フォト
2014年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

面白いなぁ

 ここ最近、コンサートには必ずブログの関係者(?)がいらしてくださり、嬉しい限りです。青梅という少し行きにくい場所に、そして今日の銀座のサロンに、とチェリストの孤独の仲間がいるのはとっても心強いです。 

 今日きてくださったみやさんも面白かったですよ、例の昨年末のカフスボタンの代用品事件を覚えてくださっていて、金と銀のものを数百本ずつ差し入れにいただきましたよ!最高のセンスでしょ? まずはチェロケースふたつ持っているので両方の中、そしてクルマ、これも二台あるのでダッシュボードに常備しておきたいと思います。自分だけで使うにはたぶん使い切れないので友人にも勧めていこうかな。 僕が大喜びしている横でピアノのチェはクールに

『リアルに役に立つ日がすぐ来ると思う。』と言ってました。 ごもっともでございます。

 昨日、友人チェリストから来たメールも大爆笑でした。

『ご無沙汰しておりますがお変わりなくお過ごしでしょうか。 「チェリストの孤独」で見たのですが、駒まだあったらお譲りいただけませんか?』

 最高でしょ?いったい何のために・・・大急ぎで返信したら、それなりにまともな返事がきたので事情は飲み込めましたが、それにしてもおかしかったなぁ。え?いったい誰かって?そいつはちょっと言えませんよ、みなさんご存知の人間ですからね。

 さてさて、気が付いてみるとこのブログのアクセス数も195000を超えていよいよ200000アクセスのカウントダウンです。ピタリ賞の方はぜひ写真に200000の写真を撮ってメールに添付して送ってください。豪華景品を差し上げます。内容についてはいくつか候補がありますが、まだ内緒・・

 今週はまだまだ続くしんどい本番シリーズ・ みなさんの中には音楽家なんだから本番なんて普通のことでしょう?と思っていらっしゃる方もいるみたいですが、とんでもない! どんな小さいコンサートでも音楽家は身を削って演奏しています。僕自身はオケに在籍していたとき年間100本のコンサートをやったときがありましたが、あれをあと数年やったら確実に寿命が縮むでしょう。生き延びるには演奏の手を抜くしかないかもしれません。

 音楽家にどうぞご理解を!!