな思いをも持ちながら、でも結局はただのポジティブ男ミヤケは、おしゃべりを入れながら愉しく30分ほど2ステージ弾いてきました。震災のチャリティということでしたが沢山お金集まったかな?チェロ演奏はありませんが明日明後日も小机邸で絵は展示してありますのでよろしかったら・・

 本番はいつも何かしら勉強になります。今日もいろいろ思いました。Sn3j0495

 

 昨日はインディアナ大学時代のピアノの友人が福島のいわき市で被災して、今埼玉にいるということで数人の仲間と会ってきました。 近所の家まで津波でやられ、彼女の家も半壊状態。 それでも前向きでしっかりしていて、友人たちと笑いながら楽しい時間を過ごしました。 

 その時に聞いた話がちょっとビックリなんです。 彼女は津波が来たときに車で逃げたんですって。もちろん本当は徒歩がいいのでしょうが、車のほうが早いですからね、僕も同じ状況だったらそうする可能性が高いです。

 で、少し走ったら案の定というか、渋滞して車が停ってしまいそこから歩いて逃げたそうなんですが、その時、「なんで渋滞したのかな?」って渋滞の先頭を見たら、なんと信号待ちしてたんですって・・・・・

 これって人種ジョークに出てきそうな話ですよね。だから津波が来てるんだって!! しかも空いている田舎道なんだから!! 実話です・・・・・

« 影響 | トップページ | たまたま »

コメント

昨日は、すてきな演奏とお話しありがとうございました。
また、CDにサインもいただき大変うれしかったです。

バッハの1番があんな近くで聴け、さらに洋館の木と
共鳴しているかのようなきれいな響きに引き込まれました。
あそこで、定期的にサロンコンサートなんかもいいかもしれませんね。

久しぶりにライブでチェロの演奏を聴き刺激になりました。
自分も、中村幹雄さんに作ってもらえるチェロの性能を最大限ひきだせるように
一生懸命練習に励みたいと思います。

それでは、またお会いできる日を楽しみにしています。

三宅さんが〜ただのポジティブさんなら、ただここにいよう。

今更ながら、自然には人の手の及ばないものと、
お花や街路樹や公園のみどりみたいに
季節感と共に私たちを和ませてくれるものとがあるのだなぁ〜

お疲れ様でした。夫の腰と根気が許せば2ステージ目も粘りたかったところでした。
あのようなアットホームな広さの空間での演奏会は良いものですね。
大変贅沢な気分になりました。

また、最近 絵画展の類いに長らく行っていなかったので刺激になりました。
写実的タッチの画風と印象派風の画風とがありましたが自分は後者が好きです。
あのブルーの夕暮れの絵は素敵です。
でももっと食い入るように眺めてしまったのは「森」というタイトルの小さなスケッチ(?)でした。
 
線や、光の濃淡だけで表すような絵に昔から惹かれるのです。
一枚の白い紙の上に、画家の心象風景としての神の棲むような「森」がそこにはありました。

絵の中の「線」を心の中でなぞるとき、ちょうど弓で弦をすぅっとなでるような官能的な体感が再現されるような感覚を感じます。自分にとっては絵を描くことと音を奏でることはとても近い感覚なのかもしれません。

素敵な機会を下さって、どうもありがとうございました。

Chinoneさん
なんだか知的な感じのカップル?がいるなぁと思いながら弾いていました。やはりチェリストでしたか、チェロに選ばれた人はさすがに違います。(こんなことばかい言っていると他の楽器奏者に総スカンを食いますのでこれ以上のチェロ礼賛はやめておきます)

AOKIさん
それはたしかにそうですね。自然との関係についてもっとキチンと考えなければ。 
ところで、ただのポジティブシンキングマン、ミヤケのブログですが、引越しの日が近づいています。ただここにいると見られなくなる?? もちろん自動ジャンプとかできるようにしますけど。

セロ弾き猫さん
遠方までありがとうございました。カッコイイご主人ですね!
ちなみに2ステージめは絶好調でした・・(なんでこういうイジワルをいいますかね・・悪癖です)

>ちなみに2ステージめは絶好調でした・・

(TωT)ウルウル

おはようございます。

みなさん☆、その日がきたら??飛びましょうね〜chick

AOKIさん
すぐジャンプできるように準備運動しておいてください。

みやけさん、こんばんは。
小机邸、犬塚勉氏五日市絵画展でのチェロ演奏は、ほんとうにすばらしくて、もったいないような気持ちで聴いておりました。
いつも、みやけさんの舞台にはうっとりさせられるのですが、29日もはじめから終わりまで、聴き手をこんなに楽しませてくれるチェリストっていないだろうなぁ‥と思いながら、あんな一番前を陣取ってしまって、はずかしかったです‥。すみません。
しかも、母は、あの急な階段を上れず、下で聴いていたというのに‥。
しかも、夫は、途中で下へ降りて母の傍にいてくれていたみたいで‥。
なんて娘でしょうね‥。

『エッサイの根より』私も大好きな賛美歌で、あんな風に聴いたのは初めてで新鮮でした。そしてみやけさんの『鳥のうた』は、ほんとにすばらしいです。

今度は、母も一緒に聴ける演奏会へ行こうと思いますので、また予定をおしえてくださいね♪

ありがとうございました。

年老いてなお‥

「ねぇ〜、人生って何いろだと思う?」
「みどり‥。」

「え、どうして?」
「素晴らしいから‥」

OH!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/110518/39802395

この記事へのトラックバック一覧です: 小机邸で:

« 影響 | トップページ | たまたま »